ちしきの金曜日 2016年1月22日
 

陶器問屋で300年前にワープ体験

この「百円」キーワードが役に立った。人は、お金と食べ物のコトは忘れないものである。
この「百円」キーワードが役に立った。人は、お金と食べ物のコトは忘れないものである。
なんどか伊勢神宮に参拝している。
あるとき近辺で、フシギな蔵に入ったことがあった。
店主も魅力的で、まるで過去にワープしたような感覚におちいったあの場所。

「いつか機会があればまた行きたい」そう思っていた。
店名も場所も定かではないのだが、行こう、あの蔵に。

どちらかというと参拝よりも意気込んでいたのではないかと思います。
イカとタコが大好きで、食べたり被ったり本まで出版しました。 でもサイコーに好きなのはアワビだったりします。世間に対する謙虚です。
> 個人サイト Weekly Teinou 蜂 Woman

キーワードは「伊勢神宮近辺」「川沿い」「百円」

まず、出発前にネットで検索をした。蔵のような場所で、陶器がたくさんあったのは覚えているものの、いったいなんの店だったのかこれっぽちも思い出せないのだ。

キーワードは「伊勢神宮近辺」「川沿い」「見学料百円」ということだけだった。しかし、その三つで、『和具屋』という店名を発見。ネットすげーなー。
見落としがちな『博物館』。そしてこの左奥を目を凝らしてみていただきたい。トップの画像で載せた「倉庫の見学の方、百円頂きます」の文字が! 商売根性ゼロすぎやしませんか……。
見落としがちな『博物館』。そしてこの左奥を目を凝らしてみていただきたい。トップの画像で載せた「倉庫の見学の方、百円頂きます」の文字が! 商売根性ゼロすぎやしませんか……。
なんら変哲もない、フツーの店構えと見せかけて……。
なんら変哲もない、フツーの店構えと見せかけて……。

創業三百年。十五代目の大西さんはご謙遜のカタマリ

館長をつとめる奥様に見学料を支払い、途中で裏(?)館長コトご主人の大西さんにお越しいただいた。

――お話、うかがってもよろしいですか?

「いいけどさ、なんにもないよ。古いだけでさ、ゴミばっかりだよ」

うわー! これだ。この声と謙遜のアラシ! たしかに以前お話してくださった大西さんだ。ゴミばっかりと仰っているものの、なんだかすごそうなお宝が次々に顔を出すマジックなのだ。
「いいんか?」「もちろんです。ありがとうございます!」まったくお変わりない大西さんに、思わず顔がほころぶ。
「いいんか?」「もちろんです。ありがとうございます!」まったくお変わりない大西さんに、思わず顔がほころぶ。
――以前お伺いしたとき、お聞きしたんですけど、こちら、当時商品を運んでいたトロッコのレールですよね?

「そうそう。あ、前も来たの? これはね、だいたい64mくらいあるね。前はもっと、この倍くらいの奥行きがあったんだけどね」
往事の商いの様子を今に伝えている貴重なレールが足下に。三百年の過去に思いを馳せ、妄想もふくらむ。中にはおびただしい陶磁器の数が……。
往事の商いの様子を今に伝えている貴重なレールが足下に。三百年の過去に思いを馳せ、妄想もふくらむ。中にはおびただしい陶磁器の数が……。
生業は陶磁器問屋。

元々は、交通の便も発達していないころ、お伊勢参りの参拝者の宿(当時はたくさんあった)に器をおさめていた。従業員もここで寝食を共にしていたという。
平皿空間。割れたモノからステキな絵皿まで。
平皿空間。割れたモノからステキな絵皿まで。
壷などの空間だろうか……。んーわからない。
壷などの空間だろうか……。んーわからない。
湯呑み、茶碗の数々……!
湯呑み、茶碗の数々……!
急須コーナー。地震が来たらいったい……。
急須コーナー。地震が来たらいったい……。
さあ、もう少し奥に進んでみよう……。
いきなりなにか祀ってあった。投げやりなようだけれども、屋根もある。お酒も供えている。
いきなりなにか祀ってあった。投げやりなようだけれども、屋根もある。お酒も供えている。
――これは……なにを祀ってあるんでしょう?

「勢田川の洪水(おそらく昭和49年)で『水神さん』が流れちゃってね。それでここに勝手に移動したわけ。ちゃんと杉の木も入れかえてるよ」

オイオイオイなんだか感動的な話じゃないか。
勝手に! このカオスな空間で!
質素だからこそ気持ちの伝わるこういう間が好きでたまらない。しかも人知れず地域の川の安泰を祈っているなんて。これこそが本来の神聖な場ではあるまいか。小さな神様がそこに本当にいるような気がするじゃないか。

この際ハッキリ言おう。伊勢神宮より神々しいよコレ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ