ひらめきの月曜日 2015年8月24日
 

食べられる雑草の最高峰「スベリヒユ」

このスベリヒユという雑草、食べられるらしいですよ。
このスベリヒユという雑草、食べられるらしいですよ。
友人から「スベリヒユ」という雑草が食べられるという話を聞いた。それは聞いたことの無い名前だが、見覚えはある雑草だった。

試しに料理してみたのだが、収穫の容易さ、下ごしらえの手間の無さ、そして肝心の味の良さ、すべての面で雑草としては最高峰かもしれない。

ただし、好き嫌いのある味かもしれません。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「30種類を食べ比べ!変わりそうめん総選挙」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

スベリヒユという雑草がうまいらしい

7月に佐渡島を旅行している時に、友人から「現代人はスベリヒユを食べるべきだ!タダだよ!タダ!」という話を聞いた。

まったく聞いたことのない名前の草だが、その辺の畑にいくと、雑草としてモリモリ生えていて、なかなかうまいらしいのだ。

ただ佐渡の人は畑に植えた野菜を食べるので、勝手に生えてくるスベリヒユには見向きもしないそうだが。
「スベリヒユ、食わないとだめだって!」と熱く語る友人。手に持っているのは鶏肉。
「スベリヒユ、食わないとだめだって!」と熱く語る友人。手に持っているのは鶏肉。
なんでも、なんやかんや体に良いと評判のω-3脂肪酸(オメガスリーシボウサン)を含んでいるらしく、トルコやギリシャなどでは一般的な食材とのこと。

健康面での話はまあ置いておいても、その辺に生えている雑草がおいしく食べられるというのは興味深い話なので、ちょっと試してみることにした。
こちらは友人にスベリヒユを教えた仙人みたいな方。釜で作っているのは塩。
こちらは友人にスベリヒユを教えた仙人みたいな方。釜で作っているのは塩。

モリモリと生えているスベリヒユ

スベリヒユの話を滞在先のおかあさんに話したところ、それなら畑にいくらでも生えているから、全部持って行ってくれといわれた。
家の近くでやっている家庭菜園の畑に、山ほど生えているらしい。
家の近くでやっている家庭菜園の畑に、山ほど生えているらしい。
おかあさんに案内をしてもらった場所には、なるほど山ほど生えていた。

スベリヒユという名前は聞いたことがなかったけれど、その姿には見覚えがある。これって佐渡だけでなく、どこにでも生えている雑草じゃないか。
地面を覆うように生えているのがスベリヒユだそうです。
地面を覆うように生えているのがスベリヒユだそうです。
ほらこの草、見覚えがないですか?
ほらこの草、見覚えがないですか?
これだけたくさん生えているので、バケツ一杯分を収穫するのも一瞬である。

野草でも山菜でも、おいしく食べられるものは苦労して見つけるものなのだが、スベリヒユはその辺で引っこ抜くだけだ。

これで本当に美味しかったら凄い話なのだが、さてどうだろう。
その存在を知ると、どこにでも生えていることに気が付くよ。これは奈良県の道路脇。
その存在を知ると、どこにでも生えていることに気が付くよ。これは奈良県の道路脇。
これなんてコンクリートの隙間からこんにちはですよ。
これなんてコンクリートの隙間からこんにちはですよ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓