ちしきの金曜日 2015年9月11日
 

実家の場所に成田新幹線が走っていたかも!

この見慣れたなんてことない風景が、もしかしたら全然違ったものになっていたかもしれない!
この見慣れたなんてことない風景が、もしかしたら全然違ったものになっていたかもしれない!
先日、実家に帰って近所を歩いていて、はじめて「おや?」と不思議に思ったことがあった。いままで気がついていなかったのが驚きだ。

で、その謎を調べていたら、めぐりめぐってすごいことが分かりました。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「電柱が愛おしいのでネックレスにした」
人気記事:「高級マンション広告コピー「マンションポエム」を分析する」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

きっかけは40年目にして気がついた謎の鉄橋

不思議に思ったのは、地下鉄東西線のこの鉄橋だ。
この道、小学校の通学路でした。宿題を忘れて泣きながら歩いたことなどもある。
この道、小学校の通学路でした。宿題を忘れて泣きながら歩いたことなどもある。
場所は西船橋駅から徒歩十数分。ぼくの実家から徒歩2、3分だ。ちょう近所。

東西線は地下鉄なのだが、東京から千葉に向かう途中、荒川を超える手前で地上に出て、我が最寄り駅終点西船橋まで高いところを走る。

子供のころにぼくにとって地下鉄とは高架を行くものだった。 そのことについて疑問を持っていなかった。
地図で見ると、ここ。
この道路の上だけ鉄で、その先はコンクリート製なのがわかる。
この道路の上だけ鉄で、その先はコンクリート製なのがわかる。
で、もちろんこの青い高架それ自体にはじめて気がついたわけではない。ぼくは粗忽者だが、そこまで注意散漫ではない。なんせ40年近く見続けてきたのだ。

この青い部分が「鉄でできていること」にはじめて意識が向いたのだ。

それがどうした、って感じかもしれないが、これめずらしいのです(と思う)。

ふつう、こういう特に広くもない道路の上は鉄にはしない。お金かかるし。
ちょっと引いて見ると、こんな。道路に対して斜めに高架が走っている。そして、隣は鉄ではない。
ちょっと引いて見ると、こんな。道路に対して斜めに高架が走っている。そして、隣は鉄ではない。
現に、上の写真でわかるように、一見同じ条件にあるように見える、隣の場合はまっとうにコンクリート製なのだ。

なんでだ。なんでここ、鉄なんだ?

以前からほしかった本を買う口実ができたぞ

そして気がつけば買っていた「東京地下鉄道東西線建設史 (1978年)」。9980円。妻にはないしょで買った。
そして気がつけば買っていた「東京地下鉄道東西線建設史 (1978年)」。9980円。妻にはないしょで買った。
「鉄橋」というと川の上のものを連想すると思う。まさにふつうは河川を渡る橋などにおいて、柱の本数を少なくして、桁は軽くしなくてはならない場合に鉄を使う。
800ページを超える大著。東西線の全てについて記してある。どこを読んでも楽しい。まったく仕事にならない。こまった。
800ページを超える大著。東西線の全てについて記してある。どこを読んでも楽しい。まったく仕事にならない。こまった。
ここらへんは昔田んぼが広がっていて、暗渠になった水路はたくさんあるが、わざわざ鉄橋にしなければならないような流れが今もこの下にあるとは思えない。

なんでだ。なんで鉄なんだ。
「長期借入金」リストなどもあったりする。楽しい。こまった。
「長期借入金」リストなどもあったりする。楽しい。こまった。
全く理解できない「正誤表」とか入ってて、こういうのいいよねえ。
全く理解できない「正誤表」とか入ってて、こういうのいいよねえ。
この本のおもしろさを伝えたくて画像を並べ立てたが、目指すページはすぐに見つかっている。

582ページの「第4編 建築 第3章 変電所、車両工場、詰め所」の項と、633ページの「第6編 電気 第1章 電力設備」だ。
西船橋では、高架の下に変電所をつくった、とある。
西船橋では、高架の下に変電所をつくった、とある。
そして電力を近くを通っている東京電力の鉄塔から引っ張った、とも。
そして電力を近くを通っている東京電力の鉄塔から引っ張った、とも。
つまり、やはり川の跡などではなく、電力設備の一部を地下に通さなくてはならなかったので、へたに柱を立てられなかった。

だから柱と柱の間がちょっと長めにならざるをえなく、鉄製になったというわけだ。
言われてみれば、電気関係で立ち入り禁止の旨の表示が。
言われてみれば、電気関係で立ち入り禁止の旨の表示が。
覗いてみると、地下からダイナミックに伸びるものが。小学生の時、同じように金網越しにのぞき込んだことがあることを思い出した。その向こうに見える階段の上の扉の中が変電設備のようだ。ちなみに同書には「ここは標高低くて、水没したらたいへんなので1.5m高くした」という意味のことが書いてあった。たいへんだなあ。
覗いてみると、地下からダイナミックに伸びるものが。小学生の時、同じように金網越しにのぞき込んだことがあることを思い出した。その向こうに見える階段の上の扉の中が変電設備のようだ。ちなみに同書には「ここは標高低くて、水没したらたいへんなので1.5m高くした」という意味のことが書いてあった。たいへんだなあ。
そして本にある、高架脇の東京電力から電気もらうための施設の位置は、この塀で囲まれた敷地のこと。そうそう! 言われてみれば! ここ!
そして本にある、高架脇の東京電力から電気もらうための施設の位置は、この塀で囲まれた敷地のこと。そうそう! 言われてみれば! ここ!
ここ! 子供のころはここに「ザ・変電所」って感じのかっこいい設備が並んでいたよ。「ジー」って音がしてて、あれなんか好きだった。
ここ! 子供のころはここに「ザ・変電所」って感じのかっこいい設備が並んでいたよ。「ジー」って音がしてて、あれなんか好きだった。
東京電力からの受電施設と高架下の変電所を地下を通して結ばなくてはならないので鉄橋になったわけで、つまり、鉄橋の下を流れていたのは水ではなく、電気だったのだ。
が、上の写真のようにその受電施設は見た目なくなってる。いつのまに。

設備全てが完全に地下化されたのだろうか。最近のことなので1978年発行のこの本にはでていない。誰かご存じの方がいたら教えてください。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓