フェティッシュの火曜日 2015年6月23日
 

プラレール喫茶と鉄道模型つけ麺めぐり

大人でも想像以上に楽しいぞ、プラレール。
大人でも想像以上に楽しいぞ、プラレール。
たまに企画に困ると、適当な単語同士を組み合わせて検索してみることがある。

今回は「鉄道模型カフェっていま全国にできてるけど、プラレールカフェって無いのか」とやってみたら、まさにドンピシャなお店に行き当たってしまった。

さらに「じゃあ、鉄道模型カフェじゃなくて鉄道模型ラーメンとかつけ麺とか無いか」と検索をかけたら、またしてもそれらしきお店がある。

これはもう行ってみるしかないだろう。適当な検索ワードを信じて。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

本当にプラレールが走ってるカフェ

京成線高砂駅から徒歩5分ほどにあるカフェ『プラたく』は、全国的にもかなりレアな喫茶店である。

どれぐらいレアかというと、カフェの中をプラレールが走り回っているぐらいにレアだ。

いや、例え話のように書いたけど、『プラたく』は本当に店内をプラレールが走り回っているカフェなのだ(…と、検索でひっかかった)。
プラレールのレールっぽい青色の看板が目印。
プラレールのレールっぽい青色の看板が目印。
事前にネットで「店内に入るといきなりプラレールがドーン!」みたいな情報を得ていたのだが、実際に店内に入ると、想像以上にプラレールがドーン!だった。
縦横無尽に走るプラレール。とにかく密度が半端では無い。
縦横無尽に走るプラレール。とにかく密度が半端では無い。
たたみ一畳ほどのスペースに組み上げられたレールがみっちり詰まってる。

レールだけでたぶん高さは150cm近い。それが台に乗せて展示されているので、大人でも最上部のレールは見上げてしまうほどだ。
走ってる、走ってるよー、うわー
走ってる、走ってるよー、うわー
しかもこの複雑に入り組んだレールの中をあちこち、隙間をくぐりぬけるように何台も電車が走っているのだ(最大で8編成)。
なんかよく分からないでかい構造物の中を、なんか小さい電車がいっぱい走っているのだ。
アップダウンのあるレイアウトのレールをガー!ゴー!とちょっとしたジェットコースターのような音を立てて走っているのだ。

これは興奮するぞ。初見だと「うわ、すげー、走ってる、走ってるー」と、なんの工夫もない感想しか出てこない。

もし自分が小学生の頃にこの店に来ていたら、きっとテンションおかしくなってレールにダイブしていたかもしれない。大人になってて良かった。
おもわずいろんなアングルで撮りたくなる光景。プラレールかっこいい。
こんなのがあちこちを走り回ってたら、そりゃ興奮もする。
こんなのがあちこちを走り回ってたら、そりゃ興奮もする。
で、荷物も下ろさず10分ぐらいぼーっと走り回るプラレール電車を眺めていたのだが、ふと気がつくと店内のあちこち、というかこのレール群以外のところからも電車が走るゴー!という音がする。

視線を上に向けると、なんと天井すれすれ20cmぐらいのところに店内ぐるりと棚が設けてあり、そこに敷かれた上中下4線のレールにも電車が走っていた。
店内環状線は高架(というか天井)を走ってる。
店内環状線は高架(というか天井)を走ってる。
予想外の天井プラレール。
天井を見たり巨大レール群を見たりとあまりにも興奮していたので忘れていたが、ここはカフェなのだ。

ひとまず落ち着こうと席に座ってメニューを手に取ったら、これが飲食メニューじゃなくて『プラレールのはじめかたメニュー』という一覧表だった。
一番手前の青いメニューを手に取ったら、
一番手前の青いメニューを手に取ったら、
プラレールのコースレイアウト解説シートだった。
プラレールのコースレイアウト解説シートだった。
どこまで徹底しているのか、プラレールカフェ。
(もちろん飲食のメニューもちゃんとある。)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ