ちしきの金曜日 2015年5月8日
 

香港は滑りがち 〜「小心地滑」観察

「小心地滑」の「滑りやさん」たち
「小心地滑」の「滑りやさん」たち
香港に行ったことのある方なら、現地で必ず思うはずだ「小心地滑だらけだな」と。

「小心地滑」とは、日本語で言えば「滑るので注意」英語で言えば "Caution Wet Floor" だ。

香港では、滑っている人の描写とともにこの「小心地滑」の文字が書いてある看板や貼り紙をいたるところで見かけるのだ。あまりに多いので、じっくり観察してみた。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

いたるところで「小心地滑」

当デイリーポータルZでは2004年に小野さんがこの香港の「小心地滑」について触れている(「香港・世界最長のエスカレーターに乗る」の4ページ目)。文中「しつこいくらいに掲げてある」とあるが、ほんとうに多いのだ。
このようにビルの入り口にはほぼ必ずある。
このようにビルの入り口にはほぼ必ずある。
上の写真と同じ場所のすぐ右には別の「小心地滑」が。
上の写真と同じ場所のすぐ右には別の「小心地滑」が。
上の「小心地滑」で滑っている人の詳細。ぼくの見る限り、香港でもっともよく見かけるのはこの方なので覚えておいてほしい。さしずめ滑り界の香港スターだ。トニー・レオンあたりか。地下鉄でもよく見かける。
上の「小心地滑」で滑っている人の詳細。ぼくの見る限り、香港でもっともよく見かけるのはこの方なので覚えておいてほしい。さしずめ滑り界の香港スターだ。トニー・レオンあたりか。地下鉄でもよく見かける。
一方、下の看板の方はこんな滑りっぷり。浮遊感がある。スタイリッシュでそつのないプレイにやや食い足りなさも感じるが、求められる滑りをこなしてはいる。
一方、下の看板の方はこんな滑りっぷり。浮遊感がある。スタイリッシュでそつのないプレイにやや食い足りなさも感じるが、求められる滑りをこなしてはいる。
そういえば英語では同じ注意喚起に "Slippery When Wet"という言い方もある。同名の Bon Jovi の3枚目のアルバムを思い出す向きもおられよう。

ちなみにこのアルバムの邦題は「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」であった。香港のあちこちで滑りまくる彼らを見ていると、まさにワイルド・イン・ザ・ストリーツだなあ、と思う。

ほんとうにそんなに滑りやすいのか

階段手前には必ずいらっしゃる。
階段手前には必ずいらっしゃる。
近寄って観察すると、こんな。ちょっと腰が引けた滑りではないだろうか。踊っているようにも見える。
近寄って観察すると、こんな。ちょっと腰が引けた滑りではないだろうか。踊っているようにも見える。
興味深いのは、たくさんの「小心地滑」さんがいらっしゃるのだが、香港の床が滑りやすいというわけでもない、という事実だ。とくに濡れがちでもなかった。

需要の実体がないところへの大量の人員配置に「地方の第3セクター施設か」という言葉が脳裏に浮かぶが、滑りやさんの身体を張った注意喚起の様を見ていると頭が下がりもする。滑っているだけに。
水しぶきを跳ね上げるという高度な技を見せつつ注意喚起の滑りを見せるこちらの方は、
水しぶきを跳ね上げるという高度な技を見せつつ注意喚起の滑りを見せるこちらの方は、
山の斜面にある墓地施設にいらっしゃった。
山の斜面にある墓地施設にいらっしゃった。
ただ、どうやら香港では床を掃除する際に水をジャバジャバ使うようなので、そういうタイミングではかなり"Slippery When Wet" なのだろう(そういう場面には出会わなかったが)。あと季節にもよるかもしれない。

いずれにせよ「実際に滑りやすいかどうか」より、滑ることに関しては注意喚起をとにかくする文化だというのが第一の理由なのだと思う。過去になにかあったのだろうか。「マクドナルド・コーヒー事件」のような滑りが。

あるいは地形が表れている説

一方、ぼくが「こうだったらいいな」と思っている説は、香港という都市は地形が豊かゆえ(というか人口に比して平らな面が少なすぎる)、坂や階段が多くて転びやすいから、というものである。上の2例はいずれもほぼ崖のような場所で見たものだ。
街中には地形由来の微妙な段差がたくさんある。そしてそこには滑りやさんがいる。
街中には地形由来の微妙な段差がたくさんある。そしてそこには滑りやさんがいる。
この滑りやさんは滑りプロセスの最終局面にいる。完全に足は浮き、尾てい骨をしたたかに打つ寸前の様子を見せている。プロだ。
この滑りやさんは滑りプロセスの最終局面にいる。完全に足は浮き、尾てい骨をしたたかに打つ寸前の様子を見せている。プロだ。
ぼくはこの説が気に入っている。なぜなら、これがほんとうなら注意喚起の表示という小さなサイズに地形という大きなスケールが表れていることになるからだ。こういう小理屈がぼくは好きなのだ。小心地滑の分布は地形図に一致するかもしれない。

そんな香港の厳しい都市地形を象徴するのが、中環(セントラル)にあるエスカレーター「行人電動樓梯(ヒルサイド・エスカレーター)」だ。そして当然ここにも滑りやさんがいる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓