ひらめきの月曜日 2016年1月18日
 

居酒屋フォーマットで本場のタイ料理が食べられる店

タイ料理と大衆酒場が融合した経緯とは

なにがどうしてどうなると、こういう素敵な店が生まれるのだろう。気になるところを呑みながらママに伺ってみた。

・元々は日本の某外資系高級ホテルに勤めていたが、たまたま友人と十条にきたときに、小島という立ち飲み屋が気に入って、なんやかんやあってそこで働きだした。※十条の小島は閉店したが、池袋店は今も営業中。

・小島で9年間働いた後、安い値段で気楽にタイ料理が食べられる店を開こうと、この店をオープン。

・営業スタイルを小島から引き継いだため、このようなタイ料理の店となった。逆に小島にはタイ料理のメニューが少し残っているらしい。

・出身地であるタイ東北部料理を中心に、辛さなどを日本人向けにアレンジしたタイ料理を出している。
「あ、すみません!写真を撮る前に食べちゃいました」と古賀さん。
「あ、すみません!写真を撮る前に食べちゃいました」と古賀さん。
ついつい手が出る青パパイヤのサラダ、ソムタム。ナマスではない。本場の味付けだともっともっと辛いらしいよ。
ついつい手が出る青パパイヤのサラダ、ソムタム。ナマスではない。本場の味付けだともっともっと辛いらしいよ。
ソムタムを作る素焼きの鉢がかっこいい。
ソムタムを作る素焼きの鉢がかっこいい。
・一緒に働いているのは娘さん。お客さんはほぼ日本人で地元客が多い。

・遅い時間は混むことが多いので、早い時間に来てもらえると嬉しい(17時オープン)。

・この値段だから、どうにか家賃が払えるくらいのギリギリよ。

・来日したタイ人は、100人いたら80人が日本を大好きになる。日本人は電車でもラーメン屋でもちゃんと並んでいてすごいねー。
ママの出身はタイ東北部のイサーンと呼ばれるエリア。店名はここからきている。
ママの出身はタイ東北部のイサーンと呼ばれるエリア。店名はここからきている。
タイ風焼きそばのパッタイ。醤油でもソースでもなく、ナンプラーの香りが漂ってくる米の麺。
タイ風焼きそばのパッタイ。醤油でもソースでもなく、ナンプラーの香りが漂ってくる米の麺。
本場はどれくらい辛いのかなーと想像しながら一味をたっぷり振ったのだが、元々パッタイは辛くないそうだ。ガーン。
本場はどれくらい辛いのかなーと想像しながら一味をたっぷり振ったのだが、元々パッタイは辛くないそうだ。ガーン。
お客さんからのタイ土産をおすそ分けしていただいた。現地のファミマで買ったスナック菓子だとか。
お客さんからのタイ土産をおすそ分けしていただいた。現地のファミマで買ったスナック菓子だとか。
サクサクしておいしかったが、この店のメニューにはない。ママは子供の頃によく田んぼなどで捕まえて食べたそうです。
サクサクしておいしかったが、この店のメニューにはない。ママは子供の頃によく田んぼなどで捕まえて食べたそうです。
タイっぽいかなとブルーヘブンというカクテルを注文。でも小島で修行中に考えたお酒だそうで、タイとは関係ないらしい。グレープフルーツ味でうまいよ。
タイっぽいかなとブルーヘブンというカクテルを注文。でも小島で修行中に考えたお酒だそうで、タイとは関係ないらしい。グレープフルーツ味でうまいよ。
朝の連続テレビ小説、次のテーマはこの店でどうだろうか。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓