ひらめきの月曜日 2015年5月18日
 

トキパックがかわいい佐渡牛乳はうまい

パッケージがかわいいと評判の佐渡牛乳ですが、その中身についても知ってください。
パッケージがかわいいと評判の佐渡牛乳ですが、その中身についても知ってください。
佐渡島で造られている『佐渡牛乳』のパッケージがかわいいと、ネット上で評判になっているのをちょっと前に見かけた。

私は佐渡島に何度も通っているリピーターなので、もちろん知っている。そう、佐渡牛乳はかわいい。だがしかし、かわいい以上に大切なポイントがある。佐渡牛乳はうまいのだ。

そんな佐渡牛乳の製造元に、思い入れたっぷりのファン目線で、話を伺いに行ってきた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「釣り堀を超えた異空間!オマールエビ釣りが熱い!」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

佐渡牛乳と私

私が佐渡島に初めて来たのは、今から4年前の2011年。

当サイトのプープーテレビなどでおなじみの宮城マリオさんの里帰りに、ずうずうしくも同行させていただいたのだが、島へと向かうフェリーの中で、うまいコーヒーがあるよと教えてもらったのが、佐渡乳業のコーヒーだった。
なんだかんだで10回近く佐渡島に来ています。
なんだかんだで10回近く佐渡島に来ています。
そのレトロなデザインのコーヒーは、旅行のテンションと相まって、とてもおいしかった。

しっかりと甘いのだが、牛乳の味がちゃんとする、懐かしいあのコーヒー牛乳だ。
商品名が『佐渡乳業コーヒー』で、その実体は生乳50%以上の乳飲料。ほぼコーヒー味の牛乳だ。
商品名が『佐渡乳業コーヒー』で、その実体は生乳50%以上の乳飲料。ほぼコーヒー味の牛乳だ。
美化された記憶の中にあるコーヒー牛乳と結びつく味なので、そうとうレベルが高いのだろう。なんでも佐渡産の生乳を50%以上も使っているのだとか。そりゃうまいさ。

私は佐渡島の大きさをよくわかっておらず、佐渡で牛乳がとれることに驚いたのを覚えている。

佐渡旅行といえば佐渡牛乳

そのコーヒーがとてもおいしかったこともあり、せっかくだからと飲んだ牛乳もまたおいしかった。

それをきっかけに、朝起きたら佐渡牛乳をゴクゴクと飲み、温泉から上がるとコーヒーをチューチューと吸い、品薄の佐渡バターが手に入ればトーストにたっぷり塗るというのが、佐渡にいる間の生活スタイルとなった。
なんで牛乳なのにニワトリなんろうだと思ったら、実はトキだったパッケージ。
なんで牛乳なのにニワトリなんろうだと思ったら、実はトキだったパッケージ。
そんな訳で私にとっての佐渡旅行は、フェリーに乗って佐渡乳業の自販機前に立ち、牛乳とコーヒー、どっちにするかを迷うところから毎回スタートするのである。
注ぎ口がクチバシになる。チョコボールのキョロちゃんじゃないよ。
注ぎ口がクチバシになる。チョコボールのキョロちゃんじゃないよ。
そんな思い入れたっぷりの佐渡牛乳が、トキのパッケージがかわいいと話題になったけれど、やはりその味も誰かがしっかりと伝えるべきだろう。よし、私だ。

そんな行き過ぎたファン心理から、製造元の佐渡乳業と、そして生乳を生産している佐渡の酪農家に取材をしてきた次第だ。
その愛情、確かめに行きますよ!
その愛情、確かめに行きますよ!
今回も宮城マリオさんと一緒です。
今回も宮城マリオさんと一緒です。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓