フェティッシュの火曜日 2016年1月19日
 

貝殻を背負ったタコ カイダコ(アオイガイ)を捕って食う

アオイガイ(カイダコ)。見た目は最高。じゃあ味はどうか。
アオイガイ(カイダコ)。見た目は最高。じゃあ味はどうか。
アオイガイという軟体動物がいる。貝と名はつくものの、その正体は巻貝でも二枚貝でもなく、なんとタコである。わけがわからないだろう。

またの名を「カイダコ」というこの生物は、タコでありながら立派な貝殻を背負っているのだ。この摩訶不思議な存在を冬の日本海で追った。獲った。食った。
平坂 寛 平坂 寛(ひらさか ひろし)
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

砂浜で拾えるらしい

アオイガイは基本的に沖合を漂いながら生活しているらしいが、まだまだその生態は謎に包まれている。
貝殻に…
貝殻に…
タコが?どういうこと?
タコが?どういうこと?
そう聞くと僕のような一般人にはなかなか出会うチャンスが無さそうな生物に思えるが、実は年に二回ほど「ボーナスステージ」を用意してくれる。彼らは冬と初夏になぜか日本海側の砂浜へまとまって打ち上げられるのだ。
冬の砂浜を練り歩く。ライバルに差をつけようと夜明けと同時に捜索開始。
冬の砂浜を練り歩く。ライバルに差をつけようと夜明けと同時に捜索開始。
ぜひ捕まえたい!と2014年末に日本海側のある海岸へ繰り出した。毎年たくさんのアオイガイが打ち上げられる有力ポイントだ。

ただし、事はそう簡単には運ばない。
普通の貝は目に入るが…
普通の貝は目に入るが…
まず、アオイガイの数は年によってかなりバラつく。この年はアタリ年とは言えなかったようで、あまり頻繁には獲れたという報告を聞かなかった。

さらに、打ち上げられるわけだから、発見が遅れると絶命してしまう。さらには肝心の中身(タコ本体)が抜け出て殻だけになっているケースも多い、いやむしろそれがほとんどだという。
栗も流れ着いていた。一体どこの山から、どんな経緯で海へ出て、ここへ漂着したのか。
栗も流れ着いていた。一体どこの山から、どんな経緯で海へ出て、ここへ漂着したのか。
さらにさらに、ライバルまで存在する。アオイガイの殻はとても綺麗なので、貝殻コレクターやビーチコマーたちに大人気で、彼らもシーズンになるとめぼしい浜を練り歩く。彼らが採集した直後は当然、出会える確率が低くなってしまう。その辺の駆け引きもちょっとは必要になってくる。
そんなわけで、生きたアオイガイを浜で拾える可能性は決して高くない。
あった!でも殻だけ!
あった!でも殻だけ!
結果、二日間かけてようやく発見できたのは小さな貝殻ただ一つだった。それでもまあ初挑戦にしては上出来なのかもしれないが。
口が異様に広い、巻き方が浅い、透けるほど薄いなど、普通の貝には無い特徴が見られる。
口が異様に広い、巻き方が浅い、透けるほど薄いなど、普通の貝には無い特徴が見られる。
ちなみにアオイガイという名前は
ちなみにアオイガイという名前は
二つの貝殻を合わせるとアオイの葉のような形になるところからきている。
二つの貝殻を合わせるとアオイの葉のような形になるところからきている。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ