広告企画♪ 2015年6月4日
 

本格サギサイトはセキュリティを突破できるのか

突破できるのか!
突破できるのか!
手前味噌で恐縮だが、弊社の提供するセキュリティサービスが安心安全と聞いた。

本当だろうか。

最強のサギサイトを作って突破を試みることにした。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

広告企画ですが真剣勝負です

弊社の提供する「常時安全セキュリティ24プラス」というサービスは、その名の通り強固なセキュリティ対策で危険なサイトから我々を守ってくれるらしい。
これを家に設置するだけでいいらしい。
これを家に設置するだけでいいらしい。
本当だろうか。

彼らのいう強固なセキュリティ対策というのはどこまで信頼できるのだろう。

今回、本格的なサギのサイトを作ってこの強固なセキュリティを突破してみたいと思う。ブロックされたら彼らの勝ち、突破できたら残念ながら我々の勝ちである。

助っ人はサギ博士

サギサイトを作るにあたって、今回とくべつに強力な助っ人に参加いただいた。有毒性物をはじめ、生物全般にくわしいライターの伊藤さんである。
コンビニのイートインスペースでろくろを回す伊藤さん。
コンビニのイートインスペースでろくろを回す伊藤さん。
伊藤さんは無類のサギ好きでもある。

いつかの企画会議で「動物園でペンギンのエサを堂々と盗んでいるサギの写真を撮りためているんですが」と言っていたのを僕が覚えていたのが今回の招集につながった。ほんとめったなこと言うもんじゃない。
伊藤さんの構えるレンズの先には
伊藤さんの構えるレンズの先には
サギ。
サギ。
サギである。

僕の求める本格サギサイト構想と、伊藤さんのかねて抱いていたサギへの思いが重なった瞬間だ。
この日のミーティングは深夜にまでおよんだ(深夜から始まっただけだが)。
この日のミーティングは深夜にまでおよんだ(深夜から始まっただけだが)。
あえて説明するのも無粋だとは思うが、いま我々が作ろうとしているサイトは鳥のサギのサイトである。

「サギ」の響きに反応して弊社のセキュリティが誤作動したらおもしろいよね、くらいの気持ちで進めているので「セキュリティなめるな」とか本気のつっこみは勘弁してください。

サイトデザインは本職にお願いした

翌日、伊藤さんとの打ち合わせで決めたサギサイトの概要をまとめて弊社デザイン部門のスタッフに伝えた。
思いつきで走りだしたプロジェクトをあとから企画書に起こして人に伝えるのは最も神経を使う場面でもある。
思いつきで走りだしたプロジェクトをあとから企画書に起こして人に伝えるのは最も神経を使う場面でもある。
弊社の敏腕デザイナー宮宇地氏が快く協力してくれることになった。急におかしなサービスを作りたくなっても嫌な顔ひとつせず手を貸してくれる有能なスタッフ陣が弊社の自慢である。
サギですね、わかりました!
サギですね、わかりました!
こうしてサギサイトはイメージの翼を広げ、僕の手から飛び立っていった。

かっこ良く例えすぎてなに言ってんのかわからなくなったが、つまり僕の企画書が通ってサイトが製作段階に入ったということである。

そして待つこと一週間。ついにサギサイトが出来てきた。

長い名前が特徴です。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ