ちしきの金曜日 2015年9月25日
 

さよなら、ホテルオークラ東京

さよなら、ホテルオークラ東京。
さよなら、ホテルオークラ東京。
先日、2015年の8月末で閉館したホテルオークラ東京。その建築の見事さから、とり壊しを悲しむ声も多かった。このことについてニュースなどで見聞きした方も多いかと思う。

かくいうぼくも「なくなっちゃうのか……」とがっかりしたひとり。せめてなくなる前にもう一回行っておこう、と先日宿泊してきたので、そのときの様子とそこで思ったことをお伝えしたい。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

大人になったなあ、ぼく

ホテルオークラといえば日本を代表する名ホテルだ。港区虎ノ門二丁目。すてきな建築とすばらしいサービス。当然料金もお高い。

ぼくのような庶民は「オークラに泊まるぞ!」という確固たる意志がなければ宿泊することはないホテルだ。
部屋は、ふつう。いや、広いしすてきでしたが、なんせほら、ぼくの懐事情が許すグレードだったので。あと期待しすぎてた、っていうのもある。でもやっぱりすごく居心地良くて大満足でした。
部屋は、ふつう。いや、広いしすてきでしたが、なんせほら、ぼくの懐事情が許すグレードだったので。あと期待しすぎてた、っていうのもある。でもやっぱりすごく居心地良くて大満足でした。
ぼくが子供の頃、鹿児島から祖母がやってきた折にここへ宿をとり(おばあちゃんはハイカラな人なので)、訪ねていったことがあったようだが、まるで覚えていない。
客室階の廊下。かっこいい。
客室階の廊下。かっこいい。
あと、大学生の時、デザインコンペで入賞して、表彰式がオークラで行われたはずだが、そのときのこともあまり覚えていない。

若い人間っていうのはぜんぜんだめだな。目だけといわず体じゅうが節穴だ。いや、年齢のせいではなくぼく個人の問題か。
部屋からの夜景。こういう眺めも見納めってわけです。見納めもなにもこれがはじめてだけど。
部屋からの夜景。こういう眺めも見納めってわけです。見納めもなにもこれがはじめてだけど。
ともあれ今は立派に建築の面白さが分かるようになり、そしてただ泊まるという目的のためだけに大枚はたいて実行することができるようにもなった。大人になるとはこういうことだ。
正面からの夜の姿は、こんな。
正面からの夜の姿は、こんな。
おもしろいな、と思ったのはこの内側が黄色くライトアップされた美しい格子のファサード。
おもしろいな、と思ったのはこの内側が黄色くライトアップされた美しい格子のファサード。
まるで都営地下鉄のようななんてことない(でもかわいい)タイルに灯を当ててるだけなのねこれ。プリミティブ。でも効果的。今だったらLEDをふんだんに使ったこじゃれた照明装置入れるよね。
まるで都営地下鉄のようななんてことない(でもかわいい)タイルに灯を当ててるだけなのねこれ。プリミティブ。でも効果的。今だったらLEDをふんだんに使ったこじゃれた照明装置入れるよね。

外見もいいけど

しみじみ、かつどきどきしながらチェックインしたのは夜も更けてから。夜の姿は上の写真のような感じ。すてきさが伝わっているといいのだが。

もちろん昼の姿もご覧いただこう。
どーんと正面。実はけっこうな崖に建っていて、写真の向こう側ががくっと下がっている。なので、ここに見える正面入り口はなんと5階ということになっている。これもまた大人になって気がついた魅力。とまあ、崖と建築の話はおもしろいのだが、地形の話題になるとぼくの話は長くなるので、今回はがまん。いずれまた別の機会に。
どーんと正面。実はけっこうな崖に建っていて、写真の向こう側ががくっと下がっている。なので、ここに見える正面入り口はなんと5階ということになっている。これもまた大人になって気がついた魅力。とまあ、崖と建築の話はおもしろいのだが、地形の話題になるとぼくの話は長くなるので、今回はがまん。いずれまた別の機会に。
そして多くの建築ファンをひきつけてきたこの外壁の不思議な感じ。
そして多くの建築ファンをひきつけてきたこの外壁の不思議な感じ。
土蔵などで見る「ナマコ壁」を思わせる意匠。
土蔵などで見る「ナマコ壁」を思わせる意匠。
こういうやつね(これは倉敷の土蔵)。
こういうやつね(これは倉敷の土蔵)。
というように、外観ももちろんすてきなのだが、やはりもっとも「いいなあ」と思わせられたのはロビーだ。
いいなあ!
いいなあ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ