ロマンの木曜日 2015年5月28日
 

外国人達にオセロを挑んでたら元世界王者と戦う事になった話

外国人たちを次々に倒し、世界一を目指す!
外国人たちを次々に倒し、世界一を目指す!
「世界一」になる人がいる。
地球上には言葉も文化も違う人たちが70億もいるのに、世界一。凄いことだ。

それはそれは大変だろうと、私達は戦いの壇上に立つ事なくあきらめてしまう。でも、自分の力に気づいていないだけで、世界一になる可能性はゼロではない。

そこで、「オセロ」で世界一を狙うことにした。自分の得意な分野で戦えば世界一になる可能性があるのだ。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」

前の記事:「行列のできる店の隣の店にいくin神保町」
人気記事:「「コーラと同じ量の砂糖が入った水は飲めたもんじゃない」は本当か」

> 個人サイト twitter

世界中で愛されているオセロ

世界中で愛されているオセロ。「覚えるのに1分、極めるのに一生」と言われ、ルールは単純ながらも奥の深いゲームだ。

私はこのオセロに割と自信がある。子供の頃によく遊んだものだが、負けた記憶が無いほどだ。
世界一になるべく、通りがかる外国人に対決を挑む。(私が持っているのは英語のメモ)
世界一になるべく、通りがかる外国人に対決を挑む。(私が持っているのは英語のメモ)
ということは、これまでに世界に挑戦する機会が無かっただけで、私は世界一かもしれない。

そこで、上野公園で世界大会を開催する事にした。外国人観光客を相手に、日本代表としてオセロで戦うのだ。世界中で遊ばれているゲームだ、そこら辺に猛者がいるに違いない。
アメリカ代表「オセロ? 知らないなあ」
アメリカ代表「オセロ? 知らないなあ」
日本のオセロ経験者は6000万人で、なんと人口の半数(長谷川五郎著『オセロの勝ち方』より)。世界で考えたら数えきれないだろう。
スウェーデン代表「やったことない」 
スウェーデン代表「やったことない」 
世界的にはオセロに似た「リバーシ」がよく知られている。調べたところ「オセロ」は日本の水戸が発祥地で、長谷川四郎さんという英文学者(上記の 本を書いた人のお父さん)がシェイクスピアの戯曲から名前をとってつけたものだそうだ。
中国代表「ごめんなさい、知らないです」
中国代表「ごめんなさい、知らないです」
今回オセロ(世界的にはリバーシ)を対決種目に選んだ理由は、全世界で愛されていることと、自分が強い事を思い出したからだ。

そう、子供の頃「一人オセロ」をやる位好きだった。友達がいないから一人でやっていたんじゃない、周りが弱いから一人でやっていたのだ。

大人になりしばらくはやっていなかったけれど、久々にやってみるとやはり私は強かった。それで、世界に飛び出したくなったというわけだ。
5レンジャーのような服のインド代表とネパール代表は「できないです」と去っていった。
5レンジャーのような服のインド代表とネパール代表は「できないです」と去っていった。

棄権により連続不戦勝

しかし残念なことに、外国人選手たちは次々と棄権していった。理由は「見たことあるけどルールは知らない」というのが多かった。なんてこった。

せっかく世界一になれるチャンスなのに(上野公園内でだけど)。
棄権が12ヶ国も。不本意だが私の勝ちということにする
棄権が12ヶ国も。不本意だが私の勝ちということにする

オセロは年配の遊び?

聞くと、オセロ(リバーシ)は年配の人たちがやる遊びとして認知されているようだった。20〜40才位の年代は、「他にもたくさんゲームがあるか ら今更やらない」と言っていた。

そこで5〜60代位の方に声をかけると「もちろん知ってる」との反応。みな時間がなく対戦はできなかったけど、ご年配の方が対戦できる確率は高いみたいだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓