とくべつ企画 2016年1月2日
 

勝手に食べ放題2016 〜胃弱〜

!
!
ついにあの企画のお誘いをいただいてしまった。「勝手に食べ放題」だ。

自分はすごく食べるほうではなく、「食べられる時とそうでないときの差が激しい」という、典型的な「胃弱の人」である。

そんな自分と同じような「胃弱の人」には多分共感してもらえるのではないかと思うのだけど、胃が機嫌を損ねて「体に優しそうなもの」を欲するとき、だいたい大戸屋に行けば間違いない。でも、胃が元気でお肉メニューを欲しているときにも大戸屋はやさしい。しっかりとしたお肉メニューもあるのだ。

「今日は体調悪いの? じゃあ体に優しいもの食べようね」
「今日はお肉が食べたいの? じゃあ和風ハンバーグ食べる?」

というように、大戸屋は時に母のように広い懐で受け入れてくれる……。

そんな私が絶対的な信頼を寄せる「大戸屋」だが、サイドメニューの多さが気になっていた。食べてみたいと思いつつ、いつも定食で満足してしまっている自分がいた。この機会に今まで食べてみたかったやつにチャレンジしたいと思う。

いざ、食べ放題はじめ候

「食べ放題」。……なんて甘美な、そして「胃弱の人」にとってはその圧倒的な戦力不足を目の前に突き付けられるような、残酷な言葉である。ところがどうだろう。「大戸屋で食べ放題」と、「大戸屋で」という言葉が追加されると途端に言葉が持つ激しさが抑えられてマイルドになるではないか。

「食べ放題」という言葉をブラックコーヒーだとすると、「大戸屋」でという言葉はミルクなのかもしれない。うん、何言ってんだろう。

いい感じで頭がおかしくなってきたところで早速大戸屋に食べ放題を挑もうと思う。
大戸屋に来た
大戸屋に来た
いつ行っても混んでいる大戸屋……もちろんこの日も前に4組ぐらいは待っていて10分程度待った。
ごめんなさい、私は食べ放題をする。食べ放題をするぞ……!
サイドメニューやっぱり多い……そして肉から野菜から魚まで選び放題だ。大戸屋最高ッ!
サイドメニューやっぱり多い……そして肉から野菜から魚まで選び放題だ。大戸屋最高ッ!
せっかくのサイドメニューをいろいろ楽しみたかったので、ごはんとみそ汁を単品で頼み、そちらに追加していこうと思う。 ちなみに大戸屋は通常の定食でも結構品数がある。

今回注文した「サイドメニュー食べ放題定食」に似ているのではないかというメニューを参考までにご覧いただこう。
しまほっけのゆう庵焼き定食895円。ひじきやらお漬物やらが付く。ふだんの自炊でこんな点数作れない。
しまほっけのゆう庵焼き定食895円。ひじきやらお漬物やらが付く。ふだんの自炊でこんな点数作れない。
そして私が注文したメニューを見ていただこう。これだ。
どーん
どーん
トレーに収まりきらず、別途分けて持ってきていただいた。(店員さんごめんなさい)
普段そこまで大食いじゃないので、このボリューム感にちょっと怖気づく私。
普段そこまで大食いじゃないので、このボリューム感にちょっと怖気づく私。

メンバー紹介

それでは「オリジナルサイドメニュー食べ放題定食」の愉快なメンバーたちを紹介するぜ!
!
「胃弱の人」の味方食材おさかな「しまほっけのゆう庵焼き」に、食べてみたかった「かぼちゃコロッケ」。
「胃弱の人」の味方食材おさかな「しまほっけのゆう庵焼き」に、食べてみたかった「かぼちゃコロッケ」。
!
みんな大好き「鶏の唐揚げ」に、家で再現しようとすると絶対こんなおしゃれにならない「大戸屋風ばくだん小鉢」。
みんな大好き「鶏の唐揚げ」に、家で再現しようとすると絶対こんなおしゃれにならない「大戸屋風ばくだん小鉢」。
!
大戸屋のごま和えは黒ごまなのね。甘くておいしい「ほうれん草のごま和え」と、予想以上に量が多かった「大豆とひじきの煮物。」
大戸屋のごま和えは黒ごまなのね。甘くておいしい「ほうれん草のごま和え」と、予想以上に量が多かった「大豆とひじきの煮物。」
これにごはん(大盛り無料)とみそ汁をつけて完成。食べたいものばっかりな、「オリジナルサイドメニュー食べ放題定食」の完成や〜!!

自分の食べたいものばかり、最高。

どれを食べても安定の美味しさ
どれを食べても安定の美味しさ
定番メニューや看板メニュー、それに脇を固める副菜が揃う。今の私が大戸屋の店舗そのものだといっても過言ではないかもしれない。
どぅるん
どぅるん
「しまほっけのゆう庵焼き」を楽しみつつ、唐揚げをつまみ、なおかつばくだん丼も楽しめる。友人と一緒に行って「一口ちょうだい」作戦を取らなくてもいろんなメニューを楽しめる。わあこれとってもうれしい。
ウッ……
ウッ……
強靭な胃袋を持つみなさまにおきましては「余裕じゃん」とお思いでしょうが、「胃弱の人」この量必死。
そうこうしつつなんとか食べおえたので、甘いものも頼んじゃいました。豆乳ブラマンジェ398円。大戸屋は甘いものも本気のおいしさだ!
そうこうしつつなんとか食べおえたので、甘いものも頼んじゃいました。豆乳ブラマンジェ398円。大戸屋は甘いものも本気のおいしさだ!
!
でも、ここまでスペシャルな定食を作っても2239円とは……さすが大戸屋お財布にも胃にも優しい。
とはいえ、ヘルシーな大戸屋といえどもここまで食べてしまうと夜になってもなかなかお腹がすかなかった……。

いくら好きなものや体にいいものでも、節度を守って適正な量を食べるのが一番なのだというあたり前なことに気づくことができた。ありがとう大戸屋!

裏話

ちなみに、私が今回したようなこの食べ方は大戸屋的にも推しているようだった。
ちなみに、私が今回したようなこの食べ方は大戸屋的にも推しているようだった。
今後は「ばくだん丼食べたいけどゆう庵焼きも食べたいから、ゆう庵焼きを単品でつける」みたいな無理のない大戸屋ライフを楽しんでいこうと思う。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓