ひらめきの月曜日 2015年5月4日
 

クビになった会社の前で食べるのに向いているパン ベスト10

パンVS悪夢
パンVS悪夢
3年前、ぼくはある会社を2ヶ月でクビになった。忌まわしい記憶を掘り起こさないように、クビ以来会社のある街に近づいていない。

だがいい加減3年の月日が心を癒してくれているように思う。2015年ゴールデンウィーク、そろそろ会社に近付いても大丈夫なのではないか、と考えている昨今だ。

ところで、パンは美味しい。

この機会にクビになった会社の前で食べるのにちょうどいいパンは何なのか調べてみたい。悪い思い出を消してくれるパンこそが、一番おいしいパンのはずだ。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。
> 個人サイト Twitter

クビになった会社の前で10種のパンを食べ比べ

クビになった日のことはこちらに書いてある。悲しい話だ。

今はデイリーポータルZ編集部でアルバイトとして元気にやっているが、この事件のせいで自分の名前で検索すると「藤原浩一 クビ」と出るようになってしまった(書いたのは自分だが)。

自分はもうすっかり立ち直ったとはいえ、もやもやが残る部分もある。今回の再訪でおいしいパンの記憶を上書きし、悲しい過去を断ち切りたい。
クビになった日に撮影した記念写真
クビになった日に撮影した記念写真
地元のパン屋でパンを10種買い込み、さっそく電車に乗っておよそ3年ぶりにクビになった会社に向かう。

せっかくなので、当時来ていたスーツとかばんも着用してきた。私服だと心が負けてしまうかもしれないという考えもあった。スーツは一種の精神的鎧になるだろう。
このときはわりと気楽
このときはわりと気楽
会社に近づくとちょっと緊張する。(ちなみにどこの会社かわからないように、画像にぼかしを入れている。「これくらいかな、いやもっと……」と、ぼかしているうちにほぼ合成みたくなってしまった。)
会社に近づくとちょっと緊張する。(ちなみにどこの会社かわからないように、画像にぼかしを入れている。「これくらいかな、いやもっと……」と、ぼかしているうちにほぼ合成みたくなってしまった。)
電車の中では、パンの袋から香ばしい匂いがして「まるでピクニックのよう」と考えるくらい気楽だったが、いざ会社を見るとそうもいられない。記憶のバケツをひっくりかえしたかのように、残念な日々が蘇ってくる。

それはともかく、パンの食べ比べである。この日は休みの日。一応職員がいないことを確認して、スタート。

1.あんパン

まずはあんパンから。
潰れてしまった……
潰れてしまった……
写真で見れば分かる通り、持ってくる途中で潰れてしまった。その様子に、どことなくこの会社で働いていたときの自分を重ねてしまい、最初に手にとった。

食べてみよう。
もうちょっと強さがほしい
もうちょっと強さがほしい
形はいびつだが味は申し分ない。しかし、なんとなく甘みが遠く感じられる、クビになった会社を目の前にして感覚が抑制されてしまっているのだろうか。

ただ、それでもあんパンの優しい甘みは僕に元気を与えてくれる。その元気があったらもう少し働けただろうか。

わからない。
クビになった会社の前で食べるのに向いてる度
★★★☆☆

(ふつうに甘くて美味しいから)

2.揚げパン

続いて揚げパン。

個人的に食べる機会があまりないパンだ。小中学生のときに給食でたまに出ていたのが思い出されるくらいだ。食べるのは久しぶりである。
どんな味だったか
どんな味だったか
一口かじってみる。揚げパンには、なんとなくドーナツのようにすごく甘いような記憶があったが、食べてみるとそんなに甘くない。

こんなに砂糖がついているのに不思議だ。(このパン屋だけだろうか?)
甘くない…。それともやっぱり味覚が遠くなってしまっているのか?
甘くない…。それともやっぱり味覚が遠くなってしまっているのか?
甘くない、といえば会社に入ってまずいろいろ指導してくれた人(上司というべきかは謎)から言われたことを思い出す。

「この会社は甘くないぞ。付いて行っていい人間とそうでない人間がいるから、よく見極めるんだな」という、ドラマのようなセリフであった。

たしかに誰についていくべきか全然わからなかった。
クビになった会社の前で食べるのに向いてる度
★★☆☆☆

(おいしいけど砂糖がこぼれてスーツが汚れるから)

3.カレーパン

甘いパンが連続したので変化球で、次はカレーパン。カレーパンはパンの中でも好きな方だ。

油が紙袋にしみだしていて、けちなカレーパンではないなという予感がする。だがクビになった会社の前で食べるのにはどうだろうか。
油がしみている
油がしみている
油っこいのかなと思ったがそうでもなく、軽くサクサクしたパン生地としょっぱめのカレーがマッチしている。

そういえばお店では「店長こだわりのカレーパン」と書いてあった。さすがだ。
おいしい
おいしい
カレーといえば、カレーが食べたくなるときは体が弱っているときだと聞いたことがある。嘘か真か知らないが、思い返せば毎日のようにカレーを食べていた。

クビになった会社の前で食べるのに向いてる度
★★☆☆☆

(おいしいけど昔をリアルに思い出すから)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓