広告企画♪ 2015年9月10日
 

バクをアップで撮る

なんで?
なんで?
訳あってこの夏はずっとバクの写真を撮っていた。

その理由と得られた成果について、すこしだけ報告させてください。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

2015年の夏はバクを撮っていました

これを読んでいるみなさんはこの夏をどう過ごしたのだろうか。

海に行った人もいるだろう、山に行った人もいるだろう。海外に出かけた人もいるかもしれない。

そんな楽しかった夏もいつのまにかピークを過ぎ、秋の気配が感じられる今日このごろ、そろそろ聞いてほしいことがあるのだ。

僕はこの夏、ずっとバクの写真を撮っていた。

撮りためた写真を使って弊社デザイナーに無理を言ってサイトまで作った。
日本初のバクのアップ写真の専門サイトだと自負しています。
日本初のバクのアップ写真の専門サイトだと自負しています。
これが僕の今年の夏の思い出である。

「バックアップ」と言いたかった

順を追って説明しよう。

アクロニスという会社がある。
ものすごくちゃんとした会社である。
ものすごくちゃんとした会社である。
アクロニスはバックアップのソフトウェアを販売している会社である。みなさん、バックアップとっていますか?アクロニスならパソコンもスマホも一括でバックアップとれるみたいですよ。

そんなちゃんとした会社が「バックアップ」という言葉をもっと流行らせたい、ということでわれわれに相談をしてきたのだ。季節が春から夏に変わろうとしていた頃の話である。

太陽の季節の訪れにテンションの上がった僕は、アクロニスの会議室で先方の担当者と何をやろうか打ち合わせをしていた。
リアル打ち合わせ現場である。一緒に行った担当営業に撮ってもらった。
リアル打ち合わせ現場である。一緒に行った担当営業に撮ってもらった。
「バックアップということで、動物のバクのアップを撮るのはどうでしょうか」

最初の打ち合わせではだいたいこういう「捨て案」で場を盛り上げておいて本題に入るようにしている。ウォーミングアップなのであまり深いアイデアではなく、わかりやすいダジャレくらいがちょうどいいのだ。

バクのアップでバックアップ。ひとしきりウケたし、さて本題に入ろうかと思っていたところ
「いいですね。」「は?」
「いいですね。」「は?」
「バクのアップ、すごくいいと思います。」

一発で企画が通った。まじか。

始球式の球を冗談で打ち返したらホームランになったみたいな感じだ。

しかしおもしろサイトとはいえ会社同士のやりとりはビジネスである。いっかい決まったことは「うそあれ冗談」で済まされない。

「やりますよ」「お願いします」

「ほんとにやりますよ」「お願いします」

チキンレースである。

最終的にアクロニスの担当野中さん(写真左端)が社内でゴーサインをもらったことで勝負あった。アクロニスは外資系の会社である。バクは英語で「バク」じゃないし、アップも英語で「close up」であって、いったいこの日本特有のダジャレをどうやって外国人の上司に通したというのか。感心している場合ではない、決まったからにはやらなければ。

こうして僕は夏のあいだずっとバクをアップで撮ることになった。
バクのアップを集めたサイト「BAKU/UP」より。
バクのアップを集めたサイト「BAKU/UP」より。


アクロニスの本気を見ました。


バックアップはアクロニス


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ