はっけんの水曜日 2015年6月3日
 

岩波文庫風ブックカバーで賢く見られたい

賢そうな『キン肉マン』
賢そうな『キン肉マン』
少々偏りすぎた本が並びまくっているウチの本棚。コレをもうちょっと知性漂う感じにするにはどうしたらいいのか……。

だったら賢そうなデザインに変えちゃえばいいんじゃ!? ……ということで、ザ・賢そう本である岩波文庫っぽいデザインのブックカバーを作ってみました。
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。 犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。
> 個人サイト Web人生

インテリジェンスあふれる本棚にしたいのです

最近、本棚を買ったので、引っ越しでダンボールに詰め込んだ大量の本をシコシコと並べています。

しかし、なんというか……ウチにある本って、サブカル寄りすぎて、あんまりインテリジェンスを感じない本ばっかりなんですよね。
何で買ったのかよく分からない芸能人本
何で買ったのかよく分からない芸能人本
UFOモノを中心とするオカルト本
UFOモノを中心とするオカルト本
一番知性を感じるのが少年探偵団コーナーという……
一番知性を感じるのが少年探偵団コーナーという……
いや、誤解しないでもらいたいんですが、それぞれ面白くて好きな本なんですよ。引っ越し前に思い切って色んなものをボコボコ捨てたのに、そこをくぐり抜け生き残ってきた精鋭たちなんですから!

ただ、もうちょっと賢そうに見られたいというか……。この本棚じゃ、女子がウチに遊びに来たときに「ステキ、抱いてッ!」ってなことにはならないでしょ?

パッと見だけでも利口そうにすることはできないもんでしょうか?

利口といえば……そう、岩波文庫!?

それじゃあ、どんな本が並んでいたら賢そうな本棚なのか(コレを真剣に考えている時点で相当頭悪いですが)。

これまた独断と偏見ではありますが、利口そうな本といえばやっぱり岩波文庫!  日本初の文庫シリーズであり、古典的名著をたくさん取り扱っている岩波文庫は、文系利口さんの必須アイテムではないでしょうか?(理系利口さんはやっぱ学術書とか?)

ま、とりあえず電車などで岩波文庫を読んでいたら賢そうでしょ?

そんな岩波文庫の特徴といえばこのデザイン。
このそっけない統一デザインがまた賢そうじゃないですか?
このそっけない統一デザインがまた賢そうじゃないですか?
最近ではこの上にカバーがかけられていますが、古本屋では今でもこのむき出し状態(もしくはパラフィン紙に包まれてたり)の岩波文庫をよく見かけます。

やっぱり岩波文庫といえば、このデザインだなー。
裏にはナゾの岩波壺マーク
裏にはナゾの岩波壺マーク
逆にいえば、あまりインテリジェンスを感じられない本でも、このデザインにしちゃえば賢そうになるのでは……!? ということで、岩波文庫風のブックカバーを作ってみたいと思います。

岩波文庫を偽造しよう

今回の記事にかかった手間の90%はコレ
今回の記事にかかった手間の90%はコレ
まずは岩波文庫の特徴的なデザインである、周囲を取り囲んでいる模様を描き写していきます……というか、これがデザインの大部分ですけどね。
ほいできた。コレさえ描けちゃえば、あとはカンタンです
ほいできた。コレさえ描けちゃえば、あとはカンタンです
続いて、どんな本を岩波文庫風にしていこうか……ということですが。

まずは、気を遣う必要のないこちらの本からやってみましょうか。
『群馬のおきて グンマーを楽しむための52のおきて』(北村ヂン著)
『群馬のおきて グンマーを楽しむための52のおきて』(北村ヂン著)
まあ、いい本なんですけど(宣伝)、デザイン的には「軽い読み物」感があふれていて、あんま賢そうではないですよね。
コレを岩波文庫フォーマットしてみると……
コレを岩波文庫フォーマットしてみると……
おっ、ちょっと賢そうに
おっ、ちょっと賢そうに
文庫本じゃないんで、サイズが違うのが残念な感じですが
文庫本じゃないんで、サイズが違うのが残念な感じですが
要は飾り枠をつけてタイトル周りを入れ替えてるだけなんですが、印象的なデザインだけに、ちゃんと岩波文庫風に。

賢そうな本に見えるじゃないですか!
一応、裏にはナゾの北村壺が描かれています
一応、裏にはナゾの北村壺が描かれています

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ