土曜ワイド工場 2015年10月17日
 

200円を入れるとコップに日本酒が注がれる自動販売機

!
「横浜市の桜木町駅の桜木町ぴおシティ地下の立ち飲み屋さん「はなみち」には200円を入れると自動的にコップに日本酒が注がれる自動販売機が。他の店では見たことないが特注品?なぜあのような販売システムに?」という投稿がときさんからはまれぽ.com編集部へとどいた。

調査してみたら、日本酒の自動販売機は、特注品ではないが手軽さが受け「はなみち」の前身「キンパイ」時代から愛されて続けていることがわかった。

はまれぽ.com ほしば あずみ
はまれぽ.comは横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。はまれぽが体を張って徹底調査します。

前の記事:「120年以上の歴史あるJR横須賀駅に階段が全くない理由」
人気記事:「丘の傾斜を覆うように建つマンション「ルネ上星川」」


お酒好きなら夢のような装置

200円を入れるとコップに日本酒が注がれる自動販売機。

最近、コンビニエンスストアのレジ横でコーヒーサーバーのセルフサービスが見られるようになったが、感覚としてはあんな感じだろうか。ただし注がれるのは日本酒。

どうにもキニナルのでさっそく現地へ行ってみる。
ぴおシティ地下2階の立ち飲み屋「はなみち」
ぴおシティ地下2階の立ち飲み屋「はなみち」
歴史を感じる佇まいの外観。昭和レトロを模しているのではない、本当に古いのだ。
はたして、「日本酒の自販機」とは? 店内で話をうかがおうと取材を申し込んだところ・・・

「常連さんを大事にしたいから取材は受けたくないんです」

という、ごもっともな理由で丁重なお断りを受けてしまった。【まとめて報告】・・・とは諦めきれない。そこをなんとか、と数ヶ月交渉を重ねた結果、「1000ぶら」桜木町ぴおシティ商店会のご縁もあり、晴れて噂の「日本酒の自販機」をご紹介できることとなった。

これが噂の日本酒自動販売機

紹介します、日本酒の自販機です
紹介します、日本酒の自販機です
100円玉を2枚投入し
100円玉を2枚投入し
コップをセットして「かん酒」を選んでボタンを押すと
コップをセットして「かん酒」を選んでボタンを押すと
温かそうな湯気を立てて、日本酒が注がれた!
温かそうな湯気を立てて、日本酒が注がれた!
お燗の温度は65度、「ひや酒」は常温だそう
お燗の温度は65度、「ひや酒」は常温だそう
お店同様、風格ある佇まいのこの日本酒マシーンは店内に2台ある。注がれるのは宝酒造の「松竹梅 豪快」と白鹿の「伝承仕込」。いずれもすっきりした辛口のお酒だ。

これが忙しい時で日に10本(10升)空くというからすごい繁昌ぶりである。
レトロな見た目ながら現役バリバリに稼働中なのだ。
いかにも「スイッチ」なボタンの押しごこちがたまらない
いかにも「スイッチ」なボタンの押しごこちがたまらない
マシーンの購入記録は1991(平成3)年となっているそうだが、「もっと昔からあったはず。ただ、いつからあったのかはわからない」と土橋オーナー(残念ながら今回も写真NG)。

「昔はあちこちにあって、珍しくなかったよ。お客さんが自分で好きに飲めるから手軽だし、待たせないでしょう」とオーナーは語る。

立ち飲み形態の酒場が姿を消していくのに合わせ、日本酒マシーンも減っていったのだろう。創業以来の立ち飲みスタイルを変えずに営業を続けているこの店だからこそ、日本酒マシーンも現役であり続けているのだ。
レジも年季が入っている。実は壊れていて計算はできない
レジも年季が入っている。実は壊れていて計算はできない
はまれぽステッカーを貼ってもらった!
はまれぽステッカーを貼ってもらった!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓