はっけんの水曜日 2015年12月23日
 

君は世界初の「送水口博物館」を見たか

送水口のレジェンド達に会える、さわれる、そしてなりきれる!
送水口のレジェンド達に会える、さわれる、そしてなりきれる!
建物の防災を影で支える「送水口」
ビルの入り口や壁でメタリックなギョロ目を光らせているあれだ。
なんと新橋に、その送水口専門の博物館がオープン。
コンパクトな空間には昭和の名ビルの壁面を彩ったレジェンド送水口達が集結し、愛好家たちのピュアな「好き」がぎっしりと詰まっていた。
1975年神奈川県生まれ。普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。
> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

送水口が屋上に

新橋の繁華街の一角に鎮座する味わい深いビル、株式会社村上製作所。
ビルの名前は「村上建物ビル」中華料理の存在感がすごい。
ビルの名前は「村上建物ビル」中華料理の存在感がすごい。
入り口右手のギョロ目マークが目印。送水口博物館はここの5階だ。
2015年11月21日、堂々オープン。
2015年11月21日、堂々オープン。
薄暗い階段をがんがん登ると一気に空が広くなる。
新橋のビルの屋上というだけでも興奮。
新橋のビルの屋上というだけでも興奮。
屋上でハイテンションになるのはわかるが、はしゃぐのは後にして入館すると遮光器土偶を思わせる鋳物達がずらり、きらり。
靴を脱いで上がるのも斬新。
靴を脱いで上がるのも斬新。
この目玉、この鎖、街のどこかで見た事ある感。
この目玉、この鎖、街のどこかで見た事ある感。
いきなり陣容をざっくりお見せしてしまったが、肝心の送水口とはなんなのか、なんなんだ。

すごくえらいけど気取らないやつ

送水口は高いビルや地下の駅等の入り口付近に設置されていて、消防車が入れなかったり、放水しても届かない場所に火災が発生した時、そのギョロ目にポンプ車のホースを接続し、水を送る。
館内パネルより。ビルでいうと地上7階以上、地上5階以上で延べ面積6000u以上が設置対象。
館内パネルより。ビルでいうと地上7階以上、地上5階以上で延べ面積6000u以上が設置対象。
送水口から送り込まれた消化用水は配管を通じて放水口から取り出され、消火活動に使われる。送水口は施設防災の入り口なのだ。

壁面に埋め込まれていたり、植栽の間からひょっこり顔を出していたり、
平時はその愛嬌あふれるたたずまいで街の景観に溶け込んでいる。
壁面埋設型。バリスタコーヒーでひと休み。
壁面埋設型。バリスタコーヒーでひと休み。
壁に顔ができたような一体感。
壁に顔ができたような一体感。
スタンド型。植栽に同化する野戦部隊。
スタンド型。植栽に同化する野戦部隊。
その造形やピースな景観を愛でる愛好家が存在し、送水口愛がWEBサイトやブログによって発信されている。
露出Y型、文字通り2つの口がY字型に分かれている。送水口の原型といえるタイプ。
露出Y型、文字通り2つの口がY字型に分かれている。送水口の原型といえるタイプ。
パイロンのペットに成り下がることもある。
パイロンのペットに成り下がることもある。
送水口博物館はそんな送水口ファン達と送水口の老舗メーカー、株式会社村上製作所の3代目社長、村上善一氏との幸せな出会いから生まれた。
送水口コレクションと村上善一社長。
送水口コレクションと村上善一社長。
立ち姿さわやか、弁説はあざやか。新橋のショーン・コネリーたる村上社長に聞いた送水口博物館設立までの道のりはひたすらエキサイティングだった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓