ロマンの木曜日 2015年11月12日
 

七味唐辛子を自作したら新世界が開いた

!
職場に自分専用の「マイ七味」を常備している人が一人はいると思うのだが、僕はまさにそれである。七味なしでは生きられない。

今日は七味の原料になる専用のミカンを手に入れたので、乾燥から始める「マイ七味」に挑戦してみた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所

七味唐辛子専用のみかんを収穫

筑波山は僕のうちの近所にあるのだが、その山麓では七味唐辛子のもとになるみかんが栽培されている。
ふくれみかん、といいます。名産品。
ふくれみかん、といいます。名産品。
小ぶり。皮を乾かして、七味唐辛子の原料にするらしい。
小ぶり。皮を乾かして、七味唐辛子の原料にするらしい。
ここでみかん狩りを開催していたので、鮮やかな橙黄色に魅かれてみかん狩りをしてしまったのだが、いざ持ち帰ってみるとかなり持て余した。
おれ、特にみかん好きでもないしな……
おれ、特にみかん好きでもないしな……
というわけで今日はこのみかんの皮で、七味好きとして長年の目標であった七味唐辛子の自作をしてみようと思う。

真のマイ七味は原料の乾燥から始まる

乾燥したみかんの皮は「陳皮(ちんぴ)」といって、七味唐辛子の主要な原料だ。というわけで、まずはみかんの皮をむいて乾かす。
30個ぐらいひたすらむく。
30個ぐらいひたすらむく。
いきなり驚いたのだが、このときの香りがすごい。
ふつうのミカンとは全く違う、まさに「芳香」と言うべき高い香りが鼻をうつ。
まさかミカンの皮むきで感動するなんて、人生、ここまで生きてみるものだ。
で、干します。ライター必携と言われる「干し網」登場。
で、干します。ライター必携と言われる「干し網」登場。
続いて主役の唐辛子。

スーパーで「鷹の爪とうがらし」を買っても良かったのだが、秋はせっかくの収穫期なので、みかんに合わせてもぎたてを房ごと買ってみた。
炎のよ・お・に〜、燃えて、ツヤツヤ!(中森明菜『DESIRE』で)
炎のよ・お・に〜、燃えて、ツヤツヤ!(中森明菜『DESIRE』で)
そんなものどこに売ってたんだよ! と思うだろうが、ちかくの野菜直売所にもりもりと売られていた。
全国屈指の直売所「みずほの村市場」、当サイトも取材に行っている(こちら)
全国屈指の直売所「みずほの村市場」、当サイトも取材に行っている(こちら
僕も何となく行ったら売っていたので驚いた。
獲れたて過ぎてほとんど生だったが、どうせみかんの皮も干すんだし、一緒に干して楽しむことにしよう。
いっそのことユズとショウガも干して楽しむ
いっそのことユズとショウガも干して楽しむ
その他、青のり・山椒・生ゴマを用意した。

ゴマも収穫期だが、いつも栽培している義母に聞いたら「今年は秋の長雨でやられた。ダメだった」と言っていたので、青のり・山椒と合わせて買った。
麻の実とかケシの実もamazonで買えば手に入るが、そこはもういいかと思う
麻の実とかケシの実もamazonで買えば手に入るが、そこはもういいかと思う
さあ、準備はここまでだ。これらの材料を秋陽で乾かしてグラインダーで挽きつぶし、七味唐辛子へと仕立てていこう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ