広告企画♪ 2015年10月8日
 

占い師に化石を占ってもらう

一生懸命掘りました。
一生懸命掘りました。
かつて地球上に暮らしていた生き物が気の遠くなるほどの歳月を経て石になった状態、それが化石である。

つまり今は硬い石だけど、かつてはこの石、生きていたのだ。

これまでどんな人生を送ってきたのか、これからどうなるのか、占い師に見てもらった。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。

前の記事:「バクをアップで撮る」
人気記事:「鳥取から一番近いスタバは東京って本当か」

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

オークションに出品するための企画です

今回の企画はモバオクとの広告企画である。

モバオクから何かオークションに出品するものはないですか、と聞かれたので、ないと答えた。
その結果、僕は川にいる。
その結果、僕は川にいる。
いや、厳密にいうとないわけではない。

家に帰れば自転車だってあるしデジカメもある。パンダのきぐるみだってある。だけどどれもオークションに出すとなると、だいたいこのくらいで売れそうだな、という相場がわかっちゃう気がするのだ。

せっかくならまったく相場感のない、値段のわからないものを出品したいだろう。そう思って今日は化石を掘りに来た。
現場に着くまでにひざまである川を渡る必要がある。
現場に着くまでにひざまである川を渡る必要がある。
ここは化石が出ることで有名なポイントである。晴れた週末の朝に来てみたら、子どもを連れたお父さんや調査目的と思われる集団がすでにカツカツとハンマーを振り上げていた。
そのへんの岩をよく見ると。
そのへんの岩をよく見ると。
化石が埋まっているのがわかる。
化石が埋まっているのがわかる。
こういうの。
こういうの。
もしかしたら化石にも値付けというか相場みたいなものがあるのかもしれないけど、僕はあいにくそのあたりの経験も知識もないので、今回の企画にぴったりだと思うのだ。小耳に挟んだ話だが、これまで見つかったことのない恐竜の化石なんかが見つかると、億はくだらないのだという。
そんなの出たら博物館作って売店でおれのCD売って暮らす。
そんなの出たら博物館作って売店でおれのCD売って暮らす。

化石を探す

ハンマー片手に化石を探して歩く。

この辺りの岩はとてももろく、手でもある程度削ることができる。岩の表面に埋まっている石っぽいものを慎重に掘り出すと、たいてい何か化石っぽいものが出てくる。
これはたぶん貝。
これはたぶん貝。
なんだかわからないけど、生き物だったっぽい化石。
なんだかわからないけど、生き物だったっぽい化石。
数時間で5つほど化石を見つけることができた。よくオークションとかで「掘り出し物」という言葉を使うが、化石こそ本当の意味での掘り出し物である。

この中で一番大きかったものを今回は出品してみようと思う。
これである。
これである。
二枚貝のようにも見えるし木の枝のようにも見える。もしかしたら恐竜の骨の一部かもしれない。ようするになんだかわからない石である。化石ですらない可能性もある。

掘ってきたそのままだとなんとなく貧相だったので軽く汚れを落として水性のニスを塗ってみた。
ニス塗って価値が下がるとかないよな。
ニス塗って価値が下がるとかないよな。
乾いたら良い物っぽい感じを出すため、アクリルケースに綿を敷いて展示物風にしてみた。
ステッカーも貼ってみたが余計だったかもしれない。
ステッカーも貼ってみたが余計だったかもしれない。
なかなかいい。なにしろ掘った時よりも数倍いいものに見える。正直これならぼくなら1000円くらいまで出す。

とはいえ何の化石なのか(化石じゃないのか)、まったく情報がないのでは入札する人も困るだろう。

というわけで情報として、この石のことを占い師に占ってもらうことにした。
は?
は?


落札予想額は占いでわかるのか。



 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓