ちしきの金曜日 2015年7月31日
 

「すみ切り」を愛でる

こういう風に角がすぱっと切り取られている建物を愛でていたら、とある謎に。
こういう風に角がすぱっと切り取られている建物を愛でていたら、とある謎に。
道が曲がっている部分に面している建物は、しばしばその角が切り落とされたようになっている。専門用語ではこれを「すみ切り」という。隅を切るから「すみ切り」だ。

以前からこのすみ切りが気になっていた。いろいろな「すみ切られ方」があって、じっくり見ていくと楽しいのだ。楽しいんです。

で、楽しいなあ、と思いながらとあるエリアのすみ切りを見ていたら、不思議なことに気がついたのでその話をします。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

「すみ切り」とは

敷地が面する道路の幅ですみ切ることが法律で決まっている。
敷地が面する道路の幅ですみ切ることが法律で決まっている。
まず「すみ切り」とは何か。土地が角地にあるときで、面する道路の幅が6m未満(地方自治体によってこの幅の条件はいろいろ)の場合は敷地の角の一定部分には建築物などを建ててはいけない、というもの。現在は建物がある場合でも、建て替えのときにはこれに従わなくてはならない、とされている。

細かいことを言うと色々あるんだけど、とりあえずそういうものです。

「すみ切り」いろいろ

で、いろいろな「すみ切り」を見ていこう。
こういういかにも「すみを切りました!」って感じの、いい。
こういういかにも「すみを切りました!」って感じの、いい。
一方、せっかくなのですみ切り部分を窓にしたりガレージにしたりしている物件も、もちろんいい。
一方、せっかくなのですみ切り部分を窓にしたりガレージにしたりしている物件も、もちろんいい。
すみ切り部分に階段を配置するという妙。あまつさえその階段下部分を入り口に。ナイスすみ切り!
すみ切り部分に階段を配置するという妙。あまつさえその階段下部分を入り口に。ナイスすみ切り!
こういう感じだ。

まあ、こんな建物どこにでもあるけど、それだけにみんなあんまり気にしていないのではないか。

とはいえ、建物のオーナーと設計する人は気を使っている。その気の使い方や程度にもいろいろあって、それが結果的に見応えのあるものになっている。と、思う。

漫然と見ていくだけでも面白いのだが(ぼくにとっては)、分かりやすくするためパターン化してみよう。

「すみ切り意識ビル」

やはりぼくとしては、せっかくのすみ切りなので、それを建物のデザインに反映してほしいと思うのだ。

以下は良い感じにすみ切ったビルの例だ。
すみ切りを無駄にしないビルデザイン。いつかぼくもすみ切る機会があったら参考にしたい作品たち。特に右下のもの、ちょうすてき。
「これが……良い例なの?」とはやくも困惑させているかもしれない。良い例なんです、これが。

「何がそんなに良いのかもっと具体的に!」と言われると困っちゃうが、とにかく「すみ切りから逃げていない」という点に胸が熱くなるのだ。なるんです。

もちろんビルじゃなくてもすてき

上でご覧いただいたのはいずれもビルだが、いわゆる戸建て住宅でもすみ切っているものはたくさんある。

もしぼくがすみ切り住宅を手に入れることになったら参考にしたい、という作品が以下だ。
いずれも住みきり部分に門を配置した堂々たるすみ切り住宅。
前述のビルと同様、せっかくのすみ切りならば、そこを家の正面にしてしまおう、という感じの心意気がかっこいい。「すみ切りには、門を」を提唱したい。
門ではなく、直に玄関。おそらく元の敷地が分割され、それぞれにめいっぱい新築が建てられ、なんだか複雑なことになっちゃってるが、こういうのもいい。
門ではなく、直に玄関。おそらく元の敷地が分割され、それぞれにめいっぱい新築が建てられ、なんだか複雑なことになっちゃってるが、こういうのもいい。
門じゃないけど、こういうのもいいな、と思う。
なんなら塀でもいい。そう、結局たいていのすみ切りは、いい。
今回あらためてじっくりすみ切りを見て回った結果、こと住宅に関して言えば、すみ切りはただすみ切りだというだけでぼくは愛せる、ということが分かった。

もちろん「すみ切り門」は最高だ。しかし「すみ切り塀」もいい。

住宅はプライベートなものなので、店舗などに比べると「立ち入り禁止」をはっきり示す。塀はその最たるものだ。結果として「すみ切り感」が強くなる。だから良いなあ、と思うのだと思う。

1ページ目にしてはやくももはや何を言っているのかわからなくなってきていると思うが、続けます。

店舗のすみ切りも、いいのよ。「不思議なことに気がついた」についてはその後に申し上げます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓