広告企画♪ 2016年2月8日
 

高知へ行ってトマトばかり食べてきました

トマト。
トマト。
「高知県には美味しいものがたくさんあります!ぜひ食べに来てください!」

高知県庁の人からそんな誘いをいただいた。

知ってます、カツオのたたきとかゆずとかですよね。

どっちも大好きなので慌てて行ってきたんですが、ほとんどトマトだけ食べて帰ってきました。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

派手なメガネでお出迎え

「高知に美味しいものを食べに来ませんか。」

高知県庁の人からそんな誘いをいただいた。

高知には前にも上司の実家に行ったことがあるのだけれど、その時は1日だけの滞在だったのでほとんど何も食べられなかったのだ。ただ、ごちそうしてもらったカツオのたたきは、今でも疲れた時に夢に見るほど美味かった。

あんなのがまた食べられるのだろうか。しかも今回は高知県庁直々である、もしかしたらさらにうまいものが食べられるのかもしれない。

それならば、と、お腹をすかせて高知龍馬空港までやってきたのだ。そうしたら、である。
目立つ人いるよね。
目立つ人いるよね。
まさか、と思った。そしてこういう時のまさかはたいていあたる。

「安藤さん!」

ほら。近づいてくる、ほら。

「県庁の澤村です。ようこそ高知へ!」

そうか、これまで僕と丁寧なメールのやり取りをしていた県庁の人はこの人だったのか。次からは時候の挨拶を省略しよう。

「ではさっそく行きましょう!!」

メガネを渡され、車に乗り込んだ。
アメリカなのかな、高知は。
アメリカなのかな、高知は。
澤村さんはこう見えて本物の高知県庁の職員である。この派手なメガネは高知県で「スター」として活動している人がつけることのできる特別なものなのだとか。確かに高知家のHPを見たらいろいろな人が付けていた。

澤村「でもこのメガネ、ちょっと派手で目立ちますよね。」

今回は美味しいものを食べさせてもらえるのだ。派手なメガネくらい、広い心(と空いたおなか)で受け入れたい。

カツオではなくまずはトマトから

まず僕たちが訪れたのは夜須町にあるヤ・シィパーク。道の駅も併設された施設である。
さすが高知、真冬なのに南国みたいな写真が撮れました。
さすが高知、真冬なのに南国みたいな写真が撮れました。
道の駅には地元の特産品とか美味しいものが集まっているのだろう、知ってる。お腹すかせて来て正解である。

さてどれから食べましょう、最初からカツオいっちゃいます?
「ほら、これですこれ、トマト!」(すでにメガネを指し棒にしている)
「ほら、これですこれ、トマト!」(すでにメガネを指し棒にしている)
ヤ・シィパークは道の駅なのだけれど、観光客だけでなく近所の人もふらりと買い物に訪れるのだとか。たしかに採れたての野菜がたくさん売られていてどれも美味しそうである。

「いま、高知といえばトマトなんです。トマトと言ってもフルーツトマト、今回はぜひこのフルーツトマトを食べてもらいたくて。」

と澤村さん。

そうですかトマトですか。嫌いじゃないけど、カツオじゃないんですね。
見ただけで新鮮とわかるトマト。
見ただけで新鮮とわかるトマト。
というわけで高知に着いて最初に食べたもの、それはトマトでした。
……。
……。
澤村「高知県はフルーツトマト発祥の地で、いまこの糖度の高いトマトの生産に力を入れているんです。しかも一年中食べられるんですよ。」

澤村さんの言うようにこのトマト、普段食べ慣れているトマトに比べてエグみがなくて甘い。フルーツと呼ばれるだけあって果物みたいだ。
たしかに美味しいですね、このトマト。甘くて。
たしかに美味しいですね、このトマト。甘くて。
ピントを前後にずらしたりしてみたのはカツオが食いたい僕のささやかな抵抗である。
ピントを前後にずらしたりしてみたのはカツオが食いたかった僕のささやかな抵抗である。
澤村さんいわく、高知県のフルーツトマトはこれからの時期が特に美味しいらしいのだ。いま僕らが飲んでいるトマトジュースにも、フルーツトマトがまるごと6つ以上入っているらしい。たしかに美味しいし、なんというか体が喜んでいる気がする。

でもね澤村さん、ぜひなんというかもっとこう、胃袋的なところも喜びたがっているんですよね。

たとえば、ほら
カツオでしょうよ、高知なんだから。
カツオとかさ。
冒頭にも書いたが、前に高知に来た時にはものすごくうまいカツオのたたきを食べたのだ。僕はいまでもあれを超える食べ物を食べたことがない。

しかし澤村さんにもまだ会ったばかりである。こんなに一生懸命にフルーツトマトを勧めてくれているのに、いいからカツオ食わせろとは言い難い。

僕らの旅はまだ始まったばかりである。焦らず高知のうまいものを食い尽くそうではないか。
ヤ・シィパークで見つけた美味しいトマトの見分け方を載せておきます。
ヤ・シィパークで見つけた美味しいトマトの見分け方を載せておきます。
「では次行きましょうか」(澤村さんはいつの間にかみかんを買っていた)。
「では次行きましょうか」(澤村さんはいつの間にかみかんを買っていた)。


見せてくれ、高知の実力(カツオ)を。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ