ひらめきの月曜日 2016年1月18日
 

高級マヨネーズでマヨネーズごはん

炭水化物に卵、油、塩。マヨネーズごはん、うまいに決まっているよね。
炭水化物に卵、油、塩。マヨネーズごはん、うまいに決まっているよね。
低炭水化物ダイエットとか、オイルフリーとか、塩分カットなんてことが繰り返し言われる昨今。うまい物は大体炭水化物と油と塩分で出来ている・・・

この書き出し、前にもやりましたね

というわけで、今回は炭水化物と油と塩分。ここへ更に卵を組み合わせたマヨネーズごはんです。しかも、高級マヨネーズでマヨネーズごはんをやってみます。

元々うまいマヨネーズごはん。高級マヨネーズを使うといったいどれだけうまくなるのか。暴力的なカロリー飯に挑みます。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

一応作り方を説明

マヨネーズごはんがどんな物か分からない方がいるかもしれないので、まずは作り方について説明しておきます。

我が家にこんな本があります。
油好きにはたまらない各種レシピが載っている本です。
油好きにはたまらない各種レシピが載っている本です。
こちらの本。肉の脂、魚の脂、バター、マヨネーズ、オリーブオイル、ごま油、生クリームなど油分、脂肪分をたっぷり含んだ食材を使った「あぶらもの」料理のレシピ本です。
目玉焼きをご飯にonしてマヨネーズと醤油。全く、どうかしているぜ!というような濃厚飯。
目玉焼きをご飯にonしてマヨネーズと醤油。全く、どうかしているぜ!というような濃厚飯。
こちらに目玉焼きマヨ醤油ごはんなるレシピが出ています。油で炒めて作った目玉焼きをご飯の上に乗せ、マヨネーズと醤油を適量かけるというカロリー万歳メニュー。

調べてみると、マヨネーズごはんというと、マヨネーズに醤油をかけたところに鰹節やコショウや味付き海苔を足したり、生卵を混ぜたり。各種バージョンがあるようです。
スーパーで普通に売っているマヨネーズ。これでも十分美味しいマヨネーズごはんが出来る。
スーパーで普通に売っているマヨネーズ。これでも十分美味しいマヨネーズごはんが出来る。
基本的には、白いご飯にマヨネーズ。そこに醤油を少し。これでマヨネーズごはんとなります。
マヨネーズは適量で。これで大さじ3杯程度。
マヨネーズは適量で。これで大さじ3杯程度。
乗せるマヨネーズの量はお好みで。
大さじ1杯で110kcal。ごはんは茶碗一杯約240kcal。マヨネーズを大さじ3杯使ったマヨネーズごはんでタニタ食堂1食分終了。
大さじ1杯で110kcal。ごはんは茶碗一杯約240kcal。マヨネーズを大さじ3杯使ったマヨネーズごはんでタニタ食堂1食分終了。
ちなみに、パッケージに書かれていた数値によると、マヨネーズは大さじ1杯で110kcalあるそうです。

成人男性の1日の平均的な消費カロリーは約2,000kcaぐらいなので、カロリー摂取においてマヨネーズごはんはかなりの能力を秘めています。
深夜に見ちゃった人、ごめんなさい。
深夜に見ちゃった人、ごめんなさい。
ご飯にマヨネーズを乗せて適量醤油をかければマヨネーズごはんは出来上がりです。少しずつ混ぜながら、または全体をかき混ぜてから。好きな食べ方で食べましょう。
笑えるうまさだね。
笑えるうまさだね。
食べてみると、マヨネーズの油分がご飯を包み、玉子の旨味や酢の酸味などと共に広がっていきます。噛むほどに米の甘味がマヨネーズの味と合わさり、口の中はパラダイス状態。

炭水化物と油と塩分に更に卵。バター醤油ライスといい、なんて神な組み合わせなのでしょう。気持ち悪いなんて言う方もいるかもしれませんが、一度やってみてください。予想外の美味しさです。
オススメ度
☆☆☆☆☆
ただし、少量から試しましょう。胃もたれ発生率もかなりのものなので。

高級マヨネーズでマヨネーズごはん

マヨネーズごはんの美味しさを説明したところで、続いて高級マヨネーズでマヨネーズごはんをやります。

まず用意したマヨネーズがこちら。
250gで1,250円(税抜き)。キユーピーの通常のマヨネーズが450g参考小売価格350円(税抜き)。およそ6倍の価格。
250gで1,250円(税抜き)。キユーピーの通常のマヨネーズが450g参考小売価格350円(税抜き)。およそ6倍の価格。
キユーピーの「卵を味わうマヨネーズ」です。こちらのマヨネーズ、通常のキユーピーのマヨネーズの6倍ほどの値段で販売されています。
なんだか凄い卵を通常の1.5倍使用。更に一定期間熟成させているそうです。
なんだか凄い卵を通常の1.5倍使用。更に一定期間熟成させているそうです。
こちらのマヨネーズは、キユーピーのホームページによると、「豊かなコクとうま味を追求した、今までにない新しい味わいのマヨネーズ。まずは、シンプルな素材にたっぷりのせて、この味わいをお楽しみください。」とあります。
色も舌触りも味もどれも濃厚滑らか。
色も舌触りも味もどれも濃厚滑らか。
写真では分かりづらいですが、普通のマヨネーズと比べて明らかに黄色が濃く、黄身が多く含まれているのが分かります。

舐めてみると、驚くほど卵の味が濃厚で滑らか。そしてただ味が濃いだけでなく、酸味や塩気などがバランスよく上品に感じられます。これはかなりうまいマヨネーズです。
白いごはんというシンプルな素材に乗せて味わいます。
白いごはんというシンプルな素材に乗せて味わいます。
こんなうまいマヨネーズならば当然うまいマヨネーズごはんになることでしょう。適量をごはんに乗せて醤油をかけます。醤油はスーパーなどで売っている普通の醤油です。
なんじゃ、このうまさ!笑いが止まらん。
なんじゃ、このうまさ!笑いが止まらん。
キユーピー卵を味わうマヨネーズのマヨネーズごはんは笑いの止まらないうまさです。通常のマヨネーズごはんを更に濃厚に。それでいて落ち着きのある旨味や酸味がバランスよく感じられ、滑らかに入ります。

きっとこのマヨネーズならば、食パンや茹でただけのパスタなど、あらゆる炭水化物の味を引き上げるに違いありません。最高にオススメです!
オススメ度
☆☆☆☆☆☆☆

トリュフ入りの超高級マヨネーズ

続いて試す高級マヨネーズはこちら。
フランスの黒トリュフ入り超高級マヨネーズ。1瓶でおよそ2700円。こんなことでもなければ絶対買わないマヨネーズ。
フランスの黒トリュフ入り超高級マヨネーズ。1瓶でおよそ2700円。こんなことでもなければ絶対買わないマヨネーズ。
フランス製の「メゾン・ドゥ・ラ・トリュフ・マヨネーズ」。黒トリュフが入った超高級マヨネーズです。
内容量85g。普通のマヨネーズの40倍ほどの価格。
内容量85g。普通のマヨネーズの40倍ほどの価格。
1瓶85g入りでおよそ2700円。普通のマヨネーズと比べるとおよそ40倍の価格になります。もはやマヨネーズとは思えない価格。
この黒い粒が黒トリュフなのか・・・
この黒い粒が黒トリュフなのか・・・
取り出してみると、日本でよく見るマヨネーズに比べかなり白く、粘りも少な目に感じます。黒い粒が多数みられ、これが黒トリュフのようです。

舐めてみると、酸味は少な目で軽い口当たり。おおっ!この芳醇な黒トリュフの香りが!とか言いたいところですが、黒トリュフなんて食べたことがなく、高級な干し椎茸か何かそんなような枯れた香りがすると言ったところです。

美味しいマヨネーズなのですが、なんだか凄すぎて感動のポイントが分かりません。
このマヨネーズをこんな食べ方していいのだろうか。
このマヨネーズをこんな食べ方していいのだろうか。
何はともあれ、このマヨネーズをご飯にのせてマヨネーズごはんにします。小さめのスプーンで3杯ほど乗せたら醤油をたらします。
あっ!いや?うん、うまいね。なんだこの味?
あっ!いや?うん、うまいね。なんだこの味?
黒トリュフ入りマヨネーズのマヨネーズごはん、これも確かにうまいです。マヨネーズごはんの濃厚なうまさがありながら、後からなんとも言えぬ上品な香ばしい香りがしてきます。

マヨネーズというより、何か高級感あふれるソースをかけたようで、美味しいのですがマヨネーズごはんだか何か分からなくなってくる。間違いなく美味しい味です。しかし、マヨネーズごはんとしてオススメしていいものかちょっと迷います。
オススメ度
☆☆☆

食い過ぎ注意

今回、高級マヨネーズは2種類しか試しませんでしたが、どちらも特徴のある味わいで美味しかったです。本当はもう2、3種類試そうかと思っていたものの、バター醤油ライス以上にマヨネーズごはんは腹にきました。

以前の記事でも書いた通り、美味しい物が体に悪いのではありません。美味しいから食べ過ぎる。食べ過ぎることが体に悪いのです。食べる量は適量で。

そして、食べたら動く!では、今夜もよいカロリーを!
高級マヨネーズ。もちろん野菜につけても最高にうまかったですよ。ごはんもいいけど野菜もね。
高級マヨネーズ。もちろん野菜につけても最高にうまかったですよ。ごはんもいいけど野菜もね。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
手作りマヨネーズだから出来ること
美味しいマヨネーズができるまで〜工場見学編
マヨネーズで真珠を作る
超高級いつもの朝ごはん

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓