ロマンの木曜日 2015年8月13日
 

どこまでも簡単に作る、海南チキンライス

!
海南チキンライス……、鶏のスープで炊き上げた日本でも大人気の東南アジア料理だ。

意外と面倒なこの料理をどこまで簡単に作れるか、レシピを極限までそぎ落してみた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

またの名を「海南鶏飯」「カオマンガイ」

アジアの屋台で食らいつく海南チキンライスほどうまいものは無い。
屋台で丸売りされる丸鶏。ザッツ・アジア! イッツ・エィジア!
屋台で丸売りされる丸鶏。ザッツ・アジア! イッツ・エィジア!
鶏ガラの香るご飯に、ぶつ切りの骨付き肉を添えて運ばれてくる。器はもちろん粗末な銀皿だ。

あれだけを喰うために渡航してもいいほどだが、実際そうもいかない僕らはどうしたらいいのか。作るしかないだろう。

というわけでまず本格的に海南チキンライスを自作してみた。
材料:鶏ガラ、モモ肉、ネギの葉、しょうが、にんにく
材料:鶏ガラ、モモ肉、ネギの葉、しょうが、にんにく
本格レシピに登場するこれらの材料をでかい鍋でぐつぐつ煮込んで思う存分鶏スープを取る。
家じゅうにふくらむ東南アジアへの夢と香り。
家じゅうにふくらむ東南アジアへの夢と香り。
塩を加え1時間。スープがとれたら肉とスープを別に分けて冷ましておく。次に大事なのはこれだ。
甘辛チリソースとジャスミンライス
甘辛チリソースとジャスミンライス
ジャスミンライスは、いわゆる「タイ米」の高級種。ちょっと気の利いたスーパーだったら難なく買うことができる。

この香りと食感が海南チキンライスに欠かせない。
目盛通りにジャスミンライスと鶏スープをセットし……
目盛通りにジャスミンライスと鶏スープをセットし……
炊き上がり!! 金色に光る細長いコメがまぶしい!
炊き上がり!! 金色に光る細長いコメがまぶしい!
鶏とジャスミンライスの香りが炊飯器から吹き出し、ナイトマーケットの熱気が家の中を駆け巡る。

やばいアジアなのか。ここはクアラルンプールか。ハノイか。

季節風も冬風から夏風になるうまさ!

全工程3時間! 本格系・海南チキンライスのできあがり!
全工程3時間! 本格系・海南チキンライスのできあがり!
やわらか〜く煮込まれた鶏肉と一緒に食っちゃうぜ!
やわらか〜く煮込まれた鶏肉と一緒に食っちゃうぜ!
うまい! うますぎる!

ジャスミンライスの香ばしさと鶏ガラのうまみの相性がばつぐん!
野菜の甘みと香りが一体となってのどを通り抜け、肉・ライス・肉・ライスのリピートが止まらない!
海南島からの季節風が嵐のように俺の体をシンガポールまで駆け抜けていくぜ!!
このうまさはタイの首都バンコクまで熱波となって届くぜ!!
このうまさはタイの首都バンコクまで熱波となって届くぜ!!
最高だ。やっぱり海南チキンライスは、こう、熱く肉と飯をかっ食らうものだろう。(都内の店で高級っぽく出てくる海南チキンライスになじめない)

しかしこの3時間以上かかる手間をどうにかスリム化して、同じ興奮を味わうことはできないものか。まずは第1スリム化として、この材料で挑戦してみた。
材料、いっきに半減
材料、いっきに半減

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓