はっけんの水曜日 2015年9月30日
 

山口ミニメーカーフェアで「わけのわからない楽しさ」を体験した

なぜこんなものを作ったのか?
なぜこんなものを作ったのか?
面白いんだか、怖いんだか、きもちいいんだか、不安なんだかよくわからないけど、そんな感情がいっぺんにくると「わー、なんだこれ!」と笑ってしまうときがたまにある。

感情の奥底にうったえかけてくるような、えたいのしれない、わけのわからない楽しさ。

というわけで(どういうわけだ?)先日、山口で行われたミニメイカーフェアのわけのわからない楽しさのリポートです。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

隔年でやってる山口のミニメイカーフェア

先日、DIYの祭典であるメイカーフェアが、山口県山口市で行われた。当然、我々デイリーポータルZも、札束風呂やヘボコンを引っさげて山口まではせ参じた。
すでにおなじみ、札束風呂
すでにおなじみ、札束風呂
デイリーポータルZからは編集部の林さん、石川さん、安藤さんと、ライター、べつやくさん、私西村が参加。
デイリーポータルZからは編集部の林さん、石川さん、安藤さんと、ライター、べつやくさん、私西村が参加。
デイリーポータルZのブースでは、札束風呂や、ドローン本当に頭をつかうゲームなどを展示した。

写真が無いのは、写真をうっかり撮り忘れていたからだ。

メーカーフェアのリポートなので、自分のところの紹介はそこそこでもいいだろう。すみません。

それよりなにより銀色の象はなんなんだ

メイカーフェアが行われている山口情報芸術センターにはめちゃめちゃ広い芝生の広場があるのだが、そこでひときわ異彩を放っていたのがこの銀色の象だ。
なんなんだこの象は
なんなんだこの象は
象からのびるひもを引っ張ると鼻がくるんとまわる。なんてことはない。仕組みとしては単純なのだが、原始的な楽しさがある。
ひもを引っ張る順番をこどもがなかなか譲ってくれない
ひもを引っ張る順番をこどもがなかなか譲ってくれない
この象を作ったのは、山口県周南市在住のこのおじさん。山崎和雄さんだ。
とにかくなんでも作っちゃうのがすきなおっちゃんみたいだ
とにかくなんでも作っちゃうのがすきなおっちゃんみたいだ
--この象、おとうさんが作られたんですよね? どうして象なんですか?
「動物園の象が死んでいなくなって、新しい象がなかなか来ないから、代りに作ったんだよ。でもね完成したとたんに象が来たの」

徳山動物園で2012年、それまで動物園にいた象のマリが亡くなったあと、市民をあげて、新しい象を呼ぼうという話があったらしい。

しかし「象がこないから作っちゃえ」って発想がなかなか無いというか、あさっての方向を向いており、とっても爽快である。
自作のオブジェ「もしかしてこれ炭素の結晶モデルですか?」って聞いたら「いや、サッカーボール」といわれた
自作のオブジェ「もしかしてこれ炭素の結晶モデルですか?」って聞いたら「いや、サッカーボール」といわれた
山崎さんは、自宅近くに自作のUFOなどのオブジェを置いた「宇宙の駅」という場所を作っており、その界隈では有名な方らしい。

山崎さんの作ったものは象だけではない、このやたらでかい木馬もそうだ。
やたらでかい木馬はこわおもしろい
やたらでかい木馬はこわおもしろい
山崎さんのつくったこの木馬。乗ると見た目以上にこわい。しかも、前後にかなり揺れる。自分の意のままにならないダイナミックな動きに身の安全を委ねなければいけないという状況は、遊園地の海賊船みたいなスリルがある。

あと、目線って自分の身長より高くなるとそれなりにこわくなるんだな。という、いらん気づきを得た。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓