はっけんの水曜日 2015年6月10日
 

二階から目薬、屋上からうどん。20m のうどん作りに挑戦

見上げるだけで首が痛くなる高さ
見上げるだけで首が痛くなる高さ
個人的キョーミで、世界イチ高価なせいろそばについて日々調べていた。ところがいまだにその世界イチ高いそばが確定できない。世界イチ高価……世界イチ高い……。

ハッ!
昔、銀座のそば屋さんに入っていたら、隣の外人さんがわたしの食べ方を凝視しながらマネていたのを思い出した。調子に乗って立ち上がってそばを伸ばしたら、彼も同じように腰を上げた。

えーと、何がいいたいかと言うと、つまり、無謀にも世界イチ長いうどんを作ってそれを誇示するために屋上から垂らして食べてみたいということです。

なぜ「そば」から「うどん」に? なぜ屋上? それは自分でもわかりません。なんでだろ。

この世は不思議で難解なことばかりです。うどんに立ち向かった日々をごらんください。
イカとタコが大好きで、食べたり被ったり本まで出版しました。 でもサイコーに好きなのはアワビだったりします。世間に対する謙虚です。
> 個人サイト Weekly Teinou 蜂 Woman

苦難の日々の序章(1日目)

なんとなく気楽に考えていたわたしは、まずデイリーの製麺マスターである玉置氏に「どーしたらいーかなー」と連絡をした。そして素直に、彼からのご指示通りに作った円形にカットしたうどんがコレ。

師匠に画像を送ってみた。
粘りが強く、まともに包丁が入らない。
粘りが強く、まともに包丁が入らない。
師匠からは、「ピザ?」という二文字を最後に、それっきり返事はこなくなった。

ねかせてコシを出す(2日目)

もう一度踏んでこねてをくり返し……24時間ねかせてみた。包丁はわりとスムーズに入ってくれたがまだ弾力性に欠ける気がする。
これならイケる! これならイケる! と念じながら……。
これならイケる! これならイケる! と念じながら……。
ところが、やはりはがしていく際に途中で切れてしまった。明日が本番(屋上から食べる日)だというのにどうしよう!!! でもどうにもできない! もうこれはお蔵入りするしかない!
巻いて延ばす試みだったが、これもまた途中でキレる。わたしもキレそうになる。
巻いて延ばす試みだったが、これもまた途中でキレる。わたしもキレそうになる。
あきらめきれない人。
あきらめきれない人が必死になっているのを横目に、わたしは明日撮影する友人伊藤さん宅に連絡を入れた。
「ムリだわ。やめよ」

「いいからいらっしゃいよ。秘策があるのよ」と太鼓判を押す伊藤さん。太鼓腹とはこういうことか。ちがう。たぶんちがう。けどたぶんそう。

まちかまえていた伊藤さん(3日目)

ンフフフ……。これ、20mもあるうどんなの。買っといたわよ。
ンフフフ……。これ、20mもあるうどんなの。買っといたわよ。
思わずほおずりしたくなるうれしさ。旧知の仲とはこういうことか。
思わずほおずりしたくなるうれしさ。旧知の仲とはこういうことか。
これでなにもかも上手くいくぞおおおおおおおおっ!

と大喜びしたのはこの瞬間だけであった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓