フェティッシュの火曜日 2016年1月26日
 

飲み会はもうチャットでよくないですか

飲み会でしゃべるのをやめてすべてチャットで済ませられないか?
飲み会でしゃべるのをやめてすべてチャットで済ませられないか?
先日、打ち合わせをLINEですませたことがあった。会って話すよりアイデアもよく出た。

これなら飲み会もチャットですませられないか。話すよりも書くほうがおもしろいことを言える気がする。

チャットだけの飲み会を実施した。結論からいうと一長一短だったがやってみる価値はあると思う。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます
> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

居酒屋に集まってチャットをする

チャットで飲み会をしようとデイリーポータルZのライターたちに声をかけた。

チャットなので各自の家でもできるだろうが、今回は飲み会の会話をチャットにおきかえられないかにしぼる。各自仕事おわりに居酒屋に集まりFacebookのメッセンジャーを立ち上げた。
デイリーポータルZのライターに声をかけた。居酒屋に集合する
デイリーポータルZのライターに声をかけた。居酒屋に集合する

ピタッと会話が止まった

チャットでの飲み会。はじめっから驚きの連続であった。

一番最初に会場入りした4人がぞろぞろとパソコンを取り出して通信環境の確認をする。この辺りから会話が少なくなっていくのだが、チャットがはじまるとピタッと会話がやんだ。

話は自由にしていいルールだ。しかし何もしゃべらないのである。テレパシーでの会話がはじまったようなものだ。声を出す必要がそもそもない。

そして無言の乾杯がはじまる。
北村:乾杯しましょう
大北:乾杯しよ〜
與座:はーい!
藤原:はいー
大北:はーい!とか言って無言なのこわい…
左手に乾杯用のジョッキを、右手に乾杯を入力するEnterキーを
左手に乾杯用のジョッキを、右手に乾杯を入力するEnterキーを
大北:じゃあみんなジョッキ持って〜!! じゃあかんぱーい
北村:かんぱいー
與座:かんぱーい
大北:あー! 文字だと爽快感がまるでない!
北村:ああ
與座:キウイおいしい
おどろくほどの爽快感のなさ
おどろくほどの爽快感のなさ

・身体の使わなさ

「乾杯」の入力を確定するEnterキーを押したあとビールを飲む。グビリ。

こ、これはちがう……無言の乾杯がこれほどちがうとは。ビールの爽快感がまるでないのだ。

なんというか突然のどにビールが降ってわいたような感覚である。今までの乾杯は「かんぱーい」という大きめの声の対価としてビールという報酬がきていた。しかしこれは丸儲けなのだ。何もしなくてもこんなんもらっていいんですかという違和感。

乾杯ひとつとってもそうである。飲み会って身体を使ってたんだなとこのあとも思い知る。
大北:乾杯声だしてみますか
石川:緊張してきた
伊藤:いつやるの
石川:発声練習したい
大北:てれくさい…
與座:すごい恥ずかしい!!
大北:なに声帯ふるわせてんだって感じがする
藤原:声が肉体って感じしますね
大北:あの世だよね、今
伊藤:コウモリは超音波出しますよ
石川:来たばっかりだから恥ずかしさまでは至ってないわ
大北:前時代のコミュニケーションって感じがもうしてる
藤原:電脳世界
石川:死後ワタミに
石川:ヴァルハラだ
大北:「へーここが死後の世界かー。プラミアムモルツが490円なんだなー」

・声が恥ずかしくなる

しゃべっていいのにだれもしゃべらない。一度ためしに声を出して乾杯してみようという話になった。

おそるおそる声を出すと驚いた。声がはずかしくなるのだ。声がださい。こんなださいもの使ってられるかという気になる

「店員とは話していいはずなのに急に話すのは難しく、逆になんで店員はPCを持ってないのかなと考える瞬間もありました」(藤原)

会話してるときにいきなりメールを送られてきたら(うわあ…)という気分にならないだろうか。それと同じである。

飲み会の途中で狼煙(のろし)を上げはじめたら恥ずかしいだろう。この場のルールから外れた違和感がある。
「かんぱーい」と声に出して猛烈に照れる
「かんぱーい」と声に出して猛烈に照れる

・そもそも異様である

飲み会で全員がパソコンを広げてだれもしゃべらない。異様だ。

「お待たせしましたー!」と料理をもってきた店員が途中で静けさに気づいて「からあげで…すぅ…」と声をひそめてしまっていた

全員で何か作業をしていると思ったのだろうか。ハッカー集団みたいに見えただろうか。

実態は山手線ゲームなどをしていただけである。
大北:店員さん…ハッカー集団と思ってるんだろうな
大北:アノニマスで予約とればよかったね
伊藤:アノニマスもっと和民行けばいいんですよ
大北:「アノニマスで6人です」「すいません、匿名のご予約はうけつけてないんですよ〜」
みなさんものすごく静かに料理をおいてくださった
みなさんものすごく静かに料理をおいてくださった

・終わったあとの疲れなさ

3時間の飲み会が終わるとからだの疲れてなさにおどろく。飲み会って思ったより体を使っていたのだ

以前映画の撮影をしてたときに出演者が酔ったふりして大声出すのだが「飲んでないけどほんとに楽しくなってきた」と言っていた。飲み会の楽しさって身体によるところも大きいのではないか。

氷上の格闘技アイスホッケー。そして机上の格闘技、それが飲み会……。いや、すいません、ちがいますねこれ。
終了後。なんか疲れていないのである。ものすごい違和感だ
終了後。なんか疲れていないのである。ものすごい違和感だ
與座:イヤホンしても大丈夫ですね すごい
藤原:飲んでるのにまだはじまってない感じしますね
大北:あー、ビール飲むとなんかものすごく分離された感じがあるね。空間が。半個室みたいな
大北:あれじゃない?あのラーメン屋の間仕切りみたいな

・半個室のような空間認識

だれかが焼き鳥をとりわけてくれていたのにも気づかない。ずっとパソコンと向き合っているのである。

大人数でいるのに一人で飲んでいるような感覚。自習席のような間仕切りのあるラーメン店にグループで行ったときと同じ感覚だ。
遅れてやってきた人にも気づかない。突然会話に参加してきて驚く
遅れてやってきた人にも気づかない。突然会話に参加してきて驚く

・声がとおりまくる、何人も参加できる

居酒屋での会話は4人くらいがベストだろう。うるさい場所だと聞こえない人が出てくる。

しかしチャットは何人でも同じ話に参加できる。確実に声が伝わるのである。大人数でわいわいやるのはチャットの方が向いているのではないか。

送別会などの大きなテーマのある飲み会はチャットがいいと思う。送られる方の気持ちは置いておいて。
盛り上がった瞬間。ただ笑い声だけがもれる
盛り上がった瞬間。ただ笑い声だけがもれる

・一体感はむしろある

半個室のようだと言っていたが、一体感はむしろある。会話に全員で参加できるのだ。

飲み会で何言っても笑いが起こるような時間がないだろうか。確変中ともいえるあの時間がチャットでは起こりやすい。また、確変時に全員が発言しやすいのも特徴だ。

以下の会話は確変中のものである。全員が江ノ島の個人情報を聞き出そうと必死になっている。ものすごい速度で発言が飛び交いグルーヴを感じた
石川:お母さんの旧姓も!
大北:早く! ペットの名前も!
藤原:卒業した小学校の名前も!
伊藤:それ知りたいんだ!
石川:好きな食べ物も!
大北:こい……!!
石川:早く電池切れるから!
與座:はじめて飼った犬の名前も!!
江ノ島:個人情報、流出しまくりますね…。
大北:待ってろ! 今くるからな
江ノ島:ハムスターの名前はぴーちゃんでした。
伊藤:実家の住所!
大北:ぴーちゃん!!
石川:もういいよパスワードだけ教えて

・全体の情報量は減る

全員が同じ話題をするのと発言を入力しないといけない手間とで、全体の情報量は減る

そしてグルーヴが生まれてるときとはちがって、平坦な話題がつづかない。振り返ってみると盛り上がった手応えに反しておどろくほど内容がない。

しゃべる飲み会よりもより飲み会っぽいといえる。
大北:けっこう時間たつの早くないですか?
與座:はやいです!
石川:早いね
大北:與座さんの記事おもしろかったよーっていうののあとなんも進んでない。なんか内容がない
伊藤:なんせしゃべってないですからね
石川:なんかひとつのトピックで2回以上発言するのが面倒くさいみたいな感じがある。打ち込むのが

・ゲームもできる

飲み会ならゲームをやることもあるだろう。ためしに山手線の駅名を言い合うゲームをやってみたがちゃんと成立した。
伊藤:原宿
藤原:西日暮里
大北:秋葉原
北村:神田
伊藤:あ!
與座:あ!!
伊藤:待った!
大北:だれだ!
伊藤:秋葉原!ダウト!
藤原:秋葉原いいましたよ
大北:えーっ!!
えーっ!などゲームの盛り上がりはよそに全員真顔である
えーっ!などゲームの盛り上がりはよそに全員真顔である

・検索やリンクが便利

会話の中で引用がしやすい。わからない言葉は検索結果が貼られるし、またとんちんかんなリンク先が冗談となる。
山手線ゲームがはじまった直後に貼られたリンク先の画像。ゲームが一気にイージーモードに
山手線ゲームがはじまった直後に貼られたリンク先の画像。ゲームが一気にイージーモードに

・対人関係の楽さ

「声色とか表情とか無理しないでいいので楽でした」(與座)
はじめましてという挨拶はチャットのほうが照れが少なかったです」(伊藤)
細かな感情表現をしなくていいので、対人関係の楽さを感じる。

たとえばゲームの罰として一気をすることになったのだがイヤだイヤだと言い続けてたら逃れられた。

断るときに角が立たない。これはいい。しかしそれにしてもずっと全員真顔である。
大北:かんべんして!
與座:いっき!
石川:一気、一気
大北:後生です!
石川:おいおいおいー
伊藤:ちょっといいとこ見てみたい
北村:コールがそろわない
大北:後生ですけえ!
伊藤:そんな飲みたくないのか
石川:じゃあゆるす?
藤原:じゃあ、ゆるしましょうか
伊藤:恩赦!
北村:続行?
大北:(けっこうちょろいな…)
石川:しょうがないよね。そこまで言うなら
大北:(ばれてないぞ…)
藤原:嫌って言ってるんだから
與座:1回めだし

・空気が悪くなりにくい

各自家ではなく飲み会でチャットをすることのメリットとして、空気が悪くなりにくい点がある。

たとえば怒ったフリをしたときに、顔が見えないと本気かどうかわからないが、その場にニヤついてる人がいるので冗談だとわかる。

話の内容とはべつに表情などから発せられる"空気"を共有できる。
大北:あったまきた!
與座:喧嘩しないで?!
江ノ島:怒った!怖い!!
大北:おれはな! おれはな…!!
伊藤:距離はめっちゃ離れてるのに
藤原:二人挟んで怒ってる
北村:怒るとパタパタ聞こえてきますね
大北:つかれる…
チャットのけんか疲れる…
江ノ島:ふー怖い怖い。
一番右と一番左がケンカをしているが全員ニヤついている…
一番右と一番左がケンカをしているが全員ニヤついている…

・机がせまくなる

飲み会でパソコンを各自1台ずつ置くとかなり机がせまくなる。ふだんは派手にこぼしてほしい日本酒の注ぎもこの日ばかりはスリリングであった
机が狭くてダイナミックなこぼれが売りの日本酒で危険!
机が狭くてダイナミックなこぼれが売りの日本酒で危険!

・デバイスに左右される自分の行動

「充電が切れるかもというときの焦りが尋常じゃない」(與座)
また、タブレットやスマートフォンで参加した者は「話がすぐに流れていってしまう」と言っていた。

発言の量などは性格よりも電池優先である。

「パソコンがスリープすると自分の真顔がうつる」(北村)のでせっせと発言していたという意見もあった。機械に操られているパターンである。
黒い画面に映る自分となにやってるんだろう感
黒い画面に映る自分となにやってるんだろう感

・ログが残る

終わったあとに会話がまるまる残っているのである。翌日に読み返しては笑っていた。飲み会で録音したテープを渡されてもうれしくはないがこれはちょっとしたお土産になる。

お土産になったところで自分たちしかわからないのだが。
会計もすぐ調べられる
会計もすぐ調べられる

これはこれでアリだ

飲み会のおしゃべりという部分をチャットに置き換えることで飲み会とはそもそも何かが見えてきた。

ギャーギャー大声を出して、お互いの感情をさぐり、たまに冷たいビールを流し込んで、疲れたー!となるのである。やはり人間の行動には身体がともなうし、IT技術で失う部分は大きい。

ところがだ。いやー、おしゃべり飲み会はやっぱりすごいね、偉大だね、と素直に終わらせられない。

チャットの飲み会もこれはこれでおもしろいじゃないかという手応えがあるのだ。 全員が同じ話題でたたみかけるように発言する確変(※勝手に使ってる用語ですが)なんて飲み会で毎回あるものじゃない。それがたった一回できっちり現れたのだ。

おもしろの精度は高まるが人間としての大切な部分を失うチャット飲み会であった。
解散後もチャットはつづくのが良い
解散後もチャットはつづくのが良い

お知らせです。明日のアーというユニットで京都大阪にコントをしに行きます。デイリーポータルのライターからは大北、藤原、土屋、スミが参加します。TVブロスのベストステージ2015にも取り上げてもらった旗揚げ公演そのままやります。

明日のアー『ふたりのアー』追加公演
2/13京都(売り切れました) 2/14大阪
ご予約はこちらから
https://coubic.com/asunoah/240250
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
@nifty:デイリーポータル Z:体重を量り続ける飲み会
腰低会(ようていかい)
あらかじめ録音してきたカラオケ大会
楽しい時間はどのくらい速く過ぎるか

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ