コラボ企画 2015年5月14日
 

スマホを昭和のSF風に描く

こういう画集です
こういう画集です(こちらの記事で紹介してました
古いSFの挿絵が好きでたまらない。

画集を買っては眺めている。
宇宙、異星人、4次元、地球は破滅する!! イルカが攻めてくる!!
サイエンス半分ホラー半分ぐらいの内容である。出てくる人は皆シリアスでバタ臭いのもいい。見ているとゾワゾワわくわくする。科学に照れがなかった時代。こういうストレートなかっこよさに憧れる。

いつかこんな絵が描けるようになりたいと思っていたが、ちょっと無理そうなので描ける人を見つけたのだ。
林雄司:テキスト 1971年生まれ デイリーポータルZウェブマスター
大町駿介:挿絵 1990年生まれ イラストレーター

プロに頼みました

昔の少年SF誌の挿絵を描いているのはイラストレーターというよりも画家である。あれを描けるようになるには静物画のデッサンから始めないといけない。
先は長い。

そこで当サイトで連載をしているクリハラタカシさんに美大出の大町さんを紹介してもらったのだ。

イラストレーター 大町駿介さん
イラストレーター 大町駿介さん
うっとりするような絵を描く
うっとりするような絵を描く
まだ若いのに古い蔵の絵を描いているという頼もしさである。確かな画力に加えて小松崎茂など昭和のSF挿絵も好きだという。ばっちりだ。

NifMoを描いてもらおう

このタッチで描いてもらうのはNifMoだ。

NifMoとはニフティが始めたスマホである。
いまや当たり前のスマホだが、あれもけっこう未来である。古いSF風に描いてその未来感を噛み締めたい。

あと、NifMoはニフティの重点施策なのでデイリーポータルZもその流れに関わっておきたいというサラリーマン的な打算もある。ものすごくある。超ある。
僕も持ってます
僕も買っちゃいました(洋服屋の店員みたいだけど)
NifMoの特徴
・安い
・毎月の料金が安くなる方法がある
あとはSIMだけのコースがあったり、ナンバーポータビリティが可能だったりとかいろいろあるが、これ以上の説明はNifMoのホームページを読んで欲しい(そしてその勢いで加入して構わない)。
このNifMoを少年SFの風にわかりやすく図解にしてもらった。
これだ。このドキドキする感じ!(クリックで拡大します)
これだ。このドキドキする感じ!(クリックで拡大します)(イラスト・大町駿介)
夢の装置が発明されたような気がしてくる。クリックで拡大表示されるがそれが面倒という人のために一部分を拡大した。
どこへでも持ち歩くことができる!買いものができたり、手紙をおくることもできる
どこへでも持ち歩くことができる!買いものができたり、手紙をおくることもできる(NifMoの表記はテイストにあわせてカタカナにしたぞ)
夢のようだ。言ってることはスマホそのものなのだが、それも忘れて毛穴が開く。
「技術者の努力により」というところもロマンである。その技術者はきっと湯川秀樹みたいなメガネをかけているだろう。
そんなものが今すぐ手に入るなんて。科学と民主化の発展に賛辞を送らずにはいられないのであります。(僕まで時代がかった書き方になってしまった)。

そして左下の部分も拡大
NifMoがないと我々はこんな状態になってしまうのである
NifMoがないと我々はこんな状態になってしまうのである
オープンリールのデッキを担いで地図をポケットに詰め込み、書類をばさばさと落としながら歩いている。もうこんな時代には戻りたくない。
デイリーポータルZの企画に登場しそうな人でもある。

調子に乗って右上部分も拡大しよう。
NifMoがあれば南極にだって電話をかけられるのだ
NifMoがあれば南極にだって電話をかけられるのだ
南極に電話番号があればどんな電話でもかけられるのだが、そのあたりはスルーして欲しい。エアカーの色が懐かしの東海道線色なのが過去だか未来だかわからなくて素敵である。

いろんな会社が携帯電話サービスを始めていて、どれも似てて夢を持てなくなっていたが、久しぶりにわくわくした。いやーよかった。

安くなる話をしてなかった

しかしここまでだとスマホそのものしか紹介してない。

NifMoは使うほど安くなる仕組みがあるのだ。対象の商品を購入したり対象のアプリをダウンロードするとポイントがたまって毎月の料金からその分引かれるのだ。僕もジャージを買ったら月の支払料金が数十円安くなった。(詳しくはサイト読んでください)。

それも大町さんに図解にしてもらおうじゃないか。
2色刷りである(クリックで拡大します)
2色刷りである(クリックで拡大します)(イラスト・大町駿介)
さっきのはカラーページだったが、解説のページは2色である。こちらではちゃんとNifMoの料金が安くなる機能(NifMoバリュープログラム)について触れている。
その部分について拡大した。
お得回路
お得回路
お得回路入りである。
もちろんそんなものはない。イメージである。

かつてのウルトラマンの怪獣図鑑に載っていた透視図だって「バルタン脳」「メフィラス胃」などと怪獣の名前をくっつけただけだっただろう。そんな感じだ。
右側拡大
右側拡大
電話を傍受しようとしている宇宙人がかわいい。交換手が宙に浮いているのもときめく。
NifMoを持てばこんな昔夢見た未来がやってくる、そんな素敵な勘違いをさせてくれる。

スマホが違って見える

大町さんのイラストを見てからNifMoを眺めると、これが科学者の努力の結晶で、電話はおろか手紙さえ送れるすごいものだと思えてくる。フルカラー画面だし。

この興奮を忘れないようにTシャツにしたいぐらいだ。
イラストが気に入りすぎてTシャツにした
した

 ▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 
 
関連記事
お正月宇宙SF大作完成!
昭和の観光パンフレットが優雅
奥多摩の山で昭和のゴミを発掘してきた
昭和のダムブーム

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ