フェティッシュの火曜日 2015年4月28日
 

競技人口1名!インドの柱の体操をただ一人日本でやる男

インドの柱の体操マラカーンブ、その冊子にも紹介された唯一の日本人及川さん
インドの柱の体操マラカーンブ、その冊子にも紹介された唯一の日本人及川さん
インドの人が柱の上でくるくる回っているのを見たことがあるだろうか。

マラカーンブという体操なのだが日本でもやる人が一人いた。たった一人、自宅に柱を立てちゃったそうだ。

一人でやるスポーツ。どういうものなのか見せてもらいに行ってきた。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます
> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

検索をしていて見つかった日本の動画。これがマラカーンブ。しかも家でやってる。

マラカーンブというらしい

インドの柱の体操がおもしろいなと検索していると日本の動画もひとつ出てきた。しかも家だ。メールを送ってみると見に来てもいいそうだ。

場所は軽井沢。及川さんという方でふだんは針きゅうマッサージの仕事などをしているそうだ。
及川利晴さん(40)はふだん軽井沢で鍼きゅうマッサージの仕事をしている
及川利晴さん(40)はふだん軽井沢で鍼きゅうマッサージの仕事をしている

インドでもやってる人は多くない

――マラカーンブってどういうスポーツなんですか?

「『マラ』は力とか体操『カンブ』は柱なので『力の柱』という意味ですね。インドでの競技人口は1万5000人くらいといわれています。でもむこうは10億人いますから6万人に1人ですか」

むこうでもメジャースポーツというわけではないが、テレビなんかでよくやってるので知ってる人は多いという。

ちなみに日本で6万人に1人、競技人口2000人のスポーツはセパタクローや女子ラグビー。やってるという人に会ったことがない。

日本でやってる人は及川さんも知らないし、インドの先生たちも及川さん以外に日本人はいないという。今のところ競技人口1名の世界だ。
柱とロープの競技があるマラカーンブ。男は両方、女はロープの競技だけをやるらしい。水平に吊るされてるのはこれがスポーツなのかという感じがする。
柱とロープの競技があるマラカーンブ。男は両方、女はロープの競技だけをやるらしい。水平に吊るされてるのはこれがスポーツなのかという感じがする。
マラカーンブがあるのはインドでも一部の地域。マハラシュトラ州で発祥してそのあとベナレスにも
マラカーンブがあるのはインドでも一部の地域。マハラシュトラ州で発祥してそのあとベナレスにも

もともとはレスリングのトレーニング

「もともとはレスリングのトレーニングなんです。レスラーが柱を人間にみたてて組む練習なんですけどね、そこからちょっと競技化していったというか体操みたいになっていった。

競技自体も体操に似てますね。技の点数があって、失敗すると減点されたりする」


マラカーンブができたのには逸話があってそれがけっこうおもしろい。
この右の人がマラカーンブの始祖
この右の人がマラカーンブの始祖

マラカーンブ発祥の話

今のマハラシュトラ州にプネという国があった。そこに隣のパキスタンあたりから賞金稼ぎの二人組のレスラーが来ることになった。
こういうムキムキの大男レスラーがやってきたそうだ。(写真のこの人たちがレスラーなのかは知らない)
こういうムキムキの大男レスラーがやってきたそうだ。(写真のこの人たちがレスラーなのかは知らない)
二人が大男なのでおじけづいてだれも戦わなかった。王様に仕えていた一人のレスラーが「じゃあ私がやります。1ヶ月、時間をください」と見かねて名乗りでた。

その後、男は神様のいる山にこもる。猿が木で遊んでるのを見てこれだとひらめく。曲芸的なことを木に向かって練習することにした。
そのあと木を相手にマラカーンブをはじめる
そのあと木を相手にマラカーンブをはじめる
男はプネの国にもどり、最初の敵相手に宙返りして足で首と肩をキメて勝った。もう一人はそんなの見たことないから怖くなって帰っていった。マラカーンブの名声は高まった。
宙返りで首と肩をキメて勝利。マラカーンブ最強
宙返りで首と肩をキメて勝利。マラカーンブ最強

150年くらい前の話

その後イギリスが来てプネ国はなくなりみんなでベナレスに移っていった。なんとこれ昔話ではなく19世紀の話なのだ。これがマラカーンブの発祥だそうだ。
柱でぐるぐるまわる技。なるほど体操競技のようだ
柱でぐるぐるまわる技。なるほど体操競技のようだ
対して静止系の技の味わいよ
対して静止系の技の味わいよ
これなんかもうたまらんものがある、脇で人が止まるのだ。
これなんかもうたまらんものがある、脇で人が止まるのだ。

もともとはレスリングのトレーニング

――及川さんはどうしてマラカーンブをやろうと思ったんですか?

「中学3年生くらいのときテレビ番組で見て。柱で宙返りしたりして、ぼくも中学高校と体操してましたけどあんなことできないなと思って。でもそれがなにかはわからなくて。

その後インドの武道に興味があったのでインドまで習いに行ってたんですよ。最初やってた武道はわかってきたので、もうひとつのあれを調べてみたら先生と場所がわかって、習いにこいというので行った。

毎年ではないですけど20代後半はずっと続けてインドに行ってましたね」
むこうのマラカーンブの冊子に「日本人も習いに来てる」と及川さんが紹介されたらしい
むこうのマラカーンブの冊子に「日本人も習いに来てる」と及川さんが紹介されたらしい
マラカーンブ協会のえらい人。こういうタイプのえらい人も世の中にはいるのだなと思う
マラカーンブ協会のえらい人。こういうタイプのえらい人も世の中にはいるのだなと思う

インドに合わせた生活

「そのころ知り合いから6ヶ月働いて6ヶ月休むところあるよときいてそれで軽井沢にやってきました。観光シーズンの春から秋まで軽井沢で働いて秋から春まではインド行くって生活をやってましたね」

まずインド修行が先にあった及川さんの生活だが、30代に入り体にも瞬発力がなくなってきたりお金も貯まらないのでインドをやめたらしい。

しかしせっかく習ったマラカーンブなので日本でもつづけようとした及川さん。どうしたかというとマラカーンブ、あの柱を立てた。自分の家に。
及川さん、一人暮らししてる家にあげてくれた。ここが日本のマラカーンブの総本山である
及川さん、一人暮らししてる家にあげてくれた。ここが日本のマラカーンブの総本山である

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓