ロマンの木曜日 2015年8月13日
 

リアルタイム地球儀をつくる

部屋に地球が出現した
部屋に地球が出現した
ひまわり8号という新しい衛星が、リアルタイムに地球の画像を送ってくるようになった。

じゃあその画像を球体に投影すれば、リアルタイム地球儀になるんじゃないか?

ということで、やってみた。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。
> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

リアルタイムな地球儀をつくりたい

ひまわり8号は約10分ごとに地球の画像を送信してくる。

それをもとに、リアルタイムできれいな地球画像が見られる「ひまわり8号リアルタイムWeb」という素晴らしすぎるアプリケーションを、NICT(国立研究開発法人 情報通信研究機構)が公開した。
「ひまわり8号リアルタイムWeb」の画面はこんなふうです
「ひまわり8号リアルタイムWeb」の画面はこんなふうです
リアルタイムな地球儀を作りたいと思ったのは、これを見た知り合いがこういうことを言ったからだ。
地球儀ってふつう、固定された地図が書いてあるだけだ。

それと違い、つねに現時点の地球が映っているリアルタイム地球儀があったらどんなに素敵だろう。

これはぜひ作ってみたい。

そこで、まずは東急ハンズで半球形の白い発泡スチロールを買ってきた。
発泡スチロール
発泡スチロール
これを壁に貼り付ける。
ぺたっとな
ぺたっとな
そしてパソコンにつなげたプロジェクターで、地球の画像を投影すると…。
地球が浮かび上がった。(元となる画像はひまわり8号が最初に撮影した地球です)
地球が浮かび上がった。(元となる画像はひまわり8号が最初に撮影した地球です)
そこに浮かび上がったのは、予想以上に地球だった。部屋のなかが急に宇宙になった。

では、いよいよリアルタイムの地球を投影してみよう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ