ひらめきの月曜日 2015年8月24日
 

冷凍うどんのようなツルツル、モチモチの麺を作る方法

冷凍うどん。これと同じ食感のうどんを作ります。冷凍保存も可能です。
冷凍うどん。これと同じ食感のうどんを作ります。冷凍保存も可能です。
サッと茹でたり、電子レンジで加熱したりすれば食べられる冷凍うどん。手軽で、便利な、美味しいうどんです。

食べたことがある方ならばご存知のとおり、冷凍うどんはツルッとした滑らかさと、モチモチとした弾力のある食感が特徴的です。

実は、このような食感にするにはある秘密があります。家庭でも実現可能です。
1972年生まれ。元機械設計屋の工業製造業系ライター。普段は工業、製造業関係、テクノロジー全般の記事を多く書いています。元プロボクサーでウルトラマラソンを走ります。日本酒利き酒師の資格があり、ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しているので、体力実践系、各種料理、日本酒関係の記事も多く書いています。

前の記事:「サトウキビから砂糖を作る」
人気記事:「仮面ライダー2号、一文字隼人に会える店 」

> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 工業製造業系ライター 馬場吉成 website

材料に秘密あり

市販の冷凍うどんは袋から出すとこんな感じになっています。
カッチカチに凍っている。でも解凍すればツルツル、モチモチ麺。
カッチカチに凍っている。でも解凍すればツルツル、モチモチ麺。
ひとかたまりに凍っている麺を熱湯で1分程度茹でるか、電子レンジで加熱すれば食べられます。
簡単にツルツル、モチモチのうどんが食べられる。普通の麺を一度冷凍して戻してもなかなかこうはならない。
簡単にツルツル、モチモチのうどんが食べられる。普通の麺を一度冷凍して戻してもなかなかこうはならない。
初めて食べた時には、「冷凍なのに食感とか本格的で美味しい!」と驚いたものです。
冷凍うどんは全体的に白く、表面がやや透き通った感じ。 
冷凍うどんは全体的に白く、表面がやや透き通った感じ。 
この一度冷凍しているのにツルツル、モチモチとした冷凍うどんの食感。冷凍技術の向上というのもあるのですが、もう一つ大きな理由があります。

それがこちら。
「加工でん粉」と書かれていることもあります。
「加工でん粉」と書かれていることもあります。
通常、うどんを打つ際には小麦と塩と水で作りますが、冷凍うどんにはもう一つ、タピオカ粉が入っています。

タピオカ粉はキャッサバという熱帯地域で多く生産されている芋からとれるでん粉。丸い粒状になったものが入ったジュースやゼリーを見たことがある人も多いかと思います。
製菓材料店などで買えます。
製菓材料店などで買えます。
このタピオカ粉は透明度が高く冷えても固まりにくい、粘り気が少ないなどの特徴があります。こういった特徴を用いて冷凍うどんのツルツル、モチモチとした食感を出すのです。うどんの他、モチモチした食感のドーナツなどにも使われています。

熱帯の植物から作られるものですが、モッチリ好きの日本人には割と身近な存在なのです。

家庭でも作れます

中力粉が無かったので薄力粉と強力粉をブレンドして使用。
中力粉が無かったので薄力粉と強力粉をブレンドして使用。
冷凍うどんのようなツルツル、モチモチのうどんは家庭でも作る事が出来ます。

材料は、小麦粉、水、塩、タピオカ粉。タピオカ粉は製菓材料店などで入手可能です。アマゾンなどでも買えます。

では、実際に作ってみます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓