ちしきの金曜日 2015年5月22日
 

パンで人はカッコよくなれる

この記事はこういう展開になります!
この記事はこういう展開になります!
パンという美味しい食べ物がある。誰もが知る食べ物だと思う。パンは美味しいだけではない。これを持つことで、人はカッコよくなれるのだ。欧米の人がカッコよく見えるのも、パンのおかげ。

つまり、米文化の日本人もパンを持つことで、もれなくカッコよくなるのだ。カッコいいの鍵は「パン」だったのだ。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

パンはカッコいい

スーパーやコンビニに行くとパンが売られている。学校の給食にもパンは出る。今まで特に何も考えずに食べて来たと思うが、パンはカッコいいのである。
パンはカッコいい!
パンはカッコいい!
パンの素晴らしい点は、パン自体がカッコいいということだけではない。パンを持つ人までをもカッコよくしてくれる点だ。
カッコいい!
カッコいい!
上記の写真を見ていただきたい。誰がどう見てもカッコいいのが分かると思う。フランス映画の一場面のように見える。これがパンの力だ。ウソだと思う方もいるかもしれない。そこで、パンを持っている場合と、ない場合を比べてみた。
パンを持っているとカッコいいが、
パンを持っているとカッコいいが、
パンを持っていないとカッコわるい
パンを持っていないとカッコわるい
こんなにも分かりやすくパンの力を感じることはないのではないだろうか。パンを持っていない方はダメな酔っぱらいのようであるが、パンを持てばアイドルのように見える。
パンを持っていればアイドルに見える!
パンを持っていればアイドルに見える!
でも、パンを持っていないとダメな人に見える!
でも、パンを持っていないとダメな人に見える!
つまりパンはカッコいいということである。パンを持っていない人には、話かけたくもない感じだけれど、パンを持っていればサインを欲しくなるようなカッコよさ。パンはカッコいいのだ。
では、お米はどうだろうか?
では、お米はどうだろうか?

お米はそうでもない

日本人である我々が昔から食べて来た「米」はどうだろうか。これもカッコよければ、無理にパンを持つ必要はない。ただ残念なお知らせだ。お米はそうでもないのだ。
パンはカッコいいけれど、
パンはカッコいいけれど、
お米はそうでもない!
お米はそうでもない!
こんなにも分かりやすく差が現れるとは思わなかった。一目瞭然だ。パンは北欧を意識したオシャレ雑誌の1ページのようだけれど、お米は盗人のように見える。これがパンと米の差なのだ。
パンはカッコいいけれど、
パンはカッコいいけれど、
お米はそうでもない!
お米はそうでもない!

あらゆる場面で差がある!

その差は食べている時だけではない。たとえば、食べている最中に唇や頬にご飯やパンの一部が付いてしまうことがある。そんな時もやっぱりお米はそうでもなく、パンはアイドルのようなカッコよさなのだ。
パンはカッコいいけれど、
パンはカッコいいけれど、
お米はそうでもない!
お米はそうでもない!
驚きというものも変わってくる。パンを食べる人もお米を食べる人も誰もが同じように驚く権利がある。しかし、変わって来るのだ。パンはカッコよく、お米はそうでもないのだ。
パンはカッコよく、
パンはカッコよく、
お米はそうでもない
お米はそうでもない
しかも、お米は不安そう
しかも、お米は不安そう
でも、パンは自信満々
でも、パンは自信満々

麦踏みの謎もカッコいい!

パンの元となるのは「麦」である。この麦には謎が存在する。「麦踏み」である。麦を踏むのだ。麦は踏むことで寒さや乾燥に強くなる。この「麦踏み」が謎なのだ。
麦踏みで麦は強くなる!
麦踏みで麦は強くなる!
今では麦踏みは当たり前のことだけれど、最初にそれを行った人はどのような考えで、それを行ったのだろうか。だって自分がわざわざ育てた麦を踏む、ってどう考えてもおかしい。

そんな謎もパンの魅力。謎はパンをカッコよくするのだ。
この謎は4ページ目で解決します!
この謎は4ページ目で解決します!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓