フェティッシュの火曜日 2015年7月21日
 

知り合いが奈良でホトケ女子を名乗りはじめた

知り合いが奈良でホトケ女子を名乗りはじめた。仏像のめぐり方教えてください
知り合いが奈良でホトケ女子を名乗りはじめた。仏像のめぐり方教えてください
奈良には大仏にかぎらず仏像やお寺がたくさんある。奈良県の高校に通っていた筆者もたまに大仏を見たりするものの(※)他は特に興味なくすごしていた。

そんな折、知り合いが仏像目当てで奈良に移り住んでホトケ女子を名乗りはじめた。なんだそれは。今までよくわかってなかった仏像の見に行き方、教えてください。

※奈良の高校生がみんな大仏見に行ってるのかは知らない
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます

前の記事:「思わず歓声を上げるほどの旅をしたい」
人気記事:「リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

東京のアニメ制作会社にいた安達さん。米子の映画祭で我々をモーツァルトうどん(記事はこちら)に連れていったりしてくれたが、いまや奈良に住み、食べているのも奈良県の天理スタミナラーメンである。
東京のアニメ制作会社にいた安達さん。米子の映画祭で我々をモーツァルトうどん(記事はこちら)に連れていったりしてくれたが、いまや奈良に住み、食べているのも奈良県の天理スタミナラーメンである。

ホトケ女子ってなんなんですか

元アニメ制作会社にいた安達えみさん。静岡出身の安達さんだが仏像趣味が高じて奈良に住むという夢をかなえてしまった。

――安達さん、ホトケ女子というのはなんですか?

「吉野の仏をめぐるツアーを企画したときに名前をつける必要があって。仏女、仏像ガールというのがすでにあるのでじゃあホトケ女子ですかねと決まり……もう変えたいんですけど」

どういうのに変えたいんですかときくと「さかなクン」という。となると「ほとけチャン」か。死んでそうだな。
ちなみに興福寺境内の休憩所にガイナックス社のサイン入りポスターがあるのは、頼まれて安達さんが手に入れてきたそうだ。このお寺にアニメファンがいる…!!
ちなみに興福寺境内の休憩所にガイナックス社のサイン入りポスターがあるのは、頼まれて安達さんが手に入れてきたそうだ。このお寺にアニメファンがいる…!!

とりあえず興福寺に行け

そんな安達さんに仏像のめぐり方をきくのだが、まず初心者はどこに行ったらいいのだろう?

「興福寺は外せないですね。外せないというより外してはならない。文化財に指定されてる全国の仏像のうちの5分の1は興福寺にあるんです。質も量もすごい」

興福寺って一番良い場所にどかんとあってなんかみんな行ってるな〜と思っていたがそういうことなのか。ここで最初にたくさん拝観して仏像を知るのがいいらしい。

※ぼくは奈良に住んでたわけではないのであまり詳しくない
「むかしは春日大社と一体になっていたのも意外と知られてないですね」奈良以外にどれだけ伝わるかわからないですが、ちょっと驚かせてください。……そうなんだ!!
「むかしは春日大社と一体になっていたのも意外と知られてないですね」奈良以外にどれだけ伝わるかわからないですが、ちょっと驚かせてください。……そうなんだ!!

それでみんな興福寺に行ってたのか!

興福寺で仏像を見るなら国宝館だそうだ。国宝がわんさかあるらしい。

実際、中にあるのはテレビや教科書で見たあれこれ。あ、これが有名なあれか、となるのはフランスでモナリザを生で見るのもたぶん同じような感覚ではないだろうか。いつ木造千手観音菩薩立像の前でフランダースの犬が倒れていてもおかしくはない。まめにチェックしてみよう。
国宝館。お宝だぜ!という山賊気分で見に行こう
国宝館。お宝だぜ!という山賊気分で見に行こう
仏像をめぐって安達さんからいろいろ教えてもらった。これは珍しいとかこの表現がいいとか。しかしそういう視点の前にそもそも知らないことが多すぎた。

まず仏像はいろいろあるということ。みなさま! …残念ながら話はここからなのだ。

・種類がいろいろある

如来、菩薩、明王、天部と仏さまは大きく四種類にわけられるらしい。安達さんによると「如来は"悟っている"んです!」とのこと。「あいつ悟ってるな」という状態は仏さまの世界だともう偉いことのようだ。

・時代によってちがう

仏像は時代の権力者の影響を受けるらしい。貴族文化の平安時代の仏像は「みやび〜!」って感じで武士の鎌倉時代になると「力強い〜!」になる。江戸時代くらいになると出しつくしたのか(そんな仏さまがいたの?)というのまで出てくるらしい。

・お釈迦さまは大体いっしょ

同じ仏さまでもお寺によってちがう。そういうのを見分けるのが楽しいらしい。

ところが一番のメインであるお釈迦さまには三十二相という「こういう形をしている」きまりがあるので仏像もそんなに差がない。

きまりには「全身が金色で光ってる」とか書かれている。他には「手足の指の間に水掻きのような膜がある」とか。泳ぐのめちゃめちゃ速そう……
安達さんが言うには興福寺の瓦にウド鈴木がいるという。これだ。なるほど、あんまり似ていないな……(珍しさをよくわかっていない)
安達さんが言うには興福寺の瓦にウド鈴木がいるという。これだ。なるほど、あんまり似ていないな……(珍しさをよくわかっていない)
他にも「阿弥陀さまとお釈迦さまを見分ける方法は手でOKサインを作ってたら(※1)阿弥陀さまだよ…」とか「千手観音は骸骨とかはたき(※2)とか意外と手にへんなものを持っているよ…」とか「八部衆にはゾウのパーカーを着てる神様がいるよ…」などなど横から天の声(安達さんからの)が聞こえてくるのでおもしろい。

ふむ〜、おもしろい。安達解説のおかげもあるが、背景に膨大な量の情報があるのだろう。検索で調べながら拝観していってもおもしろそうだ。

とりあえずは先に進もう。ここは入り口だ。

※1 印相
※2 はたきに見えるものは払子(ほっす)
取材用の興福寺の腕章を貸してもらって興奮中の安達さん。厚手のフェルトに刺繍がしてあり「やっぱり1000年くらいもたす気なんですよ…!」と、もうホックホクのおいもさん状態だった。胸につけてるのは自作の仏グッズ。仏モチーフの服飾雑貨を作ろうとしてるらしい
取材用の興福寺の腕章を貸してもらって興奮中の安達さん。厚手のフェルトに刺繍がしてあり「やっぱり1000年くらいもたす気なんですよ…!」と、もうホックホクのおいもさん状態だった。胸につけてるのは自作の仏グッズ。仏モチーフの服飾雑貨を作ろうとしてるらしい
取材協力 興福寺

国宝館
9:00〜17:00(入館は16:45まで) 年中無休
大人 (一般・大学生)600円
学生(中学・高校生)500円
小人(小学生)200円

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓