ひらめきの月曜日 2015年5月11日
 

デザート感覚で食べる

デザート感覚で食べる(手前を)
デザート感覚で食べる(手前を)
「デザート」と呼ばれる食べ物の分類がある。甘いものだったり果物だったり、それがどういうものかは知っている。
ただ、それがデザートかどうかを決めるのは自分自身でしょ、とも思う。

例えば、ハンバーグのあとにカレー食べたとして、それを食べてる人がデザートだと思って食べたらカレーはデザートですよね。

こんなに自信のない「ですよね。」終わりの文もそうはない。不安を確信に変えるため実践してみよう。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

デザートのスイッチを切り替えろ

日常生活の中で「あれ……もしかして、これが自分にとってのデザート…?」と思わされる瞬間がある。例えばこういう場面だ。
何を食べたいのか自分に問いかける
何を食べたいのか自分に問いかける
出てきた答えはハンバーグ&チキン
出てきた答えはハンバーグ&チキン
例えばよく行くステーキ・ハンバーグ系のファミレス。たくさんのメニューをじっと見ていると何を食べたいのかわからなくなってくるので、逆に目を閉じてみる。

見えた。心の目が出した答えはハンバーグ&チキングリルだ。
グリルチキンはカットしないでかぶりつくのが一番うまいと思う
グリルチキンはカットしないでかぶりつくのが一番うまいと思う
あふれる肉汁を全て受け止めるべく、ハンバーグはご飯に乗せてから割る
あふれる肉汁を全て受け止めるべく、ハンバーグはご飯に乗せてから割る
いつものように食べて満足。ここまではあくまで普通にメインの食事を食べているフェイズだ。
肉用のソースはかけずにスープ感覚で直接ちょびちょび飲むのがうまい
肉用のソースはかけずにスープ感覚で直接ちょびちょび飲むのがうまい
おいしかったけどまだ物足りない
おいしかったけどまだ物足りない
おいしく食べ終わったのだが、まだもう少し何かを食べたい。ここからが一般的に言われるデザートのフェイズなのだと思う。
キラキラと輝くデザート群
キラキラと輝くデザート群
大抵はメニューブックの最後に載ってるデザートたち。果物やクリームがふんだんに使われていて、いかにも食後のお楽しみという顔をしている。

ただ、違うんだよな。自分が食べたいものとは。
デザートVSおかず
デザートVSおかず
そういうわけで、妻がクレームダンジュとかいうデザートを頼むのと同時に手羽の唐揚げを発注。ハンバーグ・グリルチキンからの登場だ。

目の前に広がる光景は上の写真のようになる。こうして見ると、唐揚げもかりんとうのように見えてくるではないか。
飲み物とデザートのセットもある
飲み物とデザートのセットもある
から揚げはデザートセット非対応
から揚げはデザートセット非対応
このレストランには、デザートをドリンクバーと組み合わせてお得になる「デザートセット」というものもある。オレンジ色の星がついてるのが対応デザートだ。

しかし、手羽の唐揚げには星はついていない。このことからしても、唐揚げがデザートと見なされていないのがわかる。
自分なりのデザートタイム
自分なりのデザートタイム
このタイミングである、「もしかして唐揚げが自分にとってのデザートなのでは…?」と思わされる瞬間は。

デザートを「メイン料理のあとに小さな器で出てくる食べ物」だとすれば、このタイミングでの唐揚げは立派なデザートではないだろうか。
デザート満喫中
デザート満喫中
しかし、いざ食べてみて口の中に広がるのは圧倒的なから揚げ感。

「やっぱりこれは唐揚げだな…」と思いながらも、小ぎれいな菓子を口にする妻とゆったり会話楽しみながら食べていると「やっぱり唐揚げもデザートかもな」と思えてくる。
妻から「あなたときどき大泉洋っぽい瞬間あるね」と言われた
妻から「あなたときどき大泉洋っぽい瞬間あるね」と言われた
デザート感覚で食べる唐揚げとはこういうことだ。

それがデザートかどうかは、自分の心が決める。デザートか否かの境をたゆたいながら、僕はおごそかに唐揚げを食べきった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓