ロマンの木曜日 2015年7月23日
 

ウイスキーは仕込み水で割るとうまい、ではカルピスはどうか?

最高のカルピスをもとめて
最高のカルピスをもとめて
ウイスキーの水割りを作るときにはそのウイスキーが作られた土地の水で割ると格段にうまくなると聞いた。本当だろうか。

だとしたら、同じく水で割る飲み物であるカルピスも工場のある土地の水を使うと美味しくなるのではないだろうか。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。
> 個人サイト Twitter

ウイスキーの親子丼

まずはウイスキーを仕込み水で割るとうまい、という噂を検証したい。

まずウイスキーの産地の水なんてどうやって手に入れるんだという話だが、これは何種類か売られている(スコッチだとハイランドスプリングとかディーサイドとか)。
左が「スペイサイド グレンリベット」。水のくせに瓶入りである
左が「スペイサイド グレンリベット」。水のくせに瓶入りである
「スペイサイド グレンリベット」という水で、その名の通り、スコットランドはスペイサイド地域のリベット川から採取した水である。

つまりこの地域で作られるスコッチウイスキーは、この水を仕込み水として作られていると言っていい。写真右に並んでるウイスキー、ザ・グレンリベットもそうだ。

ゆえに相性もいいということなのだが。
ラベルの裏面に模様が。かっこいい
ラベルの裏面に模様が。かっこいい
水にこだわるなんてこまっしゃくれている気もするが、元と結果を混ぜてうまいというのだから、きっと親子丼みたいなものだ。

はじめて親子丼をつくった人も興奮したはず(鳥と卵混ぜるなんて「人は神にでもなったつもりか!」と思ったはず)。そのドキドキを追体験する意気込みだ。

3種類の水で比較

グレンリベットの水、南アルプスの天然水、うちの水。
グレンリベットの水、南アルプスの天然水、うちの水。
グレンリベットの水(スペイサイド〜は長いからこう呼ぶ)はミネラル成分の少ない軟水である。

ここで比較対象としてエビアンなどの硬水をもってきて「味が違いました!」などと言ってもしょうがないので、同じく軟水の「南アルプスの天然水」と「うちの水道水」を用意した。

ザ・グレンリベットと常温の水とを1:1で混ぜて味を比べる。
見た目と匂いは変わらず
見た目と匂いは変わらず
見た目と香りは…変わらないようだ。

味はどうか。
うまいよ
うまいよ
うまい。どれもうまいことには変わりないのだが、比べるとグレンリベットの水の水割りは、アルコールのぴりっとした刺激が少ないようだ。

他の水も水の量を増やせば刺激が収まるが、それだとスコッチの風味が薄まってしまう。僅差ではあるが明らかだ。これが仕込み水との相性と言ったところか。なるほどこれが、といった思いだ。

日本のウイスキーだったらどうか

スペイサイド産のスコッチの相性はわかった。では日本のウイスキーと日本の水ではどうか。グレンリベットの水がすごいというだけかもしれない。

ここで取水地が同じらしい「南アルプスの天然水」と「白州」の組み合わせを試したい。
普通のボトルを買う勇気は出なかった
普通のボトルを買う勇気は出なかった
白州は700mlのボトルで買うと結構するので恥ずかしながらのミニチュアボトルを用意。

50mlしかないので水道水を入れるのはやめて、グレンリベットの水と南アルプスの天然水と割って比較する。
12年ものである。半々にわける
12年ものである。半々にわける
人間で言えば小6人間で言えば小6
人間で言えば小6人間で言えば小6
小6…
小6…
飲んでみる。これもうまい。

さっきのスコッチと比べると両者にあまり違いは感じない。が、しいて言えば南アルプスの天然水を使ったほうが白州独特の酸味がまろやかになっている。

つまりスコッチも日本のウイスキーも、仕込み水を使って割ると尖ったところが少なくなるということでよさそうだ。
Q. ウイスキーを仕込み水で割ると美味しくなるか

A.おいしくなる

カルピスだったらどうか

そしてこれ
そしてこれ
そしてカルピスである。

ウイスキーと同じように、カルピスも仕込み水を使って希釈したら美味しくなるのだろうか。やってみたい。

問題は仕込み水だ。そんなものあるのか。

あるのである。並んでいるのがそれだ。
あった。
あった。
いろいろあって手に入れたこの水。まずはその道のりをお伝えしたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓