土曜ワイド工場 2015年5月30日
 

石垣島で石になった男

どこかに人がいます
どこかに人がいます
石垣島を舞台にしたツアーコンテストの審査員を引き受けた。
さまざまなツアーのアイデアがあるなかにひとつ目をひいたものがあった「石垣島で石になる」というものだ。
石垣島の自然や食をテーマにしたものが多いなか、それだけ異彩を放っていた。

気になったので審査員としてそのツアーを推し、実際に石になるときについていったのだ。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

石の模様の布で石になる

ツアーコンテストとは、石垣市とロフトワークが石垣島の魅力を再発見するというコンセプトで始めたウシオデザインプロジェクトの第2回。第1回はおみやげをデザインして、2回ではいよいよ石垣島でやってみたいことを旅のプランとして募集したのだ。

「石垣島で石になる」というプランを送ってきたのが永尾純一さん。大阪でゲームを作る仕事をしている。
左・永尾さん、右・石垣市役所 翁長さん (ながおさんとおながさんというアナグラムになっています。が、特にこれは伏線ではないので忘れてください)
左・永尾さん、右・石垣市役所 翁長さん (ながおさんとおながさんというアナグラムになっています。が、特にこれは伏線ではないので忘れてください)
石になる方法は、布である。
永尾さんが作ってきた石垣柄の布
永尾さんが作ってきた石垣柄の布
頭からかぶって…
頭からかぶって…
ほらこの通り!
ほらこの通り!
しめしめ…
しめしめ…
若干、ツヤがあるが通りすがりならほぼわからないレベルである。記念写真をとってもどこにいるかわからない、というのは新しい。写りたいのか写りたくないのか。
近くで見ると丁寧に縫ったあとがあります
近くで見ると丁寧に縫ったあとがあります

だじゃれじゃない

石垣島で石になる、はただのダジャレではない。石垣島には人が石になったという伝説が実際にあるのだ。入り口は「石垣島で石になる」というおもしろでありながら、きちんと石垣島の歴史にもつながる企画になっている。
ツアーの審査のときに石垣島の観光協会の人がそう評していた。

素晴らしい企画である。僕はそんなことは知らなかったのだが。ついでに言うと永尾さんも知らなかったらしい。
ふざけたら偶然いい話になってしまったパターン
ふざけたら偶然いい話になってしまったパターン

発見・丸まったほうがいい

住宅地での成功に気を良くして、ビーチに移動した(徒歩10分ぐらいなのだが)。ビーチの岩をもとにした石の布もあるのだ。
今度の布はビーチにある岩のテクスチャ
今度の布はビーチにある岩のテクスチャ
テクスチャのもとになった岩の近くで布の影に隠れてみる…。
ここで問題ないはずなのだが
ここで問題ないはずなのだが
なんというか、ちょっと石には見えにくい。四角い。あからさまに不審だ。やばい人が裏に隠れている感じがむんむんする。うーん…。
布のなかで状況を察した永尾さんがちょっと形を変えてみた。
「こうしてみたらどうですか」
あ、これは…
あ、これは…
永尾さんが石の才能を開花させた瞬間である。ちょっと移動してまたしゃがむ。
かなりいけてる。石だ。石垣島で石になった。
かなりいけてる。石だ。石垣島で石になった。
ここでーす。立ったときのポーズがあきたこまちの米の袋みたいである。
ここでーす。立ったときのポーズがあきたこまちの米の袋みたいである。
石Tips 1
大きい石の一部になるよりも自身がひとつの石になるほうが溶けこむことができる
大人が長い時間準備をかけて(永尾さんは大判の布に写真をプリントしてくれる印刷屋さんを探して、そして縫った)、さらに休みをとって石垣島まで行って獲得したノウハウである。

それが誰にも有用ではないというのはなんだか清々しくもある。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓