広告企画♪ 2015年8月19日
 

お化けのいっさい出てこない「大人のお化け屋敷」

大人にはお化けよりも怖いものがあるのだ。
大人にはお化けよりも怖いものがあるのだ。
夏のアトラクションといえばお化け屋敷だが、あれって結局お化けの格好をした人がおどかしているだけだろう。

大人になるとお化けよりももっと怖いものが出てくるものである。今回はリアルに大人が怖がるお化け屋敷を作ったのでぜひとも震え上がってほしい。

キティちゃんがいる理由はあとで説明します。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

メイキング・オブお化け屋敷

夏のアトラクションといえばお化け屋敷だと思うが、あれって言ってしまえば人がお化けのふりをして怖がらせているのだ。タネを知ってしまえば怖くない。

と、富士急ハイランドの戦慄迷宮でお化けに一人も出会わないうちからリタイヤした僕がいうのも説得力ないが、大人はもっとリアリティのある怖さを求めているんじゃないか。

そういうコンセプトで今回は大人が怖がる「大人のお化け屋敷」を作った。最初に言っておくがお化けは一切でないのでお化けが苦手なあなたも安心して読んでください。
会社の会議室をお化け屋敷化した。
会社の会議室をお化け屋敷化した。

大人調査とキティちゃん

今回、ところどころにキティちゃんが登場するのは、サンリオが「大人」の実体についての調査を依頼してきたことに端を発する。大人もキャラクターに癒やされるのか、怖いと可愛いはどちらが勝つのか。なんだかわかんないけどいいですよ、と気軽に引き受けたら本物のキティちゃんがやって来たのだ。

この大人の事情をすべて詰め込んだような企画、うまくいかなかったらどうすんだ、という点も怖さの一つとして注目してほしい。

お化け屋敷の外装を会社で作る

今回の企画は何もないところにお化け屋敷を作るところから始まる。

テレビだと専門の大道具さんがちゃちゃっと作ってくれるんじゃないかと思うが、我々にそんな近道はない。思いついたものは自分で作る、そうやって育ってきた。

たとえそれが撮影二日前だとしても、だ(最初に直面した怖さ)。
たとえそれが撮影二日前だとしても、だ(最初に直面した怖さ)。
会社の打ち合わせスペースで布に赤いペンキで血しぶきを付けていたところ、先輩社員がやってきた。
「安藤くん、こういうことするときは下に紙敷なよ。」
「安藤くん、こういうことするときは下に紙敷なよ。」
先輩の気づかいである。ありがとうございます。大人になると人の優しさや気づかいにも怖さが混じるのはなぜだろう。

この後も大人を怖がらせるアトラクションを作っていたはずの自分に次々と恐怖が襲いかかる。
美大卒の同僚に手伝ってもらったんだけど
美大卒の同僚に手伝ってもらったんだけど
先輩が敷いてくれた紙を無視したパフォーマンスを見せたり。
先輩が敷いてくれた紙を無視したパフォーマンスを見せたり。
スカートにおもいっきりペンキがたれたり。
スカートにおもいっきりペンキがたれたり。
まさかと思っていっかい布をめくってみたら
ペンキが布を貫通してそのまま床がペイントされていたりした。
ペンキが布を貫通してそのまま床がペイントされていたりした。
そんなこんなで現場は惨状と化した。
これ総務部とかに見つかったらすごい叱られるんだろうな。
これ総務部とかに見つかったらすごい叱られるんだろうな。
なにしろ撮影は二日後である。

こういうプレッシャーは嫌いじゃないが、夜中に変な夢を見て何度か起きるくらいは追い詰められた。今回の企画、自分で考えておきながら自分を一番に怖がらせているんじゃないかと思う。誰得、という言葉があるが、完全におれ損である。

そんなことを遠くで考えながらも作業は進み、二日後の撮影の日がやってきた。
完成しました。
完成しました。
暗幕の他にも人の調整とか資材の発着手続きとか、大人のお化け屋敷の運営には主に事務スキルを試されたのだが、そのあたりの説明は想像にお任せします。
社内の会議室を一室借りたので隣では思いっきりふつうに商談が行われているのも怖い。
社内の会議室を一室借りたので隣では思いっきりふつうに商談が行われているのも怖い。

キティちゃんが来た!

そして本日の主役、キティちゃん到着である。
わー、キティちゃんゆかた着てるー。
わー、キティちゃんゆかた着てるー。
かわいー。
かわいー。
僕はキティちゃんに会うのは初めてなのだけれど、思わず(かわいい)と声に出てしまうくらいかわいい。

なにがって控室から出た瞬間、すでに所作がキティちゃんなのだ。うっかりスタッフ的ノリで「今日はよろしくお願いします。」って挨拶したら

(ぺこり)

とひざを曲げて可愛く頭を下げるポーズをとってくれた。この二日の恐怖がすべてふっとんだ瞬間である。

準備は整った。いよいよ大人のお化け屋敷の開幕だ。

怖がる大人を癒してほしい。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ