ロマンの木曜日 2016年1月14日
 

「床だけ地図」をつくる

屋内なのに真上から見た感じ
屋内なのに真上から見た感じ
屋内の案内図は、抽象的で分かりづらかったりすることがある。

もっと具体的に、目でみたとおりの床の様子を地図にしたらどうだろうか。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。
> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

まずは東京メトロの茗荷谷駅を例に

我ながらよく分からんことを言っている自覚はある。たとえばこういうことです。
茗荷谷駅の入口はこんなふう
茗荷谷駅の入口はこんなふう
この入口の部分、もし真上から見ることができたらこんなふうになるんじゃないだろうか。
床を真上から見た風味
床を真上から見た風味
こういう視点、なかなかないでしょう。

いってみれば航空写真みたいな感じだ。屋内なのに航空写真みたいな視点。

この記事でやりたいことはこの写真につきます。なんだけど、もうちょっとやってみよう。
たとえば改札近くのこのあたりは、
たとえば改札近くのこのあたりは、
こんなふうになる。
こんなふうになる。
タイルの模様と点字ブロックしか書いてないので、なんだかゲームのダンジョンみたいに見える。

茗荷谷駅についてひととおり地図を書いてみたところ、全体図はこんなふうになった。
茗荷谷駅の床マップ
茗荷谷駅の床マップ
駅構内の案内図として役に立つか、といわれると立たないですね、という感じだ。

でも、いままで見たことのない視点でちょっと面白い。

でも、点字ブロックがちゃんと駅の導線になっているようすなんかが分かる。春日通り側の入口から入る限り、点字ブロックを辿って券を買い、改札まで辿りつくことができる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓