ロマンの木曜日 2015年5月21日
 

ダム放流コレクション2015春

東北の雄が点検放流に参戦!

まずは岩手県に設置されている東北の雄、湯田ダムが点検放流(湯田ダムでは試験放流と言ってます)のプレスリリースを発行。

このところ続いた想定外の大雨に備えて、建設以来およそ50年間ダムのいちばん上にあってほとんど使ったことのない「クレストゲート」を開けて水を流し、水門の動作や水の流れ方を調べるというのだ。
写真を見て一目惚れした湯田ダム
写真を見て一目惚れした湯田ダム
実は湯田ダムは去年初めて試験放流を行ったのだけど、6月の平日、しかもプレスリリース発行からわずか4日後だった(それでも数十人が観に来たらしい)。

しかし何と、今年は10日前にプレスリリースを出し、ゴールデンウィークまっただ中の5月2日の実施。放流量も倍以上に増えた。これはもう完全に観光客を見込んでいると言って間違いないだろう。

実際、当日の湯田ダムには100人を超える人が集まった。
生きているうちにこの光景が観られるとは...!
生きているうちにこの光景が観られるとは...!
ああ素晴らしい、素晴らしいなあ
ああ素晴らしい、素晴らしいなあ
去年に続く2回目、休日に実施、放流量の増加と、きっと湯田ダムの試験放流は来年以降も行われて、今後ゴールデンウィークの風物詩になっていくのではないかと思う。

ゴールデンウィークの風物詩と言えば

点検放流ではないけど、東北地方で毎年ゴールデンウィークに多くの観光客を集める放流が行われているダムがあるので紹介しよう。

宮城県に設置されている鳴子ダムは毎年細かく水位調整して、ちょうどゴールデンウィークに満水になるように操作している。満水になるとどうなるかと言うと、こうなるのだ。
水門がないのであふれた分が流れ出ている
水門がないのであふれた分が流れ出ている
あくまで個人的な感想だけど、鯉のぼりがなければなあ
あくまで個人的な感想だけど、鯉のぼりがなければなあ
鳴子ダムの放流は「すだれ放流」と言われていて、ダムが完成した昭和33年からほぼ毎年行われているという。雪解け水を貯水池に貯めて、ちょうど観光客が多くなるゴールデンウィークに合わせて満水にしているのだ。ゴールデンウィークが過ぎたら少しずつ貯水池の水位を下げて、夏の台風シーズンに備えている。

冬の間に雪が少なかったり、ゴールデンウィークに大雨が降りそうになるとすだれ放流ができない場合もあるけど、ほぼ毎年行われているのでぜひ生で見てください。

さて、話を点検放流に戻すと、今年は関東地方でほかにも貴重な放流が計画された。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓