ちしきの金曜日 2015年12月4日
 

最後に少し歩いて行くダム

山道を歩き、船に乗ると見える絶景のダム
山道を歩き、船に乗ると見える絶景のダム
ダムめぐりはどちらかと言えばアウトドアな趣味だけど、ほとんど車でたどり着けるので限りなくインドアに近いと思う。

稀に、車が通れず山道を何時間も歩かなければならないダムもあるけれど、そういう場所は熊や蜂や蛇がウロついているのであまり行きたくない。

でも、車で真横までは行けないけど、そこからちょっと歩けばダムが見える、それもとびきりの絶景が、というところがあって、インドアな僕でも行けたので自信を持ってご紹介したい。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「自然に地形を造らせるという神の遊び」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


ダム好き界きってのインドア派

趣味がダムめぐりと言うと、廃道や廃墟探索と同じように、山に入って藪をかき分け道なき道を進んで行く、というような印象を持つ人もいて、見かけによらずアウトドア好きなんですね、みたいなことを言われることがけっこうあるけど見かけ通りのインドア派だ。

むしろアウトドアは苦手である。虫とか触れないし、自然の中に一人でいると不安になってくる。そんな僕でも行けた、車を停めてからちょっと歩かないとたどり着かない、でも絶景のダムをいくつか紹介したい。

栃木県/三河沢ダム

最初は栃木県の三河沢ダム。湯西川ダムという新しくて大きなダムから上流に遡っていって、途中から一般車通行止めの林道をおよそ2km、30分ほど歩く。

「ちょっと歩く」と言っておきながら30分は少しハードルが高いけど、林道とは言え舗装された道だ。周りの景色を見ながら歩いているうちにすぐに着く。
車から離れたくない人は駐車場完備の湯西川ダムだけでも十分
車から離れたくない人は駐車場完備の湯西川ダムだけでも十分
いきなりゲートがお出迎え
いきなりゲートがお出迎え
徒歩なら行っていいのか微妙な書き方
徒歩なら行っていいのか微妙な書き方
険しさはまったくない
険しさはまったくない
ダムに向かう林道の入り口がいきなりゲートで塞がれているけど、車両の通行禁止と書かれていたので徒歩ならいいだろうと考えた。あとでダムの職員さんに聞いたらその通りだった。

山深くひと気のない(と思ったけど釣り人を2、3人見た)道を歩いて行くと、目の前に真新しいダムが現れる。
木々の向こうにダムが現れた
木々の向こうにダムが現れた
さらに進むと展望台のような建物があって、その上から全景をバッチリ見ることができる。
あれは展望台!?
あれは展望台!?
これが三河沢ダムだ!
これが三河沢ダムだ!
うん、絶景のダムと言いながらそれほど大きくないし、写真で見る限りどちらかと言えば地味だ。でも実際に30分歩いてダムが見えてくると、たとえば野球を見に行ったとき、試合前に相手チームの名前の知らない控えとは言えプロ野球選手が目の前でキャッチボールしている、というような胸の高鳴りがある。

そんな小さな感動を胸に、また30分歩いて車に戻ろう。

しかし、ダムの職員さんに「この道、夕方になると熊が出るから帰り気をつけて」と言われたのが堪えて必死で歩いて15踏んで車に戻った。もし行くときは熊鈴を忘れずに、そして一人ではなく複数人で行こう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓