ひらめきの月曜日 2016年1月18日
 

居酒屋フォーマットで本場のタイ料理が食べられる店

呑みなれた酒でタイ料理を食べるという至福

この店に一時間もいると、なんだかタイ料理と飲みなれた酒という組み合わせこそが正しいのではという気がして、各自が飲みたいものを頼むようになってきた。タイのビールもうまいけどね。

要するにリラックスしているのである。緊張のいらない自分の土俵(居酒屋フォーマット)で食べられるタイ料理の素晴らしさ。やっぱりこの店、近くに欲しいぞ。
ダッタンそば茶ハイの焼酎が濃いと喜ぶケムタさんと、延々とアサヒの生ビールを呑む古賀さん。でもつまみは本格タイ料理。
ダッタンそば茶ハイの焼酎が濃いと喜ぶケムタさんと、延々とアサヒの生ビールを呑む古賀さん。でもつまみは本格タイ料理。
じゃあ私はホッピーセットで。でもつまむのはコオロギとカイコなんだな。
じゃあ私はホッピーセットで。でもつまむのはコオロギとカイコなんだな。
以下は大坪さんからいただいた感想文です。
漫画で話題になった「北区赤羽」。その前後の埼京線・京浜東北線沿いって美味いアジア系の店がほんと多いんですよね。

イサーンも料理の美味さはもちろん、日本の居酒屋な空気が北区テイストなのがいい。商店街の中に馴染むタイご飯ってまさにこれですね。そしてガイヤーンをつまみながら飲むブルーヘブンのなんともいえない異国感……と思ったら、そば茶ハイの酒の濃さにちょっと吹きかけた。景気がいい!

東京都北区とタイ東北部、何かクロスするものがあるのかもしれない。
マーボ茄子ではなくマクアーパッカパオ。茄子とホーリーバジルの炒め物。
マーボ茄子ではなくマクアーパッカパオ。茄子とホーリーバジルの炒め物。
油断して食べたらこれが結構辛かった。でも本場に比べるとまだまだらしい。
油断して食べたらこれが結構辛かった。でも本場に比べるとまだまだらしい。
パクチーどっさりのガイヤーン。ママの故郷であるタイ東北部の代表的料理で、スイートチリソースをつけて食べる。異国だねえ。
パクチーどっさりのガイヤーン。ママの故郷であるタイ東北部の代表的料理で、スイートチリソースをつけて食べる。異国だねえ。
そして古賀さんからの感想文がこちら。
端的にいって最高でした。最高のやつでした。エスニック料理というのは専門のお店にわざわざ行って食べるものだと思うんです。よし、今日はエスニックじゃてとうでまくりして行くイメージ。

このタイ居酒屋にはそれがないんですよ。敷居の高さ海抜0cm。なんの気負いもなくふらーっと入るとうまいタイ料理が出てくる。最高なんですよ(すみません「最高」3回目言いました)。

個人的にはここ1人で行くのが正解なんじゃないかと思ってます。サクッと飲んで食べてサクッと帰る。で、たまに仲良しを連れて行ってどうだい、いい店だろうと自慢したいそんな店でした。グリーンカレー食べ忘れたので早くまた行かないと。
全席カウンターでママとの距離も近いので、タイ旅行のお奨めスポットを聞いたりもできる。
全席カウンターでママとの距離も近いので、タイ旅行のお奨めスポットを聞いたりもできる。
締めにいただくトムヤングン。ごちそうさまでした!
締めにいただくトムヤングン。ごちそうさまでした!
お客さんが増えてきたところで2軒目へと移動したのだが、そこでもやっぱりイサーンの素晴らしさを語り合った。

カウンターには焼酎のカメが並び、仏像ではなく招き猫が鎮座するタイ料理屋。店の雰囲気にもタイっぽさを求める人には向かないだろうが、気どらずに焼き鳥やモツ煮感覚でタイ料理をつまみたいという人にはベストだろう。

ここに何度か通いながらタイ旅行のプランを練って、いつか本物のタイへと行けたら最高なんだろうな。そしたらママへのタイ土産は何がいいかな〜なんて妄想をしながら家に帰った。

取材先:タイ イサーン
「タイ料理店じゃないタイ居酒屋なんだ」とファンからのメッセージ。わかる、その気持ち。
「タイ料理店じゃないタイ居酒屋なんだ」とファンからのメッセージ。わかる、その気持ち。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
焼き鳥屋さんなのに本格的なタイ料理が食べられるお店
何でもタイ風にしてしまうディップ「ナムプリック」を作ろう
トムヤムペーストでなんでもタイ料理
ナンプラーは醤油の代わりになるか大実験

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓