ひらめきの月曜日 2015年6月1日
 

カキの味がする葉っぱ、オイスターリーフ

カキの味がするという葉っぱを育ててみました。柿じゃなくて牡蠣ですよ。
カキの味がするという葉っぱを育ててみました。柿じゃなくて牡蠣ですよ。
世の中にはカキの味がする葉っぱがあるらしいという怪情報を友人から教えてもらった。

果物の「柿」ではなく、貝の「牡蠣」である。その名もオイスターリーフ。カキの葉っぱだから、そのままズバリだ。

植物なのにカキの味とは一体どういうことなんだろうと、苗を取り寄せて育ててみた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「トキパックがかわいい佐渡牛乳はうまい」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

オイスターリーフの苗が届いた

ネットで注文したオイスターリーフの苗が届いたのは、10月23日。秋に植える野菜なので、この時期限定の発売らしい。

それにしても植物なのにカキである。いったいどれだけへそ曲がりな植物なのだろう。海のミルクとも呼ばれるカキ、ならば海のミルクの葉っぱなのか。
このカキの味がする植物って、想像できないですよね。
このカキの味がする植物って、想像できないですよね。
翌日、母が丹精込めて育てている家庭菜園へと苗を持ち込んだ。

ここにちょこっと植えさせていただこう。
けっこう大きな段ボールで届きました。
けっこう大きな段ボールで届きました。
段ボールを開けてみると、2つの苗がちんまりと納まっていた。

見た目はブロッコリーやキャベツみたいな、普通の苗である。匂いはちょっと青臭いかなという程度で、ほとんどしない。

これ、本当にカキの味がするのだろうか。
ちんまり。
ちんまり。
1つだけだと失敗したら悲しいので、念のために2つの苗を購入したのだが、その値段はシャレオツなオイスターバーで食べる生ガキくらいする高級品だ。いったことないけど。
なかなかのお値段でした。
なかなかのお値段でした。

これがオイスターリーフの苗だ!

取り出した苗には、これがオイスターリーフであることを強く訴えるポップがついていた。

それによると、「インパクト秋植え野菜」であり、「スコットランドから来た高級野菜」らしい。スコットランドって生牡蠣を食べる習慣はあるのかな。
これが噂のオイスターリーフ。
これが噂のオイスターリーフ。
「濃厚な牡蠣風味の新野菜」であり、「リッチな味」らしい。乗せられたホタテの気持ちは如何に。
「濃厚な牡蠣風味の新野菜」であり、「リッチな味」らしい。乗せられたホタテの気持ちは如何に。
強い言葉で「私はカキの味がします」と主張するオイスターリーフなのだが、その説明を読めば読むほど、どうも怪しく思えてしまう。

続けて裏側を読むと、「生牡蠣かアンチョビのような一度食べたら忘れられない不思議な味」と、若干その焦点をぼかすように書かれていた。

カキとアンチョビってだいぶ違う味だと思うのだが。なんだか余計わからなくなってきたぞ。
カキはカキでも「生牡蠣」の味らしいよ。
カキはカキでも「生牡蠣」の味らしいよ。
実ではなく葉を食べる野菜なので、この葉っぱを1枚食べてみれば話は早いのだが、やはり畑で増やしてから食べてみようと思う。高かっただけにお楽しみは大事にとっておきたい。

収穫は秋から12月頃が目安とあるので、これからどんどん葉が増えるはずだ。スコットランド原産で高温多湿には弱いため、多年草だが日本の夏は乗り切れないらしい。

牡蠣なのに夏季がダメとはこれ如何に。
増えろ、俺のオイスターリーフ!
増えろ、俺のオイスターリーフ!
この説明によると、やや酸性で水はけの良い土壌がいいらしいが、そんなことをいわれてもどうしていいかわからないので、畑の地力に期待をして、そのまま植えてみることにした。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓