フェティッシュの火曜日 2015年5月26日
 

佐渡島は寺院や霊場もおもしろい

想像以上に凄かった、佐渡島の寺院や霊場
想像以上に凄かった、佐渡島の寺院や霊場
佐渡島と聞くと、やはり金山やトキを思い浮かべる方が多いのではないだろうか。

かくいう私もそのようなイメージで佐渡島を訪れたのだが、なんとなく寄ってみた寺院や霊場が凄かったので紹介したい。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

なにはともあれ鉱山も面白い

もちろん、佐渡の代名詞ともいえる金山は凄いものだ。佐渡に来たら、とりあえず押さえておいて損はない。

佐渡にはいくつかの金銀山が存在するが、最もメジャーなものは佐渡島西部に位置する相川鉱山だ。
江戸時代からの採掘抗である「宗大夫間歩」
江戸時代からの採掘抗である「宗大夫間歩」
展示されている人形が妙にリアルで変な声がでた(開坑の儀式らしい)
展示されている人形が妙にリアルで変な声がでた(開坑の儀式らしい)
徳川家康の家臣、大久保長安によって開発された相川鉱山は、平成元年(1989年)まで採掘されていた。

鉱山の周囲には昭和13年(1938年)前後に築かれた施設も数多く残っており、それらもなかなか興味深い。
坑道に降りるエレベータ「大立竪坑櫓」
坑道に降りるエレベータ「大立竪坑櫓」
鉱石を処理する工場群。右背後は江戸時代の露頭掘り跡である「道遊の割戸」
鉱石を処理する工場群。右背後は江戸時代の露頭掘り跡である「道遊の割戸」
海に近い相川の市街地には選鉱所の廃墟がある
海に近い相川の市街地には選鉱所の廃墟がある
この選鉱所に関しては、以前当サイトライターの玉置さんがレポートされていたので、詳しくはこちらをご覧ください(→参考記事「佐渡のギリシャっぽい巨大廃墟」)。

また鉱山採掘に関係する施設以外にも、金山のお膝元であった相川の町には趣のあるスポットが多々ある。
煉瓦塀の奥には、かつて時報を伝えていた鐘楼が残る
煉瓦塀の奥には、かつて時報を伝えていた鐘楼が残る
個人的に凄く興味深かった旧相川拘置所
個人的に凄く興味深かった旧相川拘置所
鉄格子の奥には監房が並ぶ
鉄格子の奥には監房が並ぶ
うーん、いかにもといった独房だ。鉄扉や窓枠も雰囲気出てる
うーん、いかにもといった独房だ。鉄扉や窓枠も雰囲気出てる
一方、相川から少し北にいったところにある吹上海岸には、鉱石を砕く石臼の石材を切り出していた石切場が存在する。

海に面した岩場をよじ登りながら、採石の痕跡を探して回るのも楽しかった。
人為的にえぐられた箇所が多い吹上海岸の岩場
人為的にえぐられた箇所が多い吹上海岸の岩場
所々にクサビの跡などが見られる。これを探すのが楽しいのだ
所々にクサビの跡などが見られる。これを探すのが楽しいのだ
佐渡のシェラーグボルテン、挟まった岩がなんとなく有難味ある
佐渡のシェラーグボルテン、挟まった岩がなんとなく有難味ある
という感じで、まずは佐渡の華といえる相川鉱山やその周辺の見どころについて述べさせていただいた。これらだけでも十分楽しめてしまうのだが、しかし佐渡の見どころは鉱山に関するものばかりではない。

とりあえず地図に描いてあったという理由で寄ってみた寺院によって、私は佐渡の奥深さを思い知らされたのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓