はっけんの水曜日 2015年8月19日
 

コピーの型を覚えれば本当にコピーを書けるようになるのか?

不安な出だし。
不安な出だし。
物を売らなければ生活していけない。僕の場合、主に自作のスマホアプリを売らなければならないので、その為のコピーを考えることが多い。個人だと開発からPRまで全部自分の仕事なのだ。

こういう時、自己流だと効率が悪い。コピーライティングってのはもう100年以上の歴史があるわけで、先人達の知恵が蓄積されているはずで、それを利用しない手はない。

付け焼き刃で勉強してコピーを考えてみました。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。
> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

「売る」コピー39の型

何事も型から入るのが大事である。本屋に出かけたら、ちょうどそういうタイトルの本があったので買ってきた。

売るためのコピーを39の型として紹介していてわかりやすい。
このタイトルや帯にもコピーライティングの手法がちりばめられている。
このタイトルや帯にもコピーライティングの手法がちりばめられている。
そんなに厚い本でもないし、文章が軽妙なのでサクサク読める。読んだら早速実践してみよう。

まずはしょう油差しで練習といこう。
液だれしないしょう油差し。お気に入り。
液だれしないしょう油差し。お気に入り。
まず大事なのは商品をよく知ることだそうだ。このしょう油差しはもう15年以上使っているお気に入りなのでよく知っている。知り尽くしている。

このしょう油差しは液だれを一切しないのだ。下の写真の様なよくあるしょう油差しは、注ぎ口やキャップの継ぎ目から漏れることがあるが、そういうのが一切ない。
ダダ漏れと言っていいくらい漏れるやつ。
ダダ漏れと言っていいくらい漏れるやつ。
その辺をコピーにしてみる。

『見込み客の了見を試してみる』

件の本に載っている、コピーの型23『見込み客の了見を試してみる』を使うと、こんなコピーになる気がする。
挑発系のコピー。嫌味である。
挑発系のコピー。嫌味である。
ちょっと挑発的に感情を逆撫でしてみると良いそうだ。ホントかよって気もする。

『損をしていると気付かせる』

次は『損をしていると気付かせる』を使ってみる。人は損に敏感で、100円得した事はすぐ忘れるけど100円損した事はいつまでも覚えている。セコイがそういう生き物なので、そこを突く。
実際に肉じゃがを作れるくらい漏れるのかは知らないけど。
実際に肉じゃがを作れるくらい漏れるのかは知らないけど。
よく探せば、「もったない」とか「損してますよ」っていうメッセージを込めたコピーは世の中に溢れている(僕もよく使う)。

『わかりやすく圧縮して訴求する』

コピーは短い方が伝わりやすい。名コピーと呼ばれるコピーは大体短いし、多く人は長いコピーや説明を読んでくれるほど暇じゃないのだ。
あのテーブルに残る茶色い輪っかが本当に嫌でねぇ。
あのテーブルに残る茶色い輪っかが本当に嫌でねぇ。

『ネガティブな事実を突きつける』

匂い関係のコピーは大体えげつないが、日本人は匂いに敏感なのでよく効く。

そこでこういうコピーを突きつける。
しょう油くさいって言う人はそんなにいないと思うけど。
しょう油くさいって言う人はそんなにいないと思うけど。

『うれしい姿を妄想させる』

コピーとか宣伝ってのは物語で、今の時代は商品ではなくシチュエーションを売ってるわけです。その商品を手に入れたらこういう生活が待っている、という想像をさせると効きます。
「ママ友」を「友人」にしてもいいけど、よりターゲットを絞る意味でママ友にしてみた。
「ママ友」を「友人」にしてもいいけど、よりターゲットを絞る意味でママ友にしてみた。
この辺のコピーは本に載っている型を応用すれば誰でも書ける気がする。30分くらいでこのくらいは書けるだろう。

次のページではおよそ商品ではないもののコピーを考えていきたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓