ロマンの木曜日 2015年7月16日
 

茨城?埼玉? 洪水と戦う「五霞町」のなぞ

!
茨城県の西のはじに、茨城とは思えない謎の町がある。

その名は「五霞町」(ごかまち)。

ずっと気になっていたこの町の正体を確かめるべく現地におもむき、そのおどろきの歴史を探ってきた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

茨城とつながっていない茨城、「五霞町」

埼玉・茨城の県境付近の地図を見てほしい。
両県のあいだを日本最大の河川、利根川が斜めに流れている。左が埼玉、右が茨城だ。
その間に「五霞町」とあるが、さて県境はどこでしょうか?
こたえ:県境はこの青い線!
なんと、この五霞町だけが茨城なのに、利根川に大きく分断されているのである。
河川入りの地図で見ると、互いに切って貼ったような違和感
河川入りの地図で見ると、互いに切って貼ったような違和感
普通に区切れば、この五霞町はどう見ても埼玉県だろう。なぜこんなことになったのか?

気になった僕はさっそく現地調査に乗り出した。

潜入! ここが五霞町だ!

ぱっと見「普通のいなか町」という感じ。
ぱっと見「普通のいなか町」という感じ。
行き方を調べて驚いたのだが、茨城から五霞町に直接入る道はたった一つ、国道4号バイパスしかないのだ。
この道が唯一の茨城県との直接交流路!
これが開通したのが1987年ということだから、それまで五霞町は茨城と「陸続き」ではなく、隔絶されていたということになる。

なんだそれ! 茨城のモンサンミッシェルってことか!
バスの行先は全て……
バスの行先は全て……
埼玉県内の「南栗橋」駅ゆき。
埼玉県内の「南栗橋」駅ゆき。
それが理由なのだろうか。

町内のバス路線はどれを見ても埼玉県の駅である「南栗橋」(みなみくりはし)か、「幸手」(さって)に向かうものばかりである。茨城とは国交を断絶したかのような無交渉ぶりだ。いよいよもってモンサンミッシェルである。

町役場の中にある銀行は……!

そしてぼくはとうとう、この町が埼玉である決定的な証拠を役場内で発見した。
町の指定金融機関が「武蔵野銀行」!!
町の指定金融機関が「武蔵野銀行」!!
指定金融機関が「武蔵野銀行」、つまり埼玉の地方銀行なのである。これは考えられない!

茨城は「常陽銀行」という地方銀行が非常に強く、帝国とさえ言える県なのだが、その支配を外れて埼玉の銀行が実効支配しているのである。

もはや茨城でありながら「埼玉自治区」と言ってもいい町なのではないだろうか。
茨城なのに事実上埼玉県の町、五霞町。
茨城なのに事実上埼玉県の町、五霞町。
なぜそこまでして茨城に所属しているのか。

手がかりはないかと、川沿いの土手をぶらぶらと歩いていると、一枚の看板が発見された。
む……河川の図が描いてある??
む……河川の図が描いてある??
この図に、なんと五霞町が茨城に編入された経緯を解き明かす秘密が描かれていたのだ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓