ひらめきの月曜日 2015年8月3日
 

大阪にはシチューうどんがある!

大阪のシチューうどんは、まさかの味でした。
大阪のシチューうどんは、まさかの味でした。
やたらと安い居酒屋とか、しみったれた飲み方に詳しい大阪在住のスズキナオさんという友人から、「大阪にはシチューうどんがあるんやで〜」という情報を教えてもらった。彼は東京育ちなので本当は標準語だったが。

カレーうどんなら知っているが、シチューうどんというのは初めて聞くような気がするので、ナオさんに案内してもらって食べてきたのだが、それはほとんどの人の想像を裏切るであろう食べ物だった。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「京都・嵐山のボートを漕いで辿りつく天国のような茶屋」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

『シチューうどん』を求めて大阪へ

案内人のナオさんによると、シチューうどんを出す店は大阪に2軒あるらしい。1軒だけなら『個性』ですませられるが、2軒あると『地域性』と呼べる共通点があるかもしれない。

まずやってきたのは、通天閣や天王寺動物園の近くにある『あづま食堂』。新世界と呼ばれるこのエリアのネーミングと、シチューうどんという正体不明の食べ物という組み合わせに心が躍る。
『あずま』じゃなくて、あくまで『あづま』なんですね。指をさしているのが案内役のナオさん。
『あずま』じゃなくて、あくまで『あづま』なんですね。指をさしているのが案内役のナオさん。
この店は2014年10月から改装工事をしていて、リニューアルでシチューうどんがどうなるのかと危惧されたそうだが、ファンの期待を裏切ることなく、看板メニューとして堂々と残ってくれたそうだ。
赤字で書かれたシチューの文字。なぜこの並びにシチューが。
赤字で書かれたシチューの文字。なぜこの並びにシチューが。
看板には『名物シチューうどん』と書かれている。まさに看板メニューのようだ。
看板には『名物シチューうどん』と書かれている。まさに看板メニューのようだ。

まずはシチューうどんを想像して楽しもう

ナオさんの情報によると、以前はテーブル席もあって飲み屋寄りの食堂だったそうだが、新しくなった店内はカウンター席だけとなっている。

冷蔵庫に入ったセルフサービスの小鉢は、ご飯のおかずにもなり、酒のつまみにもなるのだろう。勝手な思いなのはわかっているが、一度は前の店舗でシチューうどんとやらを食べてみたかった。
あの冷蔵庫の扉を開けて一杯やりたいが今日は我慢だ。
あの冷蔵庫の扉を開けて一杯やりたいが今日は我慢だ。
注文するものはシチューうどんの一択だが、この店におけるシチューうどんのポジショニングを確認するために、メニューを確認してみようではないか。

ここではカレーは丼物の隣だが、シチューはめしと味噌汁に挟まれている。なるほど、そういう感じね。

そして下の段に目を移すと、カレーうどんの隣に並ぶシチューうどん。ふむふむ。
左上の『玉吸』ってなんだろうと調べたら、お吸い物に卵を浮かべたものらしい。『たますい』ではなく『ぎょくすい』。
左上の『玉吸』ってなんだろうと調べたら、お吸い物に卵を浮かべたものらしい。『たますい』ではなく『ぎょくすい』。
これらの情報から察するところ、そば屋のダシ汁でルーを溶いた、和風のシチューといったところだろうか。カレーうどんのシチュー版である。

問題は白いクリームシチューなのか、茶色いビーフシチューなのかだが、カレーうどんとの対比を考えるとクリームシチューなんだろうな。きっとグリーンピースが乗っているに違いない。

となると、具は親子丼からコンバートされた鶏肉とタマネギあたりだろうか。
「まあ頼んでみればわかるよ」と、余裕でビールを継ぐナオさん。
「まあ頼んでみればわかるよ」と、余裕でビールを継ぐナオさん。
私はシチューうどんを注文したのだが、ナオさんはシチュー単品を頼んで、それをビールのつまみにするそうだ。

ははーん、ビールのつまみになるシチューとなると、ビーフシチューの方かもしれない。わかった、メニューにある豚汁をベースに、味噌の代わりにビーフシチューのルーを入れたものだ!

……こういうどうでもいい予想をしながらのビールが最高にうまいのよ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓