チャレンジの日曜日 2015年12月6日
 

書き出し小説大賞・第87回秀作発表

!
書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)
雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。 著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。
> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

書き出し小説秀作発表第87回である。

今年も流行語大賞が発表された。毎年思うのだがトップテンに選ばれる言葉の中には必ず、この受賞ではじめて知ったというものが混じってる。特に今年は大賞の「トリプルスリー」からして聞いたことがなかった。野球関連の言葉らしい。あともうひとつ「アベ政治を許さない」ってなんなんだ。風潮としてはたしかにあったが、実際そんな言葉を人から聞いたこともない。流行語大賞は私の中で「年末に聞き慣れない言葉を無理矢理聞かされる賞」になっている。 それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しよう。

書き出し自由部門

今朝、冬になった。
まじいい
紙パックを思い切り吸い込むと、山下は石になった。
マークパン助
今日は薔薇の香りが強い。死体があるのだろう。
正夢の3人目
はい、こちらお客様相談室相談室です。
伊勢崎おかめ
通りすがりの鼻唄盗んで夕暮れの商店街をすり抜ける。
xissa
連弾がまったく合わない。
ビールおかわり
リンダにもう一度会いたい。会って「枝豆は大豆だ」と伝えたい。
Mch
このドアを開けてからの行動を、僕は52通り考えてある。

このスーパーボールが弾み終わったら、結婚しよう。
大伴
どっちが唐揚げで、どっちがサーターアンダギーかわからなくなってしまった。
五捨六入
今週分の祟りを終え、じっくりと湯船に浸かった。
TOKUNAGA
一旦店を出てもう一度入るとショートコントが始まる仕組みらしい。
井沢
湯を沸かし、注ぐ。湯を沸かし、注ぐ。こんな私にもファンがいる。
suzukishika
可哀想な位に霜焼けて赤く、頬は心を覆った。
merumo
先にやって来たのは影の方だった。うつむく私の頭を、控えめな本体がやさしく撫でた。
Mch
暖炉の前で雪男が溶けながら暖まっている。
茂具田
猿が酒を呑むのだ、埴輪も夢を見るだろう。
プレミアムバザー高田
三丁目の悪魔は靴を脱いでから人を不幸にする。
ら+
若者は消え、私とマラカスだけが部屋に残った。
もんぜん
あの夜は確か、漢方に噎せていました。ええ、証人もいますわ。
義ん母
三時間並ぶ行列の先には、ありふれた簡易トイレがあるだけだった。
流し目髑髏
駅に面した窓際の席から、向かってくる友を眺め下ろしている。
まじいい
高飛び込みをする夢の目覚めは日に日に遅くなり、このままだと今晩は着水する。
猫背脱却物語
雨音だけが僕に、話しかけてくれる。
トミ子
今週はやたらレベルが高かったような気がする。秋も終わり本格的な冬に突入する直前、ふいに冷たくなった空気は人の感覚を研ぎ澄ますのだろうか。冒頭のまじいい氏「今朝、冬に〜」を読むとまさにそんな気がする。たしかに「あ、冬だ」と直感する朝は一年に一度必ずある。シンプルながら誰もが「そのとき」を共感できる秀逸な作品。
xissa氏の「通りすがり〜」鼻歌盗んでの見事な言い回しと情景描写。でもこれはもう完全に短歌の世界。ビールおかわり氏「連弾〜」もし、できるだけ少ない文字数でまったくダメな感じを記せよ、という問題があったら確実に満点の回答ではないだろうか。Mch氏「リンダに〜」「〜たい」の連続が痛々しいほどの切実さを感じさせる。翻ってその内容のくだらなさ(笑)Mch氏は採用不採用作に関わらず今回はとくに冴えていた。五捨六入氏「どっちが唐揚げ〜」このふたつが混じり合った絵を想像しただけで「あああああっ!」となる。今回個人的には一番ツボでした。

続いて規定部門、今回のモチーフは「童貞」でした。こちらも豊作だったのでいつもより多めに投下します。早速どうぞ!

規定部門・モチーフ「童貞」

童貞らしからぬ態度だった。
紀野珍
そうだからと言って、必ずしも童のような心を持っているわけではない。
ミミズグチュグチュ
戒名に「童貞」と読める部分があった。
大伴
童貞と童貞がぶつかってできたと云われる岩が鳥居の先に見えてきた。
g-udon
「捨てる」から「守る」に傾いてきた。
ビールおかわり
恥辱を貫き通すと矜持になった。
小夜子
童貞の見る淫夢は、どこにもピントが合わない。

詳しく説明すると、誕生未使用状態の排泄器官を持った男ってことさ。
みつばち社長
女を知ると出せない音がある。
Mch
「したつもり貯金」で200万円貯まった。
菅原 aka $UZY
言われてみれば、ちょっとだけ童貞かもしれません。
マークパン助
俺はもうひとつの地球に住んでいる。
松っこ
買ったばかりのヘッドフォンにすら先を越された。
yukke
30歳の誕生日プレゼントが杖とローブだったよ。
みつばち社長
まさやの童貞はあと2回残されていた。
顔でか
怒っている童貞で、暖をとった。
ねもっ血風クン
俺たちは鉄の掟とともにバンドを結成した。
Puzzzle
人間嫌いの猫が童貞に懐いた。
流し目髑髏
先生も横山の初体験の話を真剣に聞いてる。
山本ゆうご
いっこうに日の目を見ないスキンが財布の牛革越しにくっきりとその輪郭を浮かび上がらせている。
g-udon
山狩りだ。幸運を呼ぶ童貞を捕まえろ。
正夢の3人目
女は隅々まで僕を見回すと、店主に値切り始めた。
えむ毛
大人1枚、なぜか喉に引っかかる。
義ん母
「くらげになりたい」と言う女性の横で申し訳ないほど男になりたかった。
井沢
3番目の引き出しの中では色とりどりのバクと無数の童貞が穏やかに暮らしていた。
Mch
暖房が効いた部屋であやとりがしたい。
ヘリコプター
性病って、何かね。
伊勢崎おかめ
彼のジッパーを口で下ろすと、既にぴったり装着されていた。
tatsu298
「末代まで呪ってやる」と言ったお前には悪いが、どうやら俺が末代になるらしい。
ゴロ
不可能な作戦ばかり思いつく。
xissa
おかげで法王とも話が弾んだ。
ウチボリ
世界を救うのはいつだって童貞だ。
大伴
通読して改めて、我が国の文化に「童貞」がどれほど重要な位置を占めているかが分かった。処女とはまた違う、童貞の発するこの圧倒的な負け惜しみ感はなんだろう? しかも彼らは充分それを承知した上で、それぞれのオリジナリティを求めている。ビールおかわり氏の「捨てる」から「守る」は、まさに童貞が童貞のまま成熟するための心得だろう。

ゴロ氏の「末代まで呪ってやる〜」の達観ぶり。なんだこの身を挺して末代を守る的なヒーローっぽさは。うっかりかっこいいと感じてしまった己が悔しい(笑)ほかにもみつばち社長氏の「詳しく説明すると〜」g-udon氏の「いっこうに日を〜」など童貞とハードボイルド文体はやはり合う(=笑える)マークパン助氏の「言われてみれば〜」は渋々それを認める人物像を想像するとじわりと笑える。ヘリコプター氏の「暖房の効いた〜」一切性欲を排した願望は本音なのか作戦なのか、伊勢崎おかめ氏の「性病って〜」は北の国からのパロディだが、あまりに下らなくて採用してしまった。大伴氏の「世界を救うのは〜」まさにその通りだと思う。でも同時にそんなこと言ってるのは、童貞だけだとも思う。今回は笑いながらも妙に心が洗われる、不思議な回でした。

それでは次回のモチーフを発表する。
次回モチーフ
サンタクロース
もうすぐクリスマス!というわけで次回のモチーフはサンタクロース。以前クリスマスというお題は出したことはあるが、今年はさらに絞ってみた。世界的にもこれほど有名な、かついじりやすいキャラもいないのではないだろうか。いろんなパターンのサンタ、またサンタ関連の言葉(トナカイ、靴下、煙突、お父さん……など)からもアイデアが広がると思う。締め切りは12月18日正午、発表は20日を予定している。下記の投稿フォームから自由、規定を選択し応募いただきたい。今年最後の募集です。力作待ってます!
ぴすとる/柴咲ハコ/餅ぎん/prefab/ボーフラ/よさこい地蔵/みのりの秋が過ぎた頃/てこん道/猫ウルフ/ぱよこ/にら将軍ハルナ/マツモトニュータウン/カミハリコ/
 ▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 
 
関連記事
書き出し小説大賞・第86回秀作発表
書き出し小説大賞・第85回秀作発表
書き出し小説大賞・第84回秀作発表
書き出し小説大賞・第83回秀作発表

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ