とくべつ企画 2016年1月2日
 

勝手に食べ放題2016 〜胃弱〜

!
!
「カレーやラーメンなどに乗せるトッピングは、1品まで」

いつの間にかこのようなルールを自分に設けて今まで過ごしてきたようである。 その方が経済的だし、メインとのバランスもよく、ちょうどお腹いっぱいになる。

しかしである、そんなつまらない合理的な枷を自らに設けて何になるというのだ。

乗せたいものを乗せたいだけ乗せるのじゃ! イナバ物置のごとく!

そんな思いで、勝手に食べ放題に参加しました。

トッピングと言えば

CoCo壱番屋に来ました
CoCo壱番屋に来ました
トッピングで悩むといえば、ココイチの愛称で親しまれている、カレーハウス CoCo壱番屋ではないだろうか。

ココイチのカレーは、基本的にカレーの種類(ビーフ_カレー、ポークカレー、スープカレーなど)と、ご飯の量と、辛さ、そしてトッピングを選んで注文するシステムであるが、僕は今まで、はしゃいでる時でさえチキンカツとほうれん草をトッピングするぐらいが限度の男であった。

今日は自分至上最高のカレーを作りにやってきました。

北村Japan選抜会

悩む
悩む
店内に入り、いざメニューを見ると考え込んでしまった。

せっかくの機会なのだ。 うまくトッピングを組み合わせて、味も見た目も最高なカレーを作りたい。
トッピング一覧
トッピング一覧
フィッシュフライ × カキフライ × クリーミータルタルソース ダブル × ゆでタマゴという、タルタルソースを主軸にしたカレーもいいし、 手仕込とん勝つ × 手仕込ヒレカツ × オクラ山芋 × 単品ポテト という、ひたすら高価な手仕込のカツを食べ、小鉢感覚でオクラ山芋とポテトサラダを食べるというカレーもできる。

最高の組み合わせを巡ってファミレスなどで議論したらこれはすごく楽しそうである。

食べ合わせに注意を払いながら慎重に5種類のトッピングを選抜し、頭の中で丁寧に復唱してから注文をした。

舞い上がっていたのかそれでも1種類忘れてしまっており、同行してくれた妻にフォローしてもらって注文が完了した。 一人分の注文だが、こういう時は紙に書いておくといいのだろうなあと思った。

北村Japan発表

ビーフカレーに、チキンにこみ、ほうれん草、ソーセージ、チーズインハンバーグ、半熟タマゴをトッピング。ちなみに辛さは「1辛」にした。
ビーフカレーに、チキンにこみ、ほうれん草、ソーセージ、チーズインハンバーグ、半熟タマゴをトッピング。ちなみに辛さは「1辛」にした。
今回僕が考えた至上最高のカレーはこちらである。ポイントは、トッピングに加えたくなるチーズを我慢して、ハンバーグにチーズ要素を付与した点である。

チーズは他のトッピングに比べてパワーが強いので、トッピングに入れるとどこを食べてもチーズ、となりカレー全体の印象が平坦になってしまう。だがチーズは欲しい。おいしいから。 そこでハンバーグにチーズを閉じ込めることで、適宜チーズの味を楽しみつつ他の味も生きてくる、全体に深みのあるカレーとなった。

かなり見た目にお子様ランチ感が漂う仕上がりになったが、このような大人としての経験と思慮の末に完成しているカレーなのである。
チェイサーとしてサラダも頼んだ
チェイサーとしてサラダも頼んだ
嬉しい
嬉しい
最高のカレーであった。
「一点の曇りもない」みたいなことを言っている。
「一点の曇りもない」みたいなことを言っている。
食べてみると、こちらの思惑がぴたりとはまり、さらにトッピング1点1点が予想を超えておいしいという、最高のカレーであった。 特にソーセージはよく火が通っていてパリパリであつあつでとてもおいしかった。
お皿を見るともうおおかた食べているのにまだ驚いている。
お皿を見るともうおおかた食べているのにまだ驚いている。
向かいの妻も、つられてナス、ほうれん草、チーズといつもより豪華なカレーを食べていた。
向かいの妻も、つられてナス、ほうれん草、チーズといつもより豪華なカレーを食べていた。

2回目のオーダー

またメニューを見る
またメニューを見る
食べ終わった。

幸せな時間であった。

しかしこれは食べ放題である。 食べたいものもまだあるので注文をするべくメニューを見る。

ところで、僕はあまり大食な方ではない。

つけ麺「中盛り」で、食べ過ぎたと後悔して足を引きずって帰ったこともある。

だが、先ほどのカレー1皿では食べ放題とは言えない。 あのカレーで満足して店を出る人は「たくさん食べる人」だ。

カレーを2皿以上食べてやっと食べ放題っぽさが出てくるというものだろう。 そこで僕は予め策を弄した。

_先ほどのカレー、ライスを少なめにしていたのである。

これで、量も気持ちも軽めになり2皿目のカレーに臨むことができるだろう。
豪華なカレーを日常的に食べる大食な人はいるかもしれないが、わざわざ2皿食べる人は勝手に食べ放題をしている人だろう。
豪華なカレーを日常的に食べる大食な人はいるかもしれないが、わざわざ2皿食べる人は勝手に食べ放題をしている人だろう。

チキンスープカレー

スープカレーに、パリパリチキン、スクランブルエッグをトッピングしたもの
スープカレーに、パリパリチキン、スクランブルエッグをトッピングしたもの
とはいえ満腹感もかなり近くまで来ていたので食べやすそうなスープカレーを注文。 これは以前からかなり興味はあったのだが、1皿しか食べないのだから冒険はしないでおこうと、どうしても避けがちになってしまっていたカレーであった。 今回食べておくのにぴったりである。

注文してみると、スパイスの香りが食欲をそそる、周りの人が羨ましがるタイプのすごくいい匂いのカレーが出てきた。 ベースのスープカレーに、ナスやじゃがいもなどの具がたくさん入っていてとても嬉しい。
「満腹っぽくなって、一回休んで、いけるかも、と思って食べ始めた後の満腹感はすぐにくるね」という話をしている
「満腹っぽくなって、一回休んで、いけるかも、と思って食べ始めた後の満腹感はすぐにくるね」という話をしている
あれだけ息巻いて宣言していた「ご飯少なめにする」作戦を忘れていたことに気づく
あれだけ息巻いて宣言していた「ご飯少なめにする」作戦を忘れていたことに気づく
チェイサーとして注文していたサラダが最後まで残る。顔もぶれる。
チェイサーとして注文していたサラダが最後まで残る。顔もぶれる。

レモンラッシープリン

いくつか作戦に未熟な点はあったが、食べ放題なので最後にデザートを注文。
レモンラッシープリン。爽やかでおいしい。
レモンラッシープリン。爽やかでおいしい。
満腹になると、目が開かなくなってくるし頭もうまく回らなくなる。 しゃべる言葉のセンテンスが短くなっていく。 そしてとても気分がいい。


こんなに満腹になったのは初めてである。 人はお腹いっぱいになると酔っ払うのだ。
完食しました。これと、最初のカレーのお皿で食べたもの全部である。
完食しました。これと、最初のカレーのお皿で食べたもの全部である。
勝手に食べ放題をしてかかった値段は3,252円
勝手に食べ放題をしてかかった値段は3,252円
飲み会と同じくらいである。ほわーっとした気持ちでお金を払い家に帰ってソファーに横になると本当に幸せな気持ちになった。この辺も飲み会と似ている。

そして翌日は二日酔いもなく、夕方まで何も食べなくても平気だった。この辺は飲み会よりお得である。
なんだかクジを引くことができて、カレー皿の応募券をもらった。やたらたくさん頼んだので何が影響してくじを引く権利を得たのかわからない。
なんだかクジを引くことができて、カレー皿の応募券をもらった。やたらたくさん頼んだので何が影響してくじを引く権利を得たのかわからない。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓