ひらめきの月曜日 2015年10月26日
 

天然マイタケを採ると本当に舞い踊るのか

憧れのマイタケ狩りに連れてってもらいました。
憧れのマイタケ狩りに連れてってもらいました。
人口栽培の技術が確立し、今では安く手に入るマイタケだが、漢字で『舞茸』と書くように、元々は見つけた人が喜びのあまり舞い踊ってしまうほど価値のあるキノコなのだとか(舞い踊っている姿に似ているからという説もあり)。

今でも天然のマイタケは大変貴重らしいが、本当に舞い踊ってしまうほど嬉しいものなのだろうか。その真偽を確かめるべく、マイタケ狩りに同行させていただき、確かめてみることにした。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「知ろう! 小麦粉」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

マイタケ狩りの難易度を見誤る

「人は天然のマイタケを発見すると舞っちゃうほど喜ぶのか」という謎を解明したい!

まあそれは口実で、本音はマイタケ狩りがしてみたかっただけだったりするのだが、そんな私の同行を許してくれたのは、山形県在住の丹羽さんという友達だ。

いま友達と書いたが、よく考えたら一回しか会ったことがないので、いわばSNSの分類上での友達どまりにもかかわらず、家族にも場所を教えないと言われているマイタケ狩りに連れて行ってくれるのだから、ありがたい話である。
待ち合わせ場所に現れた丹羽さんの装備が物々しい。
待ち合わせ場所に現れた丹羽さんの装備が物々しい。
私の中で好感度ナンバーワン山男の丹羽さんと朝5時に待ち合わせ、山へと登って幻の天然マイタケを探しに行く訳だが、車を降りるとなにやら命綱らしきものを装備しだした。それ、いるの?

御一緒する丹羽さんの友人達も、一体どこまでいく気ですかと不安になるようなフル装備。

やばい、本気のやつだ。
北関東源流会という釣り仲間だそうで、野宿しながら3泊4日とかでイワナを釣りにいく元気な方々。秋は禁漁なのでキノコ狩りに精を出す。
北関東源流会という釣り仲間だそうで、野宿しながら3泊4日とかでイワナを釣りにいく元気な方々。秋は禁漁なのでキノコ狩りに精を出す。
事前にハードな山登りだとは聞いてはいたけれど、だいぶ場違いな現場に来てしまったかもしれない。キャンプに誘われていったらプロ野球のキャンプだったくらいの勘違いかも。腰にカゴをぶら下げたハイキング気分の参加者は私だけである。

これはあれか、自分で仕込んだドッキリ企画か。この年で電波少年か。

ちなみに私は山登りを一切しないタイプのアウトドア好きで、体力偏差値は47くらい。ご同行いただく皆さんにまったく迷惑を掛けないというのは無理なので、せめて最小限の迷惑で留められるように頑張りたいと思う。
しかも雨が降ってきたよ。
しかも雨が降ってきたよ。

幻は徒歩5分で手に入る場合もある

歩きはじめてほんの5分というところで、先頭を歩いていた丹羽さんから「あったよ!」との声が掛かった。え、早い。

駆け寄ってみると、斜面に生えた大木の根元に、なんと天然のマイタケが生えていた。
もうマイタケが見つかったそうです。
もうマイタケが見つかったそうです。
天然のマイタケは、その存在を知らないと食べ物とだと認識できない地味なお姿。
天然のマイタケは、その存在を知らないと食べ物とだと認識できない地味なお姿。
あまりにもあっさりと見つかりすぎて、舞うに舞えないという感じだが、これは先週丹羽さんが見つけたものを採らずに置いておいてくれたものなので、あっさり見つかって当然なのだ。

見つかってヤッター!ではなく、誰かに採られてなくてラッキー!

マイタケが収穫できるのは約1か月の間で、タイミング的にはこの週がラストチャンス。早い時期だとさらに大きくなるのを待つそうだが、もうシーズンも終盤。サイズ的には小さいが、これ以上は成長しなそうだということで収穫となった。
これが天然のマイタケ。まだ大した苦労をしていないので、舞うほどの喜びがピンとこない。
これが天然のマイタケ。まだ大した苦労をしていないので、舞うほどの喜びがピンとこない。
ちゃんと木から育ちましたと自己主張するようなマイタケの香り。
ちゃんと木から育ちましたと自己主張するようなマイタケの香り。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓