ロマンの木曜日 2016年1月28日
 

紛失したiPhoneを走って捕まえるまでの話

なぜか動いてる。
なぜか動いてる。
今回の記事は、東京でなくしたiPhoneの現在地を検索してみたら、なぜか移動していて、それを走って追いかけて捕まえるまでの顛末です。

こんな日記みたいな内容を記事にするのはどうなのかなと思ったのですが、ここ10年でイチバン人の温かみにふれることができたので、ご報告させていただきますね。
小堀友樹 小堀友樹(こぼりともき)
父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。

ことの発端

大阪から東京への出張。仕事が終わり、宿に行こうかなと思って歩いていたら、気づいてしまった。
iPhoneがない。
ポケットやカバンをいくら探ってみても見つからない。
出張中なのに、やってしまった。トボトボと今夜の宿に向かう。
仕方なくネットで対策を調べる。
仕方なくネットで対策を調べる。

救世主あらわる

なんと、現在地が遠隔でわかる、「find iPhone」というアプリが標準で入っているようだ。 持っていたiPadで起動してみる。
なんと、現在地が遠隔でわかる、「find iPhone」というアプリが標準で入っているようだ。 持っていたiPadで起動してみる。
おお、地図上にピンが立った!
おお、地図上にピンが立った!
ここになくしたiPhoneがあるのか!技術スゲー!
……ん……?
アプリは、600m先を示している。
でもそんなところに今日は行ってない。
GPSの誤差だろうか。
もしかして、今もカバンのどっかに入っているのかなと思い探してみるが、やはりない。 もう一度、GPSを起動してみる。
あれ?iPhoneの現在地が移動している。 もう一度GPSを起動する。
iPhoneがホテルにどんどん近づいてきている!怖い。
「私、リカちゃん」のくだりみたいだ。
「私、リカちゃん」のくだりみたいだ。
次は一瞬で、100メートルも移動した。
小さくヒャっと声が出た。怖い。 人間の移動速度ではない。
これは……車?
もしかして、午前中に水道橋あたりでタクシーに乗ったのだが、その車内に置き忘れたのではないか(ちなみに今は新橋にいる)

東京を舞台にした追いかけっこスタート

!
そのタクシーがたまたま、このホテルの近くに来たのではないだろうか。
次第に遠ざかっていくiPhone。動きを観察してみると、このあたりをグルグル回遊していることがわかった。
この動き、やはりタクシーだ!
とはいえ、領収書ももらっていないし、会社名はもちろん、車両の情報として覚えているのは車体が「黒い」ことぐらい。
どうしたものかなぁと悩みながら、ひとまずスマホをロックしてiPhoneを遠隔で鳴らし、落としたiPhoneのディスプレイに、会社のケータイの電話番号と折り返し電話をもらえないかメッセージを表示させる。しばらく待ってみるも、電話はない。
仕方がないので、風呂に入り、メールを打ちつつ、時折iPhoneの動きをチェックする。すると……
せわしなく動きまわっていたiPhoneの動きが止まった。
せわしなく動きまわっていたiPhoneの動きが止まった。
地図をズームしてみると病院で止まっていることが判明。病院にはタクシー乗り場がある。
どうやらiPhoneを乗せたタクシーは病院でお客さんの出待ちをしているようだ。そういえばさっきもこのタクシー、この病院に来ていたぞ。
病院が運転手さんのお気に入り客待ちスポットなのかもしれない。
これはチャンス!
ビジネスホテルから病院までの距離は1kmちょっと。
事態は一刻を争うが、あたりにタクシーはいない。
仕方ない。走って追いかける。

全力ダッシュでiPhoneの確保に向かう

ゼエゼエ息がきれる。
ゼエゼエ息がきれる。
タクシーの現在地をチェックする。
よし、まだ動いていない!
もうちょっとで病院!
あと300メートル!
もう一度、現在地チェック!
……おおおおお……タクシーが動き出した!
取り逃がす。

無情にも爆速で離れていくiPhone

どこまで行くんだ、僕のiPhone。
どこまで行くんだ、僕のiPhone。
荒んでいく気持ち。
何が楽しくて朝5時に起きて仕事行ってヘロヘロになって帰ってきたあとに都内を走り回らねばならぬのか。かいたばかりの汗が冷たい。
ふてくされて飯屋に入る。
!
ハンバーグをほおばり、味噌汁をすすりながら、現在地を検索してみると、再びiPhoneがこちらに向かっているではないか!

追跡、再開

味噌汁とご飯をかっこみ、店を出てタクシーが通るルートに向かう。
しかし、そこは大通り。
大量の黒いタクシーが通りすぎていく。
大量の黒いタクシーが通りすぎていく。
東京、タクシー走りすぎじゃないですか?
今、目的のタクシーが見えているはずなのに!どれだか分からない。
とりあえず目の前にある黒いタクシー数台の会社名と番号を必死にメモする。この中の一台に我のiPhoneがある!
しかし、無情に東京の闇へと消えていく黒いタクシーの群れ。
でも、よく考えたらお客さんを乗せている可能性も高いわけで、いきなり飛び出してってタクシーを止めて、「その車に私のiPhoneがあるんです!」とか言えない。
三億円事件じゃないんだから。
三億円事件じゃないんだから。
風邪ひきそうだし、宿に戻ろうか……と思いながらもう一度調べてみる。
……あれ?
またさっきの病院にiPhoneが戻っている!
やっぱり運転手さんのお気に入りスポットなんだ!
その距離、400m。いける!


 つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ