はっけんの水曜日 2015年8月5日
 

暑くてカラシ豆腐しか食べる気にならない

これがカラシ豆腐だ。
これがカラシ豆腐だ。
最近暑い日が続いていますが、どう?夏バテしてる!?

わたしゃあもう、もう完全に無理。完全にもう食欲なくて豆腐くらいしか、カラシ豆腐しか食べる気にならない。

そう、カラシ豆腐ならイケる。俺の生活の支え。赤ちゃんにとってのミルク的なことになっているカラシ豆腐についてどうぞご覧ください。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:「名古屋の麺事情が柔軟すぎて、うちゅう」
人気記事:「日本一貧乏な水族館」

> 個人サイト owariyoshiaki.com

謎の存在カラシ豆腐

からしとうふ…?
からしとうふ…?
名古屋に引っ越してきて、豆腐売り場に初めて見るものがあった。からしとうふ。カラシが練りこまれているのか、それは美味いのか。気になって買ってみた。
バニラ青のり、みたいな見た目。
バニラ青のり、みたいな見た目。
開けてみるとサーティーワンのアイスクリームみたいな形状で特に辛そうな香りなどは無し。
結構な量入ってますな。
結構な量入ってますな。
割ってみると、中にガッツリとカラシが入っている。生地というか、豆腐自体は普通に豆腐。薬味というか、風味付けなのだろうか。

食べてみるとサッパリとした豆腐に、予想以上にガッツリなカラシがッツッーンッ!!と来る。周りの気温に溶け出しそうな自分の体が、感覚が、ガツーンとやられて、直後輪郭がハッキリしてくる、目が覚める。

この完全に夏、夏の味ってカンジがするのに、暑さを無くせる食べ物。良い…、良いぞ、カラシ豆腐…ッ!!

カラシ豆腐の名産地へ

夏前に存在を知ったカラシ豆腐、夏になるとそればかりを食べるようになった。カラシ豆腐を…、もっと、カラシ豆腐を…。求めるがゆえに名物を産んだ地に行きたいと思った。
岐阜駅予想よりもデカイ。
岐阜駅予想よりもデカイ。
そして辿り着いた岐阜。デカイ、暑い。岐阜。サイコーのカラシ豆腐に会えるだろうか。
岐阜名物をいっぱい売ってるお店だぞ!
岐阜名物をいっぱい売ってるお店だぞ!
銘菓 オグリキャップ…!?
銘菓 オグリキャップ…!?
まずは駅の中を見てみる。岐阜名物を売る店がある。ならばカラシ豆腐が!と思ったけれども、オグリキャップしか見当たらなかった。笠松(岐阜県)競馬のスターとはいえ、僕より年下で銘菓になるってオグリキャップの凄さがすごい。

名物だけど食べられるところはほぼないらしい!?

とりあえずは情報収集。どこかおいしいカラシ豆腐のお店がないか、観光案内所で聞いてみる。
鵜飼も有名。カラシ豆腐は鵜が鮎を飲み込んでいる時を表しているという説もある(ウソ)。
鵜飼も有名。カラシ豆腐は鵜が鮎を飲み込んでいる時を表しているという説もある(ウソ)。
僕「スミマセン、カラシ豆腐が食べたいんですけれど」

案内所の人「あぁ〜カラシ豆腐、名物ですもんね。そこら辺のスーパーにあると思いますよ」

僕「えっ、スーパー…?どこかカラシ豆腐で有名なお店とかないんですか…?」

案内所の人「えっ…?そんなのあるのかしら?みんな家で食べるもんやでねぇ…」

予想外の展開…。名物ならばどこにでもあるだろうと思っていたら、まさかの来客は現地で食べられないというカラシ豆腐。


僕「じゃ、じゃあ、定食屋さんで冷奴に薬味でカラシ付いてたり、ってことはありませんか?」

案内所の人「ええ〜!?冷奴にはカラシはつけんでしょう?」

何を妙なことを言ってるんだ…?みたいなリアクション。


カラシが入ってる豆腐は好きなのに冷奴にカラシつけるのは「ナシ」らしい。何なんだ、その複雑な心理は。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓